BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ・オペラ座2012年に米国ツアー予定/ルフェーブルのインタビュー | トップページ | 新国立劇場バレエ「カルミナ・ブラーナ」ゲストダンサー決定 »

2009/11/04

ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち

イリ・ブベニチェク出演の公演「ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち」についてお知らせいただきました。

2010 1/23(土) 24(日) 各日15:00開演 全2回公演
彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
一般料金 S席 8,000円、 A席 6,000円、 学生A席 3,500円

Dresden SemperOper ballett
Ballettdirektor Aaron S. Watkin

ドレスデン国立歌劇場バレエ団
[プリンシパル]イリ・ブベニチェク、ギィ・アルブイ
[ファースト・ソリスト]エレナ・ヴォストロティナ、カテリーナ・マルコフスカヤ
[セカンド・ソリスト]スヴェトラーナ・ギレヴァ、オレグ・クリィミュク、ヨン・ヴァイェホ
[コリフェ]浅見紘子、ドゥオシー・ジュウ、イシュトヴァン・シモン、クラウディオ・カンジアロッシ
[コール・ド・バレエ]ラケル・マルティネス

ハンブルク・バレエ団
[プリンシパル]オットー・ブベニチェク ほか

ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち

ブベニチェク兄弟とドレスデン国立歌劇場バレエ団ダンサーらが贈る ヨーロッパ現代バレエの新しい息吹。
ノイマイヤー、キリアン、フォーサイスに続く次代の振付家イリ・ブベニチェクと 注目の新生ドレスデン国立歌劇場バレエ団選抜ダンサーが集結。2010年新春、来日公演決定!

彩の国バレエ・ガラ
Jiri + Otto Bubencek & Selected Dancers of Dresden Semperoper Ballet

ル・スフル・ドゥ・レスプリ─魂のため息─ (日本初演)
Le Souffle de l`Esprit(2007年) ※最後のパートは、『カノン』として「エトワール・ガラ2008」にて上演
振付:イリ・ブベニチェク

ステップテクスト ドレスデン国立歌劇場バレエ団 "特別ヴァージョン"
Steptext special version for Dresden Semperoper Ballet (2004年)
振付:ウィリアム・フォーサイス

辿り着かない場所(日本初演)
Unerreichbare Orte (2005年)
振付:イリ・ブベニチェク

フィナーレ(出演ダンサー全員による)
Finale

チケット発売:メンバーズ200911/22(日)/一般11/27(金)

チケット取扱:
彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(10:00〜19:00) http://www.saf.or.jp/(インターネット予約)
電子チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:400-040】 http://pia.jp/t/
イープラス http://eplus.jp/(PC&携帯)
お問い合わせ: 彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(10:00〜19:00)

主催:財団法人埼玉県芸術文化振興財団 文化庁
企画・制作:財団法人埼玉県芸術文化振興財団
協力:ベルチェアソシエイツ 

イープラスのサイトに載っていました。
http://eplus.jp/sys/T1U90P006001P0050001P002034957P0030001P0007P0010137P0491

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール (埼玉県)
10/1/23(土)〜10/1/24(日)15:00開演
■ 09/11/23(月)10:00〜09/11/25(水)18:00 座席選択先行
■ 09/11/27(金)10:00〜10/1/20(水)18:00 一般発売

イリ&オットーのブベニチェク・ツインズとドレスデン・バレエが来てくれるんですね!嬉しいです。しかも、あの素晴らしい作品「カノン」を踊ってくれるのが、またとても嬉しいことです。

« パリ・オペラ座2012年に米国ツアー予定/ルフェーブルのインタビュー | トップページ | 新国立劇場バレエ「カルミナ・ブラーナ」ゲストダンサー決定 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんばんは。いつも情報ありがとうございます。
これはなかなか面白そうな公演ですね。土日の埼京線は本数が減って、遠路はるばる来ていただく皆様には申し訳ありませんが。

shushuさん、こんばんは。

私は東京でも南の方の住民なので、彩の国さいたま芸術劇場はかなり遠いのですが、でも遠くても足を運ぶ価値のある公演も多いんですよね。これもその一つですよね!ブベニチェク兄弟による「カノン」はぜひ観たかったし、ドレスデン・バレエのダンサーもたくさん観られるということで嬉しい限りです。お値段も比較的手ごろな方だし、絶対に観に行くと思います。

naomiさん
いつも最新情報有難うございます。来年も新年早々大忙しですね。でもイリの舞台が久々に見れて嬉しいです。さいたま芸術劇場はバレエ・リュス展で初めて行きました。遠いですが頑張って通いたいと思います。

隣のハミーさん、こんにちは。

本当に来年も大忙しです・・・不景気でボーナスが大幅減なのも確実なので、もう少し財政も引き締めなくてはと思うのですが、この公演はややお値段が良心的だし、イリ&オットーが見られるので頑張って与野本町まで行って来ます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座2012年に米国ツアー予定/ルフェーブルのインタビュー | トップページ | 新国立劇場バレエ「カルミナ・ブラーナ」ゲストダンサー決定 »