BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« エトワール最後の60日~マニュエル・ルグリ~地上波でも放映 | トップページ | 新国立劇場の「ジ・アトレ」8月号 »

2009/07/21

シュツットガルト・バレエの北京公演 Stuttgart Ballet in Beijing

シュツットガルト・バレエの中国ツアーが予定されていることは、以前お知らせしましたが、北京公演の国家大劇院に、公演の情報が載っていました。

「じゃじゃ馬ならし」
2009.10.09、10, 11 19:30~
http://www.chncpa.org/n16/n1062/n8576/2394903.html#link

中国語が読めないので、自動翻訳をかけてみたら、「凶暴なしるしを飼いならします」と出てちょっと可笑しかったです。

で、探してみたら、国家大劇院の公演の英語サイトもありました。
http://www.chncpa.org/n457779/n457834/n516566/2487700.html
演目の詳細な説明と写真が載っています。

「ガラ公演」
2009.10.13
http://www.chncpa.org/n16/n1062/n8576/2435915.html
Programme II - Gala contemporain, le 13 octobre 2009
- Oeuvres de John Cranko:
   Brouillards
   Aus Holbergs Zeit - Pas de Deux
   Legende
   Jeu de Cartes

- Oeuvre de Bridget Breiner:
   Sirs

- Oeuvre de Christian Spuck:
   Le Grand Pas de Deux

- Oeuvre de Ben van Cauwenbergh:
   Les Bourgeois

ガラ公演はまだ英語サイトができていないようです。

どうもチケットを取ろうと思っても、ちんぷんかんぷんで困っています。同僚に中国人の方がいるので、助けを借りようかと思案中です。


国家大劇院は、英語サイトもあります。
http://www.chncpa.org/n457779/index.html
チケットは、国外の人は電話をかけて取るしかなさそうです。

Tickets may be purchased by calling our hotline on +86 10 6655 0000 between 9:30 a.m. and 8 p.m. every day Our English speaking operators are willing to help.

なお蘇州公演もあります。
Science and Cultural Arts Center 苏州科技文化艺术中心(http://theatre.sscac.com.cn/
「じゃじゃ馬ならし」2009年10月16,17日
「ガラ」 2009年10月18日

« エトワール最後の60日~マニュエル・ルグリ~地上波でも放映 | トップページ | 新国立劇場の「ジ・アトレ」8月号 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

う…甦るBBL台北公演チケット取りの悪戦苦闘…。中国はチケット取りが苦労するわよね。でも「じゃじゃ馬〜」いいなぁ。久しく観てない演目だから観たい〜!
それにしても自動翻訳おもしろ過ぎ(爆笑)

naomiさん、こんにちは。

私も中国公演には行きたいな?!とは希望してるんですが、どうもチケット取りがやっかいですよね?!
私も同じく中国人の知人に頼ろうか?!と思ってます。もしくはカード会社の手配をお願いするか?!
蘇州の劇場はサイトでチケットを取れるようで、座席表も出て、やったあgoodもう北京はやめて蘇州にしよう!と思ったのですが、チケ取りを進めて行くと、やはり人民IDが必要で(韓国も同じく)外国人は無理みたいです~bearing
「じゃじゃ馬ならし」行きたいなあ~行けるかしらん。

マイダーリンは、中国、日本なんて、東京、大阪ぐらいの距離というか、行く事なんか簡単だと思ってるみたいで・・・近いけど遠い国なんだよ~私にとっては少々おっかない国なんですが・・・


さとみっちさん、こんばんは。

台北でもそんなに大変だったんだから、中国も推して知るべし、ですよね・・・。私は「じゃじゃ馬ならし」は舞台では観ていないので、一度生で観てみたいんですよね。
自動翻訳、本当に笑えますよね!韓国語のサイトのも可笑しいけど、これは最高happy01

ゆいーちかさん、こんばんは。

ゆいーちかさんも北京行き検討中ですか!日本からは近いし、公演日程の密度もあるのでドイツに行くことを考えると、楽かなと思いつつ、チケット取りの壁が、ですねえ。
とりあえず中国人同僚にサイトを解読してもらったのですが、チケットはいつから売り出すかは書いていないみたいです。カード会社って手はありますよね。オペラ座の北京公演なんか、日本から観に行っている人も結構いるはずなんですよね。
外国人にとっては、中国なんて日本からすぐって感じなのは判りますけど、私も中国には行ったことがないし、中国語はできないし、ちょっとびびりますよね。無事にいけることになった暁には、お会いしましょう!

naomiさん、お互いに行けたらいいですね。
チケットは、一応、JCBカードのワールドサポート、JALワールドプレイガイドでは不可との返事でしたweep
5月にマドリッドに行った際に、テアトロ・レアルのチケットと星の多いホテルの予約を各サイト上でしたのですが、それ以降スパムメールの来ること、来ること。それまでは全くそんな事なかったので、スペイン関連としか考えられません。スペインでこんななら中国なんて~
ネット上であれこれするのはどうにも心配です。

ゆいーちかさん、こんばんは。
JCBとJALはダメでしたか!私はアメックスのゴールドを持っているので、アメックスに聞いてみようかなって思っています。あとは直接劇場に電話してみようかなと。(しかし、以前オペラ座に電話したところ、英語を話せる人はいますか?って聞いたら国際電話で10分くらい保留にされた挙句に切られたことがあります。それからハンブルクでも、多分電話を転送する最中に切られちゃったりして)
たしかに海外サイトでのクレジットカード使用は怖いですよね!中国はそもそも、カードはあまり一般的ではないみたいだし。バルセロナのリセウ劇場は大丈夫でした。
購入チャレンジの結果は、またお知らせしますね。ところで、ANAは10月からまたサーチャージを徴収するらしいです…。

http://jp.piao.com.cn/beijing/

このサイトで日本からもチケット入手できます。
中国語ページ全てが反映されているとは限りません。
「その他の情報は中国語ページでご確認下さい」という注意書きがあります。

代金やチケット送料の支払方法やチケット受け取り方法は、日本語のページにも詳しく書かれています。

http://www.piao.com.cn/ticket_11562.html

中国語ですが同サイトのシュツットガルト・バレエのチケット販売案内のページです。7月24日現在、予約は受け付けていますが、チケットの価格さえ未定のようです。

詳細は日本語ページにある連絡先に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

コメントしてくださった方、本当に情報ありがとうございます。助かりました!
シュツットガルト・バレエのチケット販売案内のページは、日本語はなかったのですが、英語版はありましたので、そこから英語で問合せを送ってみました。(まだチケットは発売はしていないっぽいので)
http://en.piao.com.cn/beijing/ticket_2786.html

en.piao.com.cnで検索をしてみたら、このサイトを使ってのチケットの買い方について書いてあるブログを見つけることができました。

やくぺん先生うわの空「中国票務在線でチケットを買うには」
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/2008-07-15

チケットの受け取り方などについても書いてくださっています。

言葉足らずでした。
・・・チケット未発売の意味のつもりもあって、チケット価格さえ未定と書いたつもりでしたが、意味をわかっていただけなかったみたいで、表現力不足で、すみません。
他人様のブログに頼らずとも中国票務在線の日本語ページ
http://jp.piao.com.cn/beijing/
の「注文案内」というところをクリックするか、
http://jp.piao.com.cn/beijing/dingpiaozhinan.asp

こちらで、
この中の文章をよくお読みになれば日本語で代金の支払い方法も、チケットをEMSで送ってもらうためにEMSの手数料をいくら購入者が負担するかも、チケットの受け取り方法も、日本語での問合せ先もよく分かるはずです。
ちなみにこの中国票務在線の日本語での問合せ先は以下のとおりです。
japantickets@gmail.com

またまたありがとうございます。
チケットのお値段や発売日未定は、教えていただいたところを観て判りました。本当に助かりました!

教えていただいた日本語のページで、支払方法が銀行送金かウェスタン・ユニオンだったので、手数料が高くて嫌だな、と思って、なぜか英語ページではクレジットカードがOKだったのと、公演の英語サイトができていたので、そこから英語で問い合わせしてみました。困ったことに、最近仕事で英語を書いたり読んだりすることが多く、日本語力が落ちていて、日本語より英語を書くほうが楽になってきちゃったんです。(もともと国語というか日本語が不得意で、赤点ばかり取っていました)
でも、安全面では銀行送金の方が安心なのかしら?

いずれにしても、色々と教えていただいて助かっています。ありがとうございます。

はい。
銀行送金のほうが安全です!

チケット価格は、一番高い席で13000日本円くらいになるのではないかと思います。
それに送金手数料が(たぶん)5000日本円かかります。
なおかつ、私たちのようにスタスタと地下鉄駅を降りて保利劇院の裏道を歩いて中国票務在線の事務所(やくぺん先生のブログにもある)にチケットを受け取りに行くことは、北京初めての方にはオススメできません。中国票務在線の日本語サイトにも書いてあるとおりチケット代金を送るときにEMS代金も一緒に送って、チケットを北京から日本にEMSで送ってもらったほうがよいです。
サイトに赤い字で「EMS代金として145人民幣を送れ」とも書いてあります。人民幣とは人民元(RMB)の意味です。145人民元はだいたい2000日本円くらいです。(送金する直前に145人民元にあたる日本円または米ドルは、いくらか、メールで確認したほうがよいです)
日本の郵便局が扱うEMSに比べて、チケット一枚に2000円とはずいぶんと高い送料と思われるかもしれませんが、145人民元は中国のEMSの最低料金です。紙切れ一枚にEMSだと本当にこれだけの送料がかかってしまいます。

したがって、チケットそのものも安くはないし、そのうえチケット購入に必要なお金も高くついてしまいますが、中国に住み慣れている者や中国にしばしば行くので慣れている方でなければ、まして国語が御苦手、ひょっとして漢字も苦手でいらっしゃるなら御手軽と安全と安心をお金で買うという考え方をなさったほうがよいです。初めて中国に入ったら、まず北京の空港で日本の漢字と形の異なる漢字に面喰って不安に陥る可能性大です。そのうえ、日本語と同じ漢字で意味でも使い方が異なる場合も多々あります。(例えば、空港は中国語で机場ですが、机は機という漢字を簡略化した簡体字漢字です。だから机場と書いてあっても家具屋さんではありません。ちなみに携帯電話は中国語で手机。日本語の漢字で書くと「手機」です。)

北京の国家大劇院は有名な天安門広場の近く、人民大会堂の隣にあって、やくぺん先生も書いておられるとおり、北京にいらっしゃるのが初めてでも簡単に見つけられます。

失礼かもしれませんがnaomi様、メールいただけませんか?もっと細かくご助言申しあげます。10月に北京にいるならもっとお助けできるのですが、申し訳ないことに10月には北京にいません。

こんにちは。

いろいろとご丁寧に教えてくださってありがとうございます!何せ初めてなもので、全然事情がわからなくて。そうですね、チケットはEMSで送ってもらった方が良さそうですね。クレジットカードもあまり一般的じゃないみたいだし。
親しい同僚に以前北京に住んでいた中国人の子がいるので、今、少しずつ教えてもらっているところです。あと、元同僚で現在北京に住んでいる方もいるので、現地を案内してもらおうとは思っているのですが、簡体字だということを忘れていました。初めてソウルに行った時も、表記がハングルだらけなのでとても戸惑いましたが…(でも、結局韓国は6回くらい行っているけど)確かに、そんなところに出かけていったら、大変そうですよね。
そして親切なお申し出ありがとうございます。なぜかメールアドレスとお名前が表示されていないのですが、私宛には、プロフィールのところからメールを送れるようになっています。

しょんぼり その1
メールアドレスは表示されていないですか?
《メールアドレス:(任意)
(ウェブ上には掲載しません)》の下の空欄に場所に、ちゃんと書きました。今回も書いてあります。jで始まるアドレスです。表示されていませんか?

しょんぼり その2
『私宛には、プロフィールのところからメールを送れるようになっています』→my profileをクリックしてみましたが、メールを送る方法が自分には分かりませんでした。どうやったらメールをお送りできるのか、超パソコン音痴の自分にご教授いただけませんか?

もし自分のメールアドレスが表示されていたら御メールくださいませ。
よろしく御願いいたします

こんばんは。

本当にすみません、コメント通知メールにメールアドレスは入っていましたので、メールしました。大変失礼いたしました!
ちなみに、プロフィールは、http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/about.html にあります。(画面の左側の一番下)私も実はけっこうパソコン音痴なんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エトワール最後の60日~マニュエル・ルグリ~地上波でも放映 | トップページ | 新国立劇場の「ジ・アトレ」8月号 »