BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ハンブルク・バレエ「オルフェウス」リハーサル映像/ロイヤル「くるみ割り人形」のカレンダー/ポアントの製作過程 | トップページ | 12/3 マリインスキー・バレエ「眠れる森の美女」ヴィシニョーワ&コルプ 短評 »

2009/12/04

シュツットガルト・バレエ マクミラン・プロ またまたキャスト変更/「オネーギン」出演情報

ほとんど個人的な備忘録となってきたキャスティング情報ですが、昨日消えていたシュツットガルト・バレエのマクミラン・プロのキャストがアップされて、大幅な変更となっています。マライン・ラドメーカーが降板して、代わりに「大地の歌」の死と「レクイエム」の男性主役がエヴァン・マッキーになりました。
http://www.staatstheater.stuttgart.de/ballett/spielplan/

マラインのオフィシャルサイトからも、マクミラン・プロの出演情報が消えています。12月1日には「大地の歌」の死を踊ったようですが、12月8日にイタリアでアリシア・アマトリアンとガラに出演するので、5,6日の出演は難しかったようですね


12月5日(土)19:00~、12月6日(日)19:00~(同一キャスト)

KENNETH MACMILLAN: LIEDER VON LEBEN UND TOD
Das Lied von der Erde「大地の歌」

Gesangs-Solisten:
Gea-Hwa Yang, Ki-Chun Park

Der Ewige Evan McKie

1. Satz
Alexander Jones
David Moore, Laurent Guilbaud, Dimitri Magitov, Brent Parolin, Attila Bako

2. Satz
Myriam Simon, Laura O Malley, Miriam Kacerova, Rachele Buriassi
Dimitri Magitov, David Moore, Brent Parolin, Laurent Guilbaud

3. Satz
Laura O Malley
Angelina Zuccarini, Elizabeth Wisenberg, Maria Alati, Francesca Berruto
Daniel Camargo, Demis Volpi, Özkan Ayik, Ludovico Pace

4. Satz
Miriam Kacerova, Damiano Pettenella
Rachele Buriassi, Alessandra Tognoloni, Angelina Zuccarini, Elizabeth Wisenberg, Maria Alati, Francesca Berruto
Matthew Crockard-Villa, Attila Bako, Daniel Camargo, Demis Volpi, Özkan Ayik, Ludovico Pace

5. Satz
Evan McKie
Alexander Jones, Damiano Pettenella, Laurent Guilbaud

6. Satz
Evan McKie
Myriam Simon, Alexander Jones
und Ensemble


Requiem「レクイエム」

Gesangs-Solisten:
Catriona Smith, Adam Kim

1. Satz Elizabeth Mason und Ensemble
2. Satz Elizabeth Mason, Evan McKie und Ensemble
3. Satz Elizabeth Mason, Jiří Jelinek
4. Satz Elizabeth Mason
5. Satz Alicia Amatriain und Ensemble
6. Satz Alexander Zaitsev, Jiří Jelinek, Roland Havlica, Laurent Guilbaud und Ensemble


まだオフィシャルには出ていませんが、エヴァン・マッキーの「オネーギン」タイトルロールのデビューは、12月25日のクリスマスとなる予定だそうです。この日のソワレ公演はチケットがソールドアウトになっています。クリスマスまでは流石にシュツットガルトには行けませんわ。

なお、12月21日は以前お知らせしたとおり、イリ・イェリネクのシュツットガルト最後のパフォーマンスとなります。

12/5追記:「オネーギン」は、18日と21日のキャストが出ました。

12/18 Onegin

Onegin Jason Reilly
Lenski Alexander Zaitsev
Tatjana Alicia Amatriain
Olga Elizabeth Mason
Fürst Gremin Roland Havlica

12/21 Onegin

Onegin Jiří Jelinek
Lenski Friedemann Vogel
Tatjana Sue Jin Kang
Olga Elizabeth Mason
Fürst Gremin Douglas Lee

もう一つついでに。Financial Timesに、シュツットガルト・バレエのマクミラン・プロの初日レビューが載っています。英語の記事は珍しいのでご紹介。(Financial Timesは後で記事が読めなくなる可能性が大ですが)
http://www.ft.com/cms/s/2/612efb54-dea2-11de-adff-00144feab49a.html

« ハンブルク・バレエ「オルフェウス」リハーサル映像/ロイヤル「くるみ割り人形」のカレンダー/ポアントの製作過程 | トップページ | 12/3 マリインスキー・バレエ「眠れる森の美女」ヴィシニョーワ&コルプ 短評 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

イリのシュツットガルト最後の「オネーギン」が今のカンパニー最強キャストで上演されるようでハッピィhappy01shineです。
王様フリーデマンのレンスキーも有り難い(笑)ですが、何と言ってもグレミンのダグラス・リーです。今は振付家としての活躍の方が目立ってますが、今のプリンシパルの中では、誰よりも先に大抜擢で「椿姫」のアルマンを踊り、オネーギン」では、オネーギン・レンスキー、そしてグレミンの三つともがレパートリー、美形・高身長の男の子が多いシュツットガルトの中にあって1番!と言っていいほどのグレイトルッキング~ダンサーです。来日公演は怪我が重なり二度叶わず本当に残念だったのですが。。。
彼のグレミンはいいですよ~麗しくて。イリと仲がいいと聞いていたので、もしかしたら・・・?!と期待していたのですが、もしか?!が叶い嬉しいです。これぞホントの特別出演です。

 素晴らしいショーを期待してます。

ゆいーちかさん、こんばんは。

イルジさんのシュツットガルトさよなら公演、キャストが豪華ですよね~!もちろんタチヤーナはスージンだと思っていましたが。ダグラス・リー、私も残念ながらダンサーとしての彼を見たことがなく、振付家としてカーテンコールに立っているお姿しか見たことがないのです。たまたま昨日、ディーター・ブラム氏の例の写真集を見ていたら、ダグラスはその中でもひときわ美しさで目立っていたような。彼のグレーミンなんて想像しただけで鼻血です・・・。。
ゆいーちかさんはご覧になれるのかしら?

naomiさん、こんばんは。

ええ、もちろん見ますsign03
1年前からこの日を覚悟?!してましたから。。。彼がシュツットガルトを去るのは本当にさみしいけど、自分の未来をすごく前向きに考えての移籍なのでその新しい船出を劇場で祝福したいと思っています。

ゆいーちかさん、こんばんは。

ゆいーちかさんがイルジのシュツットガルトでのラスト・オネーギンを観ないはずはない、と思っていましたよ。ぜひとも、ご覧になった感想を聞かせてくださいね。超豪華キャストですし!カナダという新天地で、さらに羽ばたいて欲しいですよね。とてもよいカンパニーのようだし。新しい門出を祝ってあげてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンブルク・バレエ「オルフェウス」リハーサル映像/ロイヤル「くるみ割り人形」のカレンダー/ポアントの製作過程 | トップページ | 12/3 マリインスキー・バレエ「眠れる森の美女」ヴィシニョーワ&コルプ 短評 »