BlogPeople


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ハンブルク・バレエのYouTubeチャンネル/「欲望という名の電車」リバイバル/追記カーステン・ユング | トップページ | パリ・オペラ座昇進コンクール女子の結果 »

2009/11/18

サンフランシスコ・バレエのインタラクティブ・サイトとノイマイヤー「人魚姫」

昨日のエントリでも、さまざまなバレエ団がどんどんソーシャルウェブ化を進めているという話題でしたが、今度はサンフランシスコ・バレエの話です。

サンフランシスコ・バレエが新しいインタラクティブ・サイトをオープンしました。
http://www.sfballet.org/interact/index.asp

プリンシパル・ダンサーに関しては一人一人のハイライト動画を観ることができるようになっています。バランシン作品まであってすごいです。

「Watch」では、来シーズンのハイライトと、Behind the Scenesということで、ジョン・ノイマイヤー振付の「人魚姫」のリハーサル動画を観ることができます。ノイマイヤーが振付指導する様子や、人魚姫役のヤンヤン・タンのリハーサルなど。人魚姫の東洋的メイクは彼女にはよく似合いますね。

http://www.sfballet.org/interact/watch/index.asp?bclid=49924290001&bctid=50922913001

「人魚姫」は2010年3月20日がサンフランシスコ・バレエでの初日です。ヤンヤン・タン以外のキャストはまだ未定のようですね。
http://www.sfballet.org/performancestickets/2010season/program5.asp

2010年シーズンを見ればわかるように、サンフランシスコ・バレエは基本的にはコンテンポラリーのミックスプロが中心で、来シーズンの全幕は「白鳥の湖」、「人魚姫」、「ロミオとジュリエット」(ヘルジ・トマソン振付)だけです。プログラム4では、フォーキンの「ペトルーシュカ」をカンパニー初演するようです。

サンフランシスコ・バレエも、YouTubeチャンネル、Facebook、Twitter、ポッドキャスト、ブログと積極的にソーシャルメディアに取り組んでいるカンパニーです。これからは、どこのバレエ団もこういうことに取り組んでいくべきでしょうね。

« ハンブルク・バレエのYouTubeチャンネル/「欲望という名の電車」リバイバル/追記カーステン・ユング | トップページ | パリ・オペラ座昇進コンクール女子の結果 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンブルク・バレエのYouTubeチャンネル/「欲望という名の電車」リバイバル/追記カーステン・ユング | トップページ | パリ・オペラ座昇進コンクール女子の結果 »