最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マライン・ラドメイカー主演チューリッヒ・バレエ「Peer Gynt」DVD化 DVD of "Peer Gynt" Marijn Rademaker | トップページ | 新国立劇場「ドン・キホーテ」のプロモーション動画 »

2009/07/03

ドキュメンタリー「エトワール 最後の60日」 ~密着 マニュエル・ルグリのバレエ人生~ Manuel Legris Adieux Documentary/映画「パリ・オペラ座のすべて」

ダンソマニ日本版経由の情報です。(いつもありがとうございます)

マニュエル・ルグリのアデュー公演の様子を収めたドキュメンタリーが、NHKハイビジョンで放映されます。

http://www.nhk.or.jp/bs/genre/docum_7later.html

ハイビジョン特集 ドキュメンタリー 「エトワール 最後の60日」 ~密着 マニュエル・ルグリのバレエ人生~ 8月21日(金) 午後8:00~11:00

ドキュメンタリー「エトワール 最後の60日」 ~密着 マニュエル・ルグリのバレエ人生~ (60分予定)
パリ・オペラ座バレエ団公演「ドン・キホーテ」 (120分予定)

世界屈指のバレエ団、パリ・オペラ座バレエ団のエトワール(最高位のダンサーの称号)マニュエル・ルグリが、今年5月に定年のためパリ・オペラ座を引退した。1963年生まれの45歳、今なお完璧なテクニックと繊細な表現力で圧倒的な存在感を示すルグリは、世界最高峰のダンサーとして、世界中のバレエファンを魅了し続けている。
番組では今年3月から5月15日の引退公演まで、ルグリのオペラ座での最後の日々に密着。過酷なレッスンや若手への指導など、知られざるエトワールの日常を紹介しつつ、全身全霊を込めた引退公演に向けての舞台裏のドラマをつぶさに伝える。さらにルグリ全盛期の映像や、他のトップダンサーたちの証言、ルグリ自身のインタビューを散りばめ、ルグリのバレエ芸術の神髄に迫る。NHKとパリ・オペラ座の共同制作。
またドキュメンタリーに続いてパリ・オペラ座バレエ団公演、マニュエル・ルグリ主演によるバレエ「ドン・キホーテ」をノーカット放送。ルグリ30歳代の輝かしい舞台映像をじっくりとごたんのういただく。

ナレーター 上川隆也


ルグリのアデュー公演にNHKのカメラが入っていたとは聞いていましたが、いよいよ放映されるんですね。おそらく「オネーギン」は権利の関係上、カーテンコールくらいしか出ない気がしますが。NHKとオペラ座の共同制作ということで気合が入っていますね。

しかしハイビジョンの放映なんですね…。うちは一応ハイビジョンは観られるんですが、ハイビジョンが観られない人も多いわけですし、せっかくのNHK共同制作なのだから地上波でも放映してほしいですよね。

7月25日(土)の「Esprit ~エスプリ~ローラン・プティの世界」 (BShi 7月25日(土) 午前9:00~11:30)の放映もあるし、うちのDVDレコーダーもすっかりガタがきているので、そろそろBlu-Ray機を導入しようと思うんですけどね。

*******

パリ・オペラ座関係ではもう一つ、今朝のテレビのワイドショーで試写会の様子が放送されていましたが、フレデリック・ワイズマン監督のドキュメンタリー「パリ・オペラ座のすべて(原題La Danse - Le Ballet de l'Opéra de Paris )」が今年の秋、公開されますよね。

日本のオフィシャルサイト(まだあまり情報はないですが)もアップされていました。

http://www.paris-opera.jp/

キャスト等、もう少し詳しい情報はこちら
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007713

Bunkamuraル・シネマのラインアップ情報
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007713

「パリ・オペラ座のすべて」

今秋公開予定

監督:フレデリック・ワイズマン
出演:マチュー・ガニオ マリ=アニエス・ジロ ニコラ・ル・リッシュほかエトワール総出演!
配給:ショウゲート
2009年/フランス/158分

創立以来、300年以上にわたりバレエ界のトップに君臨し続けるパリ・オペラ座バレエ団。その内部をパリ・オペラ座全面協力のもと、巨匠ワイズマン監督が密着撮影により赤裸々に描きだす。エトワールらトップダンサー達の練習風景・リハーサル・公演はもちろん、経営陣の会議や広報活動、資金集め、また、あまり知られていないパリ・オペラ座自体の秘密にも迫る、豪華かつ驚きに満ちた158分。バレエの殿堂の謎が今、明かされる―。

フランスでの公開も今年の10月7日予定だそうです。試写を観た方の話では、とても素敵なローラン・イレールの姿が拝めるそうです。

« マライン・ラドメイカー主演チューリッヒ・バレエ「Peer Gynt」DVD化 DVD of "Peer Gynt" Marijn Rademaker | トップページ | 新国立劇場「ドン・キホーテ」のプロモーション動画 »

バレエのTV番組」カテゴリの記事

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

もうバレエに関してはNHKさまさま、ですね!!

そう、せっかくの番組、日本全国のバレエファンが見られるように地上波でもやるべきです。
バレエはある特定の人達のものではないと思いますもの。


映画も楽しみですね。これもDVDになるのかな〜

naomiさん こんばんは。
ご無沙汰しています。このところバレエ界でも衝撃的なニュースが多いので、消化に時間がかかってコメント出来ずにいました。
楽しみにしていたのにハイビジョン放映なんですね〜、ハイ、観れません!
これもショックだわ〜shock
ガラの抽選もはずれるし(今回は結構皆さん当たっているようなのに、これは自分でも笑っちゃいます、ルグリ様のバランシン、今一度見たかったわ)もうバレエは見るなってことかしら?
naomiさんのレポートが頼りです!!

はじめまして。
いつも楽しみに拝見させていただいております。これからもどうぞよろしくお願いします。

ずずさん、こんばんは。

NHKはたしか、3つあるBS放送のうち1つを削らなくてはならなくなるそうで、ハイビジョンがなくなる可能性が高くなるとか。そうなったら、バレエの放送も減ってしまうのかしら、と不安になります。

受信料で番組を作っているんだから、受信料払っている人でもデジタルBS契約をしていないと観られないというのはおかしいですよね。皆様のNHKなんだから(でも、こんな貴重な番組を作ってくれているNHKには大感謝なのですが)

クロードさん、こんにちは。

このところ、エフドキモワ、マキシモワ、ピナ・バウシュ、そしてバレエ界ではないけどダンスに縁の深いマイケル・ジャクソンと次々と人が亡くなってしまい、死などについても考え込んでしまうことが多い毎日ですよね。

ガラの一般発売の方は挑戦されましたか?意外と残っていたらしいという話です。クロードさん、たしか祭典会員でいらっしゃいましたよね?それなのに2回目も外れるなんてひどいですねえ。もしかしたら、戻り券などもあるかもしれませんので、NBSに電話して、キャンセル待ちをしてみると言うのも方法かもしれません。
無事観られますように!

Hogawann さん、はじめまして!

ようこそいらっしゃました。今後ともよろしくお願いいたします!またぜひコメントをお寄せくださいね♪

naomiさん、いろいろありがとうございます。
私は今は祭典会員ではないのですよ、NBSの公演はこのところ金曜ソワレ、土日マチネが主で、私は出向けないので。今度の「くるみ割り人形」は土曜ソワレがあるので行く予定ですが(マックレー君が楽しみです!)。
一般売りの日は仕事で、一度はこっそり電話しましたが、つながりませんでした。
と言う訳でSWANN MAGAJZINEを買いに走りますわ!

クロードさん、こんばんは。

そうでしたか…NBSはたしかキャンセル待ちができるはずなので、ダメもとで頼んでおくのも手かもしれませんね。たまにおけぴにも、譲渡が出てきますし。
確かに、土日が仕事の方もけっこういるわけだし、いろいろな曜日での上演をして欲しいですよね。

SWAN MAGAZINEのルグリさんは、とにかく写真が素敵です♪ルグリファンなら絶対買いだと思いますよん。

naomiさん、こんにちは。
貴重なオンエアと映画情報を有難うございます。
私もnaomiさん同様、バレエ鑑賞から遠ざかっていた
時期がありまして、今になって、焦ってルグリを
追いかけています。休眠状態だった時代が恨めしい!

本当に訃報が相次ぎますね。
中でもエフドキモワの死はショックでした。
70年代、ロンドンに住んでいた頃、大ファンだった
ヌレエフの名パートナーとして喝采を浴びていた彼女。
まるで昨日のことのように、二人の姿が蘇ります。
naomiさんのブログを通じて、当時を回顧でき
感謝しています。

naomiさんの名文も毎回楽しみ。
これからもアップよろしくお願いします。

ななぞうさん、こんばんは。

私も休眠状態だった時代が恨めしいです~(でも、それがなかったら、嫁にも行けていなかったかもしれないので)ダンサーはナマモノなので、全盛期が観たかったって人、たくさんいますよね。

実は私も70年代にロンドンに住んでいたんですよ。(この話しましたっけ)母親に連れられてバレエも何回も観に行ったはずなのですが、小さすぎて、何を観たのかもロクに覚えていない始末です。
しかし。エヴァ・エフドキモワの踊りは、今観ても本当に美しくて表現豊かで儚いですね。皆様の思い出ばなしをこうやって分けていただけると、ブログをやっていた甲斐があったと思います。

私は子供時代に海外にいたおかげで、日本語が不得手で国語の成績も悪く、翻訳学校でも、まずは日本語を勉強しましょうといわれたくらいなのですが、でも、なんとか頑張ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マライン・ラドメイカー主演チューリッヒ・バレエ「Peer Gynt」DVD化 DVD of "Peer Gynt" Marijn Rademaker | トップページ | 新国立劇場「ドン・キホーテ」のプロモーション動画 »