2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« サンフランシスコ・バレエのインタラクティブ・サイトとノイマイヤー「人魚姫」 | トップページ | これからシュツットガルト・バレエで「オネーギン」観ます »

2009/11/19

パリ・オペラ座昇進コンクール女子の結果

ダンソマニさんからの速報です。

Résultats - Concours Dames

Sont promues:

Première danseuse: プルミエール・ダンス-ズ
Ludmila Pagliero

Sujets: スジェ
Amandine Albisson
Héloïse Bourdon
Séverine Westermann

Coryphées: コリフェ
Laure-Adélaïde Boucaud
Aubane Philbert
Valentine Colasante

以上が昇進です。

リュドミラ・パリエロはアルゼンチン出身でチリのサンチアゴ・バレエからオペラ座に移籍した異色のダンサーで、日本ではなじみが薄いですが、去年の「天井桟敷の人々」でギャランス、「これが死か」で死、そして「ジゼル」のドゥ・ウィリなど、最近抜擢が続いているのですよね。
多分大方は、アリス・ルナヴァンを予想していたのではないかと思いますが・・。

コリフェに、「スーパーバレエレッスン」のオーバーヌ・フィルベールが昇進しました。

順位です。

Quadrilles

1. Boucaud, Laure-Adélaïde : promue
2. Philbert, Aubane : promue
3. Colasante, Valentine : promue

4. Baulac, Léonore
5. Dilhac, Leila
6. Gandolfi, Claire


Coryphées

1. Albisson, Amandine : promue
2. Bourdon, Héloïse : promue
3. Westermann, Séverine : promue

4. Lévy, Laurène
5. Guérineau, Eléonore
6. Clément, Lucie


Sujets

1. Pagliero, Ludmila : promue

2. Renavand, Alice
3. Froustey, Mathilde
4. Dayanova, Sarah Kora
5. Granier, Christelle
6. Giezendanner, Charline

有力候補のローラ・エケが直前に怪我をして不参加。アリス・ルナヴァン、マチルド・フルステ、サラ・コラ・ダヤノヴァを押しのけてパリエロが昇進なのは、ルフェーブルのお気に入りだからなのかしら?

« サンフランシスコ・バレエのインタラクティブ・サイトとノイマイヤー「人魚姫」 | トップページ | これからシュツットガルト・バレエで「オネーギン」観ます »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。アリス・ルナヴァンを応援していたけれど結果はリュドミラ・パリエロでした・・。
昨年、義姉がベジャール・プロを観に行った際、会場でお会いしたイレールから「これが死か」に出ていたパリエロの話を結構聞いたそうなのでルフェーブル以下首脳陣で注目株の一人だったのかもしれません~。未見ダンサーなのでどんな雰囲気のダンサーなのか興味があります。

20日のプルミエ・ダンスール2名も誰が上がるのかとっても気になります。
ところで、エレオノーラ・アバニャートは今シーズン、パリで踊っていませんがどーしたのでしょう。

ますみさん、こんにちは。

アリスは今回の出場者でも最有力候補だったし、実際目を引き付ける魅力の持ち主ですよね。プロポーションもきれいだし、カリスマ性すら感じさせて美しいと思います。

私は去年「これが死か」でパリエロを見ているんです。やはりバランスの取れたプロポーションできれいだと思ったし、健闘していたと思うけど私の好みとはちょっとズレる感じでした。ミルタも踊っているんですよね。
たしか、ジョゼ・マルティネスも彼女が気に入って「天井桟敷」に抜擢したはずなので、才能はあるんでしょうね。一演目見ただけではわからないし。

エレオノーラは今はオペラ座をお休み中みたいですね。この間久しぶりに「イワン雷帝」のDVDを見て、エレオノーラがよかったので戻って来てほしいのですが。

今日はキエフ・バレエの「くるみ割り人形」がS席が半額になるということで大宮まで見に行ってきました。フィリピエワとシドルスキーのお二人は良かったのですが、第二幕の人形達の踊りがカップルだけで続くと辛い感じが。ソリストクラスの層が薄めなんでしょうか。

来月のパリ・オペラ座の「バレエ・リュス」はダンソマニさんに全日程のキャストが発表されましたね。オペラ座の方でも時々チケットの戻りがあるようですが、今回チケットを押さえたのは次のサイトです。予約を入れてから確定するまで一週間とのことでしたが、返事がくるまでにもう少し日数がかかりました。
http://www.mosaicodiffusion.com/
「くるみ割り人形」の方はたまたまオペラ座で直接取った日がドロテ・ジルベールとマチュー・ガニオ組らしいので、あと2回、追加してしまいました。こちらも気がついたら、ほぼ売り切れ状態に近くなっていたので、次のサイトで取ってみました。ここはチケットがあればそのまま押さえられる仕組みで、当日の公演前に窓口引き取りです。キャバレーや芝居のチケットも扱っていて、ものによっては割引も出ています。
http://www.ticketac.com/
スカラ座の方は友人から「カルメン」に誘われていたのですが、翌日にバレエ公演があるみたい。何でもいいから見たい。ベジャールの作品集らしい。ロベルト・ボッレの名前が!でも売り切れみたい。あっ!1枚ある!ということで押さえました。そんなわけで、実は二つ目の演目が何かわかっていなかったのですが、「さすらう若者の歌」だったんですね。おかげさまで今回もまた詩を読み直して予習してから見に行けます。

204601さん、こんにちは。

本当に貴重な席をよく押さえられましたね。情報ありがとうございます。今回は私はオペラ座には行かないので、感想など聞かせていただければ幸いです。
スカラ座の「さすらう若者の歌」はロベルトとマッシモ・ムッルの競演なので、これを見逃すともう二度とないんじゃないかと思いますよ。いいですね~。スカラ座は劇場も本当に素敵なので堪能してくださいね。
私は今シュツットガルトにいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンフランシスコ・バレエのインタラクティブ・サイトとノイマイヤー「人魚姫」 | トップページ | これからシュツットガルト・バレエで「オネーギン」観ます »