2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マリインスキーのエカテリーナ・コンダウローワがファースト・ソリストに昇進 | トップページ | 北京行きの顛末いろいろ1日目 First day in Beijing »

2009/10/22

10/17 新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」

10月17日(土) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ 「ドン・キホーテ」

キトリ(ドゥルシネア姫):川村真樹
バジル:芳賀望

ドン・キホーテ:市川 透
サンチョ・パンサ:吉本泰久

ガマーシュ:澤田展生
街の踊り子:西川貴子
エスパーダ: マイレン・トレウバエフ

キトリの友達(ジュアニッタ):寺島まゆみ
キトリの友達(ピッキリア):西山裕子

メルセデス:湯川麻美子
ギターの踊り:楠元郁子

ジプシーの頭目:小口邦明
二人のジプシー:八幡顕光 福田圭吾

森の女王:厚木三杏
キューピッド:高橋有里
3人の妖精 西山裕子、丸尾孝子、小野絢子
4人の妖精 遠藤睦子 さいとう美帆 伊東真央 井倉真未

ボレロ:湯川麻美子 マイレン・トレウバエフ

第1ヴァリエーション:寺島まゆみ
第2ヴァリエーション:さいとう美帆


キャストは、主役二人以外は前日とほぼ同じ。したがって、主役を中心とした感想。この日の席は1階3列目。土曜日マチネ公演だったため、子供の観客も多く、また高校生の団体も入っていた。子供たちは比較的マナーよく観ていたと思うけど、キューピッドの子役たちの祖父母?や子供の母親など身内の方が上演中におしゃべりするのはやめて欲しい・・・。北京ほどではないけど、ちょっと観客の質に問題があるように思えた。劇場の方も、客席での前かがみなどについては啓蒙活動を一生懸命やっていると思うのだけど、おしゃべりについても注意喚起をお願いしたいと思う。

川村さんは、新国立劇場のサイトにアップされていた動画インタビューで、キトリはあまり自分のイメージではないようなことを言っていた。でも実際に観てみると、初役とは思えない堂々とした演技と踊りの彼女。すらりとして長身の川村さんは、メイクも映えて伸びやかなライン、舞台姿がとても美しい。ちょっと品が良い、大人っぽい感じだけどそれが清潔感に結びついている。しっかり者で綺麗なお姉さんという印象。彼女はラインが長くて美しいし、技術的にもまったく不安がない。そんなちょっと大人の美人さんが、ガマーシュから逃げ回ったり、プクーっとふくれたりするおきゃんなところを見せてくれるのがとても可愛い。

川村さんは音に対する反応もとてもいいと思うし、腕の使い方もきれいだし、最後のグランフェッテも余裕たっぷりで、抜群の安定感だった。なんで来年の「白鳥の湖」の主演がないんでしょう?もったいない。

対する芳賀さん。登場してきたとき、細い!と思ってしまった。前よりちょっと髪を短めに切っていた。やんちゃでちょっとヤンキー入っているバジル。踊りはとても好調のようで、軸のぶれないピルエットが見事だった。特に2幕のキトリが飛び込む前には、8回転のピルエットを見せてくれた。川村さんの飛び込みはかなり控えめではあったけど。片手リフトも見事に決まり、非常に長い時間、キトリをしっかりとリフトし続けていて大したもの。跳躍も軽やかだし、主役オーラもずいぶん出てきた。欲を言えば、時々つま先にもう少し配慮が欲しいと思うことがあるのと、パートナーを立てるというよりは自分が目立ちたいタイプなのかな、というところが感じられるので、その辺はもうちょっと意識して欲しい。でも、バジルのキャラクターはとてもよく合っているし、何しろ彼のピルエットは素晴らしいので、さらなる成長が期待できそう。

舞台に近い席だったので、2幕のエスパーダとメルセデスvsギターの踊りの濃厚対決をたっぷりと楽しめた。湯川さんの酸いも甘いも噛み分けた熟女の色香と、フェロモン出しまくりマイレンの絡みはエロかった~。新国立劇場の「ドン・キホーテ」の上演は全体的に淡白なので、こういうアクセントがないとね。

夢のシーンはまさに夢のように美しかった!クラシックチュチュのドルシネア姿の川村さんの綺麗なこと。自慢のコール・ドもよく揃っていた。高橋さんのキューピッドも職人的なうまさを感じた。

高橋さんのキューピッドもそうだけど、1幕のセギディーリャやジプシーの女たちでの大和雅美さん、ジプシーやファンダンゴでの千歳美香子さん。こういう要となるベテランが見事な職人芸を見せて周囲を引っ張っていくことで、舞台が見ごたえのあるものになるんだな、と改めて思った。バレエ団の宝である彼女たちを、新国立劇場はこれからも大事にして欲しいなと願う。

« マリインスキーのエカテリーナ・コンダウローワがファースト・ソリストに昇進 | トップページ | 北京行きの顛末いろいろ1日目 First day in Beijing »

バレエ公演感想2009」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。芳賀さんのバジルをご覧になったのですね!

>パートナーを立てるというより自分が目立ちたい
これ見て笑ってしまいました。「あの人」のキャラそのまんまなんですもの!ピルエットなど技術が固いところも。やはり、芳賀さんがかつて憧れたあの人のバジル造形なのでしょうか?笑
なかなか東京まで行けませんが、芳賀さんや輪島さん、長田さんの舞台を見に行けたらいいなと思っています。

Odetteさん、こんばんは。

芳賀さんのバジル良かったですよ!彼のキャラクターによく合っていますね。もちろん、師匠の影がちょっと見えますが、テクニックも切れ味良かったし、あれだけ踊れれば凄いと思いました!今シーズン主役も多いので、ますます磨かれるんじゃないかしら。
15日に見た長田さんの第一ヴァリエーションは素晴らしかったし、輪島さんはトレアドールで毎回出演していましたが、すらりとして背が高い方なので、カッコよかったです。これからもう少し目立つ位置に配置して欲しいなって思いました。エスパーダなど似合いそうだし。

関西方面といえば、1月に三田市で新国立劇場の公演があるようですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリインスキーのエカテリーナ・コンダウローワがファースト・ソリストに昇進 | トップページ | 北京行きの顛末いろいろ1日目 First day in Beijing »