BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤル・バレエの来日公演日決定(2010年6月) Royal Ballet Japan Tour 2010/6 | トップページ | シュツットガルト・バレエ「じゃじゃ馬ならし」動画とバランキエヴィッチのインタビュー »

2009/11/17

マリインスキー・バレエ オールスターガラのキャスト変更とバイムラードフさん紹介

ジャパン・アーツの「バレエ・舞踊ブログ」で2つのマリインスキー・バレエ関係の情報更新がありました。


一つは「キャスト変更のお知らせ」という非常に心臓に悪いエントリで、最悪の事態ではなかったのですが、やっぱりちょっと残念なお知らせでした。

http://www.japanarts.co.jp/html/2009/ballet/mariinsky/abstracts.htm

12月11日(金)オールスター・ガラ
【ロミオとジュリエット】 
アリーナ・ソーモワ&エフゲニー・イワンチェンコ
⇒ヴィクトリア・テリョーシキナ&エフゲニー・イワンチェンコ

【別れ】
エヴゲーニャ・オブラスツォーワ&ウラジーミル・シクリャローフ
⇒「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」アリーナ・ソーモワ&レオニード・サラファーノフ

【海賊】アリ
レオニード・サラファーノフ ⇒ ウラジーミル・シクリャローフ

11日オールスター・ガラにはエフゲーニャ・オブラスツォーワが出なくなってしまうのですね。しかも「別れ」という観たことがないだけに楽しみだった作品から、ソーモワの「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」になってしまうとは。以前「ゴールデン・バレエ・コースター」でソーモワとサラファーノフが踊った「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」は、今まで観た同作品の中で史上最悪のもので(もちろん、サラファーノフが悪いわけではなく、あまりにも音楽性のないソーモワに唖然としたものでした)、これをまた見せられるかと思うと眩暈がしてしまいます。

オブラスツォーワは「白鳥の湖」のパ・ド・トロワにも出なくなってしまうし、出番がずいぶん減ってしまいましたね。ロイヤル・バレエでの「眠れる森の美女」にゲスト出演する関係もあると思うのですが。それにしても、なんでジェーニャちゃんの「眠り」はびわ湖だけなんでしょうね。東京のソーモワの「眠り」はチケットが売れていなくて夢倶楽部会員のプレゼント対象演目になってしまっていましたが、ジェーニャだったらそんなことにはならなかったと思います。


一方、嬉しい方のお知らせは、ダンサー紹介にイスロム・バイムラードフさんが登場していること。
http://ja-ballet.seesaa.net/article/133088794.html
彼はマリインスキーの至宝ともいうべき、素晴らしいキャラクターダンサーなのですよね。キャラクターといっても、エスパーダなども踊っていますし、なんといっても、(この紹介文の中にもありますが)去年のマリインスキー・オペラ来日公演での「ダッタン人の踊り」の鮮やかで勇壮な踊りにはしびれました。長身で大人の男の人のカッコよさがあるんですよね。そして、エカテリーナ・コンダウーロワの夫君でもあります。長身美男美女のご夫婦なんですね。今回は「眠り」のカラボスと「イワンと仔馬」の"ずる賢い執事"役(この役名が素敵!)で出演するとのことで楽しみです。

今回、プログラムには来日ダンサー全員の写真とプロフィールを掲載するということで、ジャパンアーツさま、グッドジョブです。

******

今日、キエフ・バレエの感想を書く予定だったのですが、今仕事で相当はまっていて連日遅くまで残業している上、風邪から来る腹痛もあって、書けなくてごめんなさい。今しばらくお待ちください。

« ロイヤル・バレエの来日公演日決定(2010年6月) Royal Ballet Japan Tour 2010/6 | トップページ | シュツットガルト・バレエ「じゃじゃ馬ならし」動画とバランキエヴィッチのインタビュー »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤル・バレエの来日公演日決定(2010年6月) Royal Ballet Japan Tour 2010/6 | トップページ | シュツットガルト・バレエ「じゃじゃ馬ならし」動画とバランキエヴィッチのインタビュー »