BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤル・バレエ イヤーブック2009/2010 The Royal Ballet Yearbook | トップページ | キエフ・バレエ「白鳥の湖」行ってきました »

2009/11/15

ABT北京公演の続報

14日、15日のマチネとソワレは「ドン・キホーテ」が上演されているのですが、当初14日マチネに出演予定だったコリー・スターンズが急病で出演できなくなり、代わりにデヴィッド・ホールバーグが踊ったそうです。

それから、15日のソワレは、当初の予定から変更され、各幕ごとに主演ダンサーを代えるということをやるようです。

http://www.chncpa.org/n16/n2279/n2297920/3099560.html

1幕はジリアン・マーフィとデヴィッド・ホールバーグ、2幕はミシェル・ワイルズとコリー・スターンズ、そして3幕は加治屋百合子さんとダニール・シムキン。コリーの不調とツアーだからこそ実現したことなのでしょうね。


ゲネプロの写真がこちらにアップされていました。
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4dbd11b70100frtd.htm

また、デヴィッド・ホールバーグのバジルの写真もこちらに。王子様キャラの彼のバジルってなかなか想像つきませんが。
http://www.chncpa.org/n16/n2279/n2297920/3094502.html

ツアーに同行している写真家Gene Schaiavoneさんが撮影した、万里の長城でのABTご一行様。北京で公演をやるバレエ団は、ことごとく万里の長城観光をしているようです。

http://www.geneschiavone.com/gallery/v/eru/_DSC4683.jpg.html

国家大劇院の英語版のほうには、現地評の英訳が載っています。

http://www.chncpa.org/n457779/n457927/n458786/3086280.html


しかしオバマ大統領のアジア訪問にあわせて、こんなことを表明する中国って最悪最低の非民主的国家ですね。私はよほどのことが無い限り、中国本土には二度と行かないと思います。

China Focuses on Territorial Issues as It Equates Tibet to U.S. Civil War South
http://www.nytimes.com/2009/11/14/world/asia/14beijing.html?_r=1&scp=1&sq=china%20tibet%20civil%20war&st=cse

« ロイヤル・バレエ イヤーブック2009/2010 The Royal Ballet Yearbook | トップページ | キエフ・バレエ「白鳥の湖」行ってきました »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいブログですね!感心しています。また、来ます。:)))

V30さん、はじめまして。

いえいえ、私は単に情報を集めるのが趣味で、自分の備忘録みたいにしていたらいつの間にかたくさんの方に来ていただいていた、というだけなのです。またいらしてくださいね。

こんばんは。
昨晩北京から帰って来ました。
ダニール・シムキン目当てで行った私には、最後の最後にbigなsurpriseで、劇場ではもちろんまっ先にキャスト表をチェックしたのですが、本当にビックリしました。Daniilは、高くて美しいジャンプやピルエット、加治屋さんは、かなり長いバランス(素晴らしかった!)で魅せてくれました!!
(ゲネプロのダニールの写真は、第二幕の狂言自殺のところだと思いますが、本番は第三幕のみなので、そのシーンは見られませんでしたが。アンダーでリハは行われていたのですね。)
なお、後から、NCPA公式サイトにも訂正が入っていますが、最終的には、第二幕はホールバーグ&ワイルズが演じています。
C.Stearns は、13日の「Everything dosn't happen at once」も出ていなかったので、気になっていたのですが、体調不良だったのですね。本人も残念だったでしょう。もうお元気になられていると良いのですが。

YUIOTOさん、本当にお疲れ様でした。ABT公演を存分に楽しまれた様子で良かったですね。
デヴィッドや幻のコリーのバジルも見たかったです~。仲良しのコール・ドの男の子たちもどんなんだったかな、とか。加治屋さんが三幕でいい踊りをしてくれたのも嬉しいですよね。ABTでは彼女もダニールと組むようになるのかしら?確かにどちらかといえば小柄なほうではあるし。

Naomiさん、ご無沙汰しております。お元気ですか?
Coryが急病になっていたとは。。。。知らなかったです。彼、大丈夫ですかね?? 今頃、フランスかな? とかなり気になります。。。
ダニールはやっぱり加治屋さんと踊ったんですね。。。。そんなメッセージがFacebookにあったので、「もしや??」と思ってました。
もしかしたら、来シーズンのDonQ、ダニールにも鍛冶屋さんにもチャンスが回ってくるかもじゃないですか!! 楽しみ~~~

Coryが気になるなー

孝子

takakoさん、こんばんは。

コリーが病気で出られなくなったと聞いて、takakoさんが心配しているだろうなって思いましたよ・・おそらくは、中国の食べ物か水にあたったということで、大事には至っていないと思うのですが(水が悪いですからね)、でも出られなくて本人はとても残念でしょうね。早くよくなって、パリの方には元気で出て欲しいです!
ドン・キホーテ、加治屋さんにもチャンスがあるかもしれませんね!それは楽しみです~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤル・バレエ イヤーブック2009/2010 The Royal Ballet Yearbook | トップページ | キエフ・バレエ「白鳥の湖」行ってきました »