BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« レディーガガとボリショイ・バレエの共演 Lady Gaga Meets the Bolshoi Ballet | トップページ | チューリッヒ・バレエ「Peer Gynt」DVD ハインツ・シュペルリ振付 »

2009/11/01

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 Michael Jackson THIS IS IT

監督:ケニー・オルテガ 
振付:マイケル・ジャクソン、トラヴィス・ペイン
音楽監督:マイケル・ビアーデン/

公式サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。その死の直前まで行われていた、幻のツアーリハーサルをドキュメンタリー映画化。100時間にも及ぶリハーサルを編集して作り上げたという。彼の死についてはまったく扱われていなくて、ほとんどがリハーサルシーンで、時々ダンサーやバックシンガー、ミュージシャン、そしてスタッフたちのコメントが入るという形式。

50歳になっていたマイケルの10年ぶりのコンサートツアー。その年齢と、この映像収録後に亡くなってしまったという事実が信じられないほど、マイケルの動きは人間離れしていて見事だ。カメラはマイケルの顔のクローズアップを避けて、踊る彼の全身を捉えてくれていることが多く、いかに彼が傑出したダンサーであったかということを再発見できる。と同時に、一つのステージが多くの人々の手を経て創り上げられていくプロセスを見ることができて、すごく面白い。

ダンサー、マイケルの凄さについては、作品冒頭の若いダンサーたちの熱いコメントが図らずも物語っている。彼のツアーで踊るダンサーのオーディションがあると聞いて、翌日には飛行機に飛び乗ったというオーストラリアのダンサー。世界中から、マイケルにあこがれ続けていた才能が集結した。オーディションのシーンも圧巻で、若く美しく才能溢れた大勢のダンサーたちがマイケルの前で踊る。踊りが上手くて、グラマラスな容姿を持っているだけではダメ、人の目を惹きつける華がないと、とオーディションの担当者は語る。そして選び抜かれた若いダンサーたちと踊っても、マイケルの踊りは傑出しているのだ。映画の終盤、「ビリー・ジーン」のリハーサルで何者かに取り付かれたように、神のように踊るマイケルを見て、出番を待つダンサーたちやスタッフたちが熱狂的な喝采を送る様子も印象的だった。

マイケル・ジャクソンが歌手、そしてダンサーとしてとてつもない才能の持ち主だったということだけでなく、プロデューサーとしても一流だったということがよくわかる。バックダンサーたちの振り付け、舞台演出、音の出し方まで細心の注意を払い、一つ一つ細かく、的確に指示している。舞台の演出はマジカルなイマジネーションで溢れている。「ビリー・ジーン」で、ダンサーが脱いだジャケットが燃えるなんて演出、見てみたかった。バックに使われる映像にしても、ブルーバックを使って大胆な演出を行っている。「ギルダ」のリタ・ヘイワースが投げた手袋を受け止めたり、「三つ数えろ」のハンフリー・ボガートに追われたり。圧巻だったのが「スリラー」で、3D映像であのPVを再現しているだけでなく、映像に続けて舞台の上にも墓場が出演してゾンビたちが踊るのだから!このコンサートツアーが実現していたら、どんなにとてつもない伝説的なステージになったことだろうか。

また、アマゾンの自然を中心に地球の環境を守らなくてはならないというマイケルの真摯なメッセージが伝わってくる「Earth Song」の映像にも、心を鷲づかみにするようなパワーがあった。

そんな「神」のようなマイケルだけど、謎とスキャンダルに包まれていた彼が、実際にはスタッフに細やかな気配りを忘れない、腰が低くて心優しい人柄であったという人間らしい素顔も見えてくる。細部にまでこだわるところには、彼の神経質なところも伺える。けれども、全身全霊をこのコンサートツアーに注ぎ込みつつも、大きな愛でスタッフを包み込み、彼らを家族同然に思っているのが伝わってくる。(「スリラー」の映像撮影を、チュパチャップスを舐めながら見ているマイケル、可愛い)だから、スタッフたちも、彼にアーティストとしての尊敬を隠さず、彼と仕事ができることを幸せに思っていると目を輝かせながらコメントしており、その中には嘘や偽りの一片もない。これらのコメントは、リハーサルの最中に取られたものなので、その時点では、彼らもマイケルがこんな形で急にこの世を去ってしまうということは夢にも思わなかっただろう。希望と喜びに満ちていた彼らが、突然の訃報にどれほど打ちひしがれていただろうかと思うと胸が痛む。スタッフ一人一人に焦点を当てている様子からも、彼がスタッフを大切にしていたのが伝わってきた。

リハーサルだけで、これほどまでに凄いインパクトがあって圧倒的なステージ、それが幻となってしまったこと、そしてマイケルがこの世にいないということが、この世界にとってとてつもなく大きな損失だったということを改めて実感させられた。リハーサルの映像だから、パフォーマンスには観客がいない。どんなにか、彼は観客の前で歌い踊りたかったことだろう。衣装デザイナーが衣装について語り製作に当たるシーンでは、きらびやかな石を縫い付けるためにサングラスが必要なほどと言っていたが、どんな衣装を着たのだろうかということも知りたかった。そして自分の声をセーブするために、マイケルが目いっぱいの力では歌わなかったところもある。相変わらず美しい声であるものの、少し声に衰えが見られるところもあったし。

この世を去ってしまった人を、現世によみがえらせることは無理ではあるけど、それが一晩だけでもできたらどんなにいいだろうか、と思ってしまった。

こんなにも多くの人々の心に響き、もの凄い才能を持った心優しきマイケルが生きていけないこの世の中って何だろう。でも、最後にこのような素晴らしい贈り物をファンに、周りの人々に残してくれて、そしてさまざまな愛に溢れたメッセージで世界を満たしてくれた彼に感謝。

« レディーガガとボリショイ・バレエの共演 Lady Gaga Meets the Bolshoi Ballet | トップページ | チューリッヒ・バレエ「Peer Gynt」DVD ハインツ・シュペルリ振付 »

映画」カテゴリの記事

コメント

私もみました!!実はもう2回。

本当に良い映画でしたよね。マイケルがあれほどに力量をキープしていることに尊敬の念を抱いたし、とにかくカッコイイ。生の歌も
映画館の環境で楽しむことができて興奮ものでした。naomiさんがほとんど書いていらっしゃるので、もう言うことはないです(*^-^)

ショコラさん、こんばんは。

もう2回ご覧になったのですね!この映画、リピーターが続出しているようで、それもすごくよくわかります。というか私も時間があればリピートしたいですもの。今度は3D上映で見たいな、なんてね。上映期間も4週間に延びたそうですし。それにしても、改めてマイケルってとんでもなく凄い人だったんだなって思いました!

本当、まだまだマイケルいけるじゃん!!って、この映画見て思わせてくれました。本当、マイケルか居なくなって残念でならない。。。コンサートを作り上げていく過程も凄く真剣で、細かいところまで気を使って、改善しててスゲーの一言だったです。
このコンサートが実現していたら、どうなってたんだろう??って想像が付かないですよね。

映画館には、マイケルのような衣装を着え見に来てた人たちもいました。また途中途中で拍手が起きてた。。。。。分かる・分かるとうなづきながらThis is itを見てました。

これDVDになったらめっちゃ売れそうですね

takakoさん、こんばんは。

本当にマイケルがこの世からいなくなって残念ですよね。10年ぶりの復活公演を本人も誰よりも楽しみにしていたというのに。そう、仰るとおり、真摯で気がよくついて、スターなのに気配りが凄くて、本当に素晴らしい人柄だったのですね。コンサート、見たかったです!(昔来日公演を誘われたのに、別れようと思っていた彼からの誘いだったので断ってしまったのが悔やまれますわ)
うん、マイケルのコスプレ、いたでしょうね~。ちょうどハロウィンの日に観に行ったので、映画館を出たら、「スリラー」に出てきたようなゾンビコスプレの人がいっぱいいましたよ!

DVD,欲しいです!その前にまた劇場に行きたい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レディーガガとボリショイ・バレエの共演 Lady Gaga Meets the Bolshoi Ballet | トップページ | チューリッヒ・バレエ「Peer Gynt」DVD ハインツ・シュペルリ振付 »