2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤル・バレエのキューバ公演の写真スライドショーRoyal Ballet in Cuba | トップページ | 8/13 第12回世界バレエフェスティバル ガラ World Ballet Festival Gala Performance »

2009/08/14

世界バレエフェスティバルのガラから帰ってきました

超楽しかったです~。5時から始まって、おまけのファニーガラが終わったのが11時前。長かったですが、楽しかったので何とか持ちました。

ティアゴ・ボアディンの「アルミードの館」が素晴らしかったです。彼の最後のポーズはまさにニジンスキー、ぞくぞくするほど妖しかったです。「いにしえの祭り」ではまたもや、エレーヌ・ブシェの美脚が素晴らしかった。美しいだけじゃなくて、脚そのものが饒舌に語っていて素敵でした。美脚といえばザハロワのマクベス夫人もこの世のものとは思えないくらい美しかったです。

どのパフォーマンスも素晴らしかったので、あげていくときりがないので、追って感想は書きます。明日も仕事なので。ガラはA、Bプロに比べても古典が少なかったのですが、芸術性が高くて、全幕が観たい!という作品もたくさんありました。

それと、恒例のファニーガラについて、覚えているうちに書いておきます。

まずは佐々木忠次氏が壇上に立って口上を述べました。サポートのスタッフがついていましたが、舞台上に立っている佐々木氏を見てちょっと安心しました。第13回世界バレエフェスティバルも予定されているようです。

まずは、チュチュにポアント、派手なカツラをかぶった男性ダンサーが幕前に数人登場。デヴィッド・マッカテリ、ズデネク・コンヴァリーナ、フィリップ・バランキエヴィチ、フリーデマン・フォーゲルほか数人がいたと思います。「ジゼル」で、ジゼルは白塗りしたマラーホフ、そしてアルブレヒトはヴィシニョーワでした。マラーホフのパドブレが素晴らしかったし、ジゼルの衣装のままヴィシニョーワをリフトするのがすごい図でした。ヴィシニョーワのコミカル演技も可愛かったです。それをフラッシュを炊いてパパラッチするバランキエヴィチ。最後は倒れこんでアルブレヒトを押しつぶすジゼル。そして、「海賊」のオダリスクのパ・ド・トロワを、マッカテリ、コンヴァリーナ、バランキエヴィチで踊りました。みんなポアントが上手です。

次に、「海賊」のギュリナーラとランケデムのパ・ド・ドゥ。ランケデムは髭をつけたマリア・コチェトコワ、小さくて可愛いです。ギュリナーラはダニール・シムキンで、ポアントにハーレムパンツ。ヴェールで顔をぐるぐる巻きにされて苦しそう。女性の衣装を着けると、シムキンって意外と大きいんだなって思います。でも、やっぱりすごく柔らかくて綺麗!マリアちゃんが小さいから大きく見えるのかな。それから、フロリナ姫のヴァリエーション。サラファーノフだったのですが、あまりにもメイクが濃くて、最初は誰だかわかりませんでした。めちゃめちゃ上手いです。が、曲が全然終わらなくて何回も回転をリピートするうちに目が回ってバッタリ倒れちゃうサラ坊。青い鳥はマリア・アイシュヴァルトだったのですが、出だしの腕の動きをしたところで、指揮者オブジャニコフさん(ヒラリオン衣装着用)が扮したハンターに撃ち落とされてしまいます。次に、パリの炎のヴァリエーションをオシポワが踊ったのですが、これがまた凄かった!トゥールザンレールも見事に決まっているし。ピルエット・ア・ラ・スゴンドも素晴らしかったです。もちろん、跳躍は例によって男性並みに高くてダイナミック。本当に彼女のテクニックは凄いです。「ラ・シルフィード」の彼女も良かったし。

そして、「ラ・バヤデール」の影の王国のシーン。次から次へと、男性ダンサーたちがあの白いチュチュを着用して、スロープを降りてきます。バレリーナが3名だけいて、ポリーナ・セミオノワとエレーヌ・ブシェともう一人(シオマラ・レイエスかな?)。あと8人は男性ダンサー。ジョゼ・マルティネス、ホセ・カレーニョ、ティアゴ・ボァディン、フリーデマン・フォーゲル、ティアゴ・ソアレス(カツラにブラジルの国旗を刺しています)、フェデリコ・ボネッリ、ロバート・カラン。スロープを降りてきたこのメンバーがいっせいにパドブレをするところは壮観です。みんな上手いし!ヴァリエーションは、ジョゼ・マルティネスが凄かった。ポアントでピルエットもしちゃうし、デヴロッぺも美しいし、見事なイタリアン・フェッテまでしちゃうし。やはりヴァリエーションを踊ったホセ・カレーニョも素晴らしくて、今回ほとんど跳躍していなかったのに、ファニーガラではポアントでジャンプしまくり。それから最初のヴァリエーションを美しく踊ったティアゴ・ボァディンもフリーデマン・フォーゲルも上手かった!

ファニーガラで毎回大活躍のマラーホフ、ジョゼ・マルティネス、そしてホセ・カレーニョが本当に生き生きしていて、もう嬉しくなっちゃいます。次回もこの3人は絶対に出てほしいなって思います。そして、後継者としては、両ティアゴとフォーゲルかなあ。ジョゼは「シンデレラ」の継母役などで、ポアントで踊ったりしているから、ずば抜けて慣れている感じでした。来年のパリ・オペラ座の来日公演、「シンデレラ」が楽しみです。

てなわけで、本編の感想は明日!

« ロイヤル・バレエのキューバ公演の写真スライドショーRoyal Ballet in Cuba | トップページ | 8/13 第12回世界バレエフェスティバル ガラ World Ballet Festival Gala Performance »

バレエ公演感想2009」カテゴリの記事

コメント

きゃ~~~、ガラ凄い楽しかったのが目に浮かびます。
ビデオとか出ればいいのに。。。。。みたい~~~~~
TV放送とかあればいいのに!!
NYCのMetのように、最後のカーテンコールとかで写真とかバチバチ日本は撮れないんですか? あれって、NYCMetABTだけなんでしょうか?(ふと気になりました)

naomiさん、昨日は楽しかったですね。延々6時間にも及ぶ公演でしたが、あまりの素晴らしさに疲れも感じず、ハイテンションのまま帰宅しました。世界の名だたるバレエダンサーを一時に見られて幸せです。こんな公演を見ることができる日本に生まれて良かった!!と心から思いました。佐々木忠次さんには是非お元気で長生きしていただきたいし、このような企画のできる後継者も育てておいて欲しいですね。昨日の夕方、上野駅のショッピングモールで休憩中のバランキ君とすれ違いました。バミューダパンツ(古い?今でも言うのかな?)とゴム草履で全く地元の外人でした。

naomiさん、こんにちは!お久しぶりです。
バレエフェスは今回全部パスしてしまいました… なのでnaomiさんの感想を読んで「擬似体験」させていただいてます(笑)。ファニーガラだけでも見たかったです~。

ティアゴの「アルミードの館ーシャムのダンス」、素晴らしかったしょう?私は今年のターゲで見た時に思わず席から立ち上がりそうになりました。柔らくてセクシーで、一瞬別の世界に連れて行かれたような気になりましたよ。最後のあのポーズ、しなやかな猫のようで(まさにシャムネコ)忘れられません。

naomiさん、いや、本当の本当に楽しかったですね!本編もよかったですが、ファニーガラ、お約束なんですが、毎回うまい演出とスターの違った魅力に圧倒され、幸せな気分です!

naomiさん、こんばんわ!
昨夜のガラ公演は本当に楽しかったですね♪
私は今回が初のガラ公演の鑑賞でしたが鑑賞出来て本当に大満足です。
そして、ファニーガラは大爆笑と驚愕の連続でした。
マラホフスキィーさん事マラーホフさんのジゼルに驚嘆し、ヴィシニョーワさんのアルブレヒトが百合の花束で顔を隠しての登場からもう目が釘付け!ヴィシニョーワさんのコケティッシュな演技に夢中でした。
ホセさんがいつもの笑顔に金髪かつら姿で登場した時は目を奪われました!詰め物の胸が片方落ちてたのが又可笑しかったです。
シムキンさんのギュリナーラはベールが巻きすぎで笑えましたが、踊りは軟らかいし、マリアさんのサポート上手で又驚き、サラファーノフさんの青い鳥の素晴らしさ、オシポワさんのピコピコハンマー片手にの跳躍の高い事!?
そして影の王国での、あの見事なイタリアン・フェッテ!!誰なの??と思っていたのですが、ジョゼ・マルティネスさんでしたか!もう凄いとしか言えないです。
もう他の方も芸達者ばかりで驚きの連続でした。
A/Bプロも素晴らしい演目が有りましたが、でも充実度はガラが一番だったです。
このフェス公演で、お気に入りが沢山増えましたし大変充実した8月でした。
naomiさんのガラ本編感想を楽しみにしてます。

takakoさん、こんにちは。

このファニーガラは最近の恒例になっているみたいですが(前回のはちょっといまいち)、日本ではカーテンコールは撮影禁止で、撮る人もいないんですよね。パリ・オペラ座とか、ロシアとかでは、みんな撮影していますけど。でも、2000年のファニーガラの映像は、YouTubeにあります。Gala José Carreñoで検索すると出てくると思いますよ。カレーニョ、マルティネス、マラーホフの凄いポアントテクニックとコメディ演技が楽しめます。ぜひ観てみてください。爆笑モノなので!

隣のハミーさん、こんばんは。

ガラ楽しかったですね~でも、これでバレエフェスもほとんど終わりかと思うとちょっと寂しかったです。夏休みが終わる前の子供の心境?
でも、これだけの凄いダンサーを一挙に観られるというのは、ここだけですよね。世界のバレエファンも、この時期だけは日本にいたいって思うだろうな。
ササチューの後継者はちょっと難しいかもしれませんね。せめて長生きしてほしいと願うばかりです。
ショッピングモールでバランキーですか!私の友達はアメ横でマラーホフを見たみたいです。

maddieさん、こんにちは。

そういえば会場でお姿を見かけなかったと思ったら、今回はパスされたんですね。ティアゴくんのアルミード素晴らしかったですね♪作品全部ご覧になったなんて羨ましいです!彼があんなにセクシーでしなやかで別世界の人になってしまうなんて、嬉しい驚きでした。エレーヌは最近ますます美しくなったし、この二人はこれからのハンブルクを背負って立つ存在ですね。

ショコラさん、こんばんは。

ファニーガラ、前回はちょっと外した感じでしたが、前々回並みの気合の入り方で楽しかったですね!やはりファニーガラになると俄然張り切るマラーホフとジョゼとホセ!彼らなしではバレエフェスは考えられませんよね。次回も絶対このメンバーには出てほしいです。

冬の星座さん、こんばんは。

ヴィシニョーワのアルブレヒト、可愛かったですね~。あのちょうちんブルマーのような衣装も可愛かったし、顔を大量の百合で隠していたのも笑えましたね。台車に乗ってパドブレとか、いろいろと考えたんでしょうね。
サラファーノフとオシポワも凄かったですね。サラファーノフは華奢だと思っていたけど女装したらでかくて、でも美人でしたね(笑)やはり一流のダンサーは身体が引きあがっているからポアントもこなせるんでしょうね。オシポワの跳躍は半端じゃなく凄かったですね。ピコピコハンマー持っていてもあんなに踊れるなんてカッコよすぎです。
今まで、その魅力に気がついていなかったダンサーの良さを知ることができたのも、バレエフェスのおかげですよね。本編感想、続きを頑張ります。

お忙しそうなのに、またお邪魔しています。3年後にこのファニーガラにジョゼが参加してくれるでしょうか。今回はほんっとに、美しくて驚きました。マラーホフは「ファニーガラだけ参加」なんてこともありえるくらいですよね。しっかり後輩にファニーガラのなんたるかを指導してもらいたいです(* ̄ー ̄*)

ショコラさん、こんばんは。

お返事遅くなってすみません!

ホント、ファニーガラは最高に楽しく贅沢な趣向なので、この伝統を引き継いで欲しいですよね。マラーホフはこのファニーガラには絶対に欠かせないキャラクターなので、いつまでも参加して、ティアゴ・ボァディンやサラファーノフやシムキンを指導して欲しいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤル・バレエのキューバ公演の写真スライドショーRoyal Ballet in Cuba | トップページ | 8/13 第12回世界バレエフェスティバル ガラ World Ballet Festival Gala Performance »