BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ハンブルク歌劇場のジャーナル表紙にロベルト・ボッレ | トップページ | ラトマンスキーがABTのために新作「くるみ割り人形」を振り付け »

2009/11/30

映画館でバレエを楽しむLivespire

今日はマリインスキーの「白鳥の湖」テリョーシキナ&サラファーノフを見てきました。金曜日のロパートキナとはまったく違っていましたが、素晴らしいパフォーマンスで、特に前回の来日公演のときから進化していたテリョーシキナの美しく伸びやかなライン、ゆるぎないテクニックと表現力、華やかさ、女らしさに磨きがかかった様子に魅せられました。こんなに素晴らしい公演なのに、日曜日のマチネで空席がこんなにあるとはもったいなかったです。S席は完売のようでしたが、私のいた3階サイドなどガラガラで・・。

そして、ついつい、火曜日のロパートキナ&イワンチェンコの白鳥を会場で買ってしまいました。元々は、ゲルギエフのショスタコーヴィチプロのチケットを持っていたのですが、ショスタコーヴィチマニアの家人にチケットを奪い取られてしまって。安くてよい席も残っていました。

バレエ公演の感想で書きかけのものがいっぱいたまってしまっており、しかも今日は帰宅してから家人とテレビで内藤vs亀田戦のボクシング観戦などしてしまったもので、全然進んでいなくて申し訳ありません!


その会場においてあったチラシの中に、「映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行」と題して、映画館で、3本のバレエ映像が公開されるというLivespireのものがありました。

以前にも拙ブログでお知らせしましたが、
マリインスキー・バレエの「白鳥の湖」(ロパートキナ&コルスンツェフ、DVDで発売されているものと同じ)、
ロイヤル・バレエの「オンディーヌ」(吉田都さん主演でこの間TVで放映されたもの)、
ロイヤル・バレエの「くるみ割り人形」(先日、都さんとスティーヴン・マックレーが主演した公演が映像用に収録されたのですが、それではなく、アレクサンドラ・アンサネッリとヴァレリー・ヒストリフ主演。アンサネッリは若くして引退してしまったので、貴重な映像ですね)

の3つの作品が上演されるとのことです

チラシによれば、2010年1月16日(土)新宿バルト9ほか全国順次ロードショー
料金は一般は3500円、学生・子供が2000円、リピーター割引3200円だそうです。

http://livespire.jp/opera/news/index.html

こんな催しもあるようで。

全国上映に先駆けて、新宿バルト9にて、プレミア上映会を開催します。 12月15日(火)午後7時30分開演!! 上映作品は、クリスマスの時期に相応しく、英国「ロイヤル・バレエ」による『くるみ割り人形』。 今回の上映は、日本では初めての“バレエ公演の映画館上映”となります。 当日は、素敵なゲストをお呼びして、バレエの魅力はもちろん、映画館の大スクリーンならではの魅力にもアプローチする、楽しいトークショーを予定しています。 ご観覧希望の方は、下記のガイドをお読みのうえ、"チケットぴあ"にて特別チケットお買い求めください。

■プレミア上映会開催決定!!
12/15(火)19:30より 新宿バルト9にて
World Classics @ CINEMA『くるみ割り人形』プレミア上映(&スペシャルトークショー)

【トークショーゲスト(予定)】
宮尾 俊太郎、浅川紫織、神戸里奈 (Kバレエ カンパニー)
桜塚やっくん (タレント)

●先行抽選販売「プレリザーブ」購入方法
※確実に席をゲットするために、プレリザーブにご応募してください。
申込受付期間:11月28日(土) 11:00AM - 12月3日(木) 11:00AM
抽選結果発表:12月4日(金)  チケットのお申込は、お一人様4枚までとさせていただきます。
前売券からのお引換は出来ません。ご注意ください。
チケット当選後の変更・払戻は致しかねます。予めご了承下さい。
→こちらからご応募いただけます。http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0955056&perfCd=001

まだ、このプレミアム上映以外の上演予定は発表されていませんが、大きな画面で見られるのは素敵でしょうね。

« ハンブルク歌劇場のジャーナル表紙にロベルト・ボッレ | トップページ | ラトマンスキーがABTのために新作「くるみ割り人形」を振り付け »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
先日、ロシアで起きたネフスキー・エクスプレスの事件でマリインスキー・バレエのアナスターシア・コレゴワさんのご主人が亡くなられたようです。
http://www.kp.ru/online/news/578532/
ご主人、セルゲイ・タラソフ氏のご冥福をお祈りします。

ひかりさん、お久しぶりです。

コレゴワさんの悲しいニュース、お知らせいただきありがとうございます。昨日友人からその話は聞いたのですが、ニュース記事を見つけられなくて。こんなことに巻き込まれてしまうとは、なんという悲劇でしょう。教えていただいた記事を翻訳して読んだら、まだ結婚されたばかりだったのですね。まだ事件の背景はよくわかりませんが、コレゴワさんに謹んで哀悼の意を伝えるとともに、旦那様のご冥福をお祈りしたと思います。いつか癒されて彼女が舞台に立つ姿を見られますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンブルク歌劇場のジャーナル表紙にロベルト・ボッレ | トップページ | ラトマンスキーがABTのために新作「くるみ割り人形」を振り付け »