2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« NYCBのコール・ド11人解雇と、ピーター・マーティンスの高額報酬 | トップページ | 7/26 NBAバレエ団「ゴールデン・バレエ・コースター ガラ」(その2)Golden Ballet Co-StarGala »

2009/07/27

7/26 NBAバレエ団「ゴールデン・バレエ・コースター ガラ」(その1)Golden Ballet Co-StarGala

いやはや、めちゃめちゃ楽しいガラでした!なぜか私の友人ではこれをパスした人が多かったみたいだけど、見なきゃ損するというくらいのコストパフォーマンスの高さ。先週観た某公演と同じ値段だけど、満足度が全然違う。特に、後半のアシュレー・ボーダーの「アザーダンシズ」、モルドバ国立バレエのクリスティナ・タランティエワの黒鳥、それからトリのコレーラ・バレエのアディアリス・アルメイダとジョゼフ・ガッティのペアによる「ドン・キホーテ」が凄かった!

特にコレーラ・バレエペアのスーパー超絶テクニックには驚愕。ぜひ、コレーラ・バレエの日本公演を実現させて欲しいと思います。

月曜日の公演は、ジョシュア・オファルトが出てこないのがちょっと残念ですが(彼の「レ・ブルジョワ」も面白かった)、気になった方はぜひ行かれることをお勧めします。楽しいガラを観たいと思ったら、きっと満足できると思います。

http://www.nbaballet.org/performance/costargala09.html

ライジング・スターズ
振付:安達哲治 音楽:グノー「ファウスト」より
アクリ瑠嘉、加藤清流、水井駿介、出野佑都、佐野朋太郎、大藤明礼生、井福俊太郎、加藤凌、池内寛人、内堀裕仁、鈴木詠翔、熊谷駿、酒井大、関口啓、三浦丈明、吉田邑那、松野乃知

NBAコンクールのファイナリストの中・高校生の男子ダンサー17人が踊る作品。白タイツに白いシャツ、アクセントに水色のサッシュベルト。年齢も身長も様々で、真ん中を踊っている数人が年長組という雰囲気。アクリ瑠嘉くんは中学生組だと思うし、まだ成長途中で背も大きくないのだけど、やっぱり踊りのアピールポイントを見せるのがうまいなあ、と思う。一昨年の井上バレエ団の「くるみ割り人形」のフリッツが瑠嘉くん、そして去年の「くるみ」のフリッツが加藤清流くんだった。それにしても、最近の若い男の子はプロポーションが良くなってきている、としみじみ思う。

バッハのフーガ
振付:ダビット・ボンバーナ 音楽:バッハ
ヤニーナ・パリエンコ (ボリショイ・バレエ)Yanina Parienko
アレクセイ・コリャーギン (ボリショイ・バレエ)Alexei Koryagin

「カジミールの色」に雰囲気が似た衣装(色は違っていて、女性はフューシャ・ピンクのセパレートのレオタード)で、わりとよくある感じのコンテンポラリーの作品。二人のダンサーは非常に若くて、ともに2008年にボリショイ入団とのこと。アレクセイ・コリャーギンなんて、パンフレットのプロフィールを見たら、1990年生まれとのこと!サラサラの金髪でほっぺたが赤くて、本当に可愛い。ラトマンスキーの「Russian Seasons」の初演キャストに抜擢されている。ヤニーナ・パリエンコもとても可愛らしいダンサー。

サタネラ
振付:プティパ 音楽:プーニ
エフゲーニャ・オブラスツォーワ(マリインスキー・バレエ)Yevgenia Obraztsova
秋元康臣(NBAバレエ団)Yasuomi Akimoto

DVD「オブラスツォーワのヴァリエーション・レッスン」でもお馴染みの演目。それにしても、ジェーニャことオブラスツォーワは砂糖菓子のように可愛い。可愛さで言えば、世界ナンバーワンかもしれない。その上、彼女は可愛いだけじゃなくて、音楽性が素晴らしく、正確なテクニックの持ち主でもある。自分が女性なのに思わずふにゃ~と頬を緩めて可愛いなあ、って見とれてしまう。一方のパートナーの秋元くんも、テクニックは折り紙つきで、小柄だけど基本に忠実でつま先も綺麗だし、ダイナミックな跳躍なども見せてくれてとっても良かったと思う。

眠れる森の美女
振付:プティパ 音楽:チャイコフスキー
オクサーナ・クチュルク(ボルドー・バレエ)Oksana Kuchruk
ロマン・ミハリョフ(ボルドー・バレエ)Roman Mikhalev

先日、ルジマトフ&レニングラード国立バレエ~のガラで、クテポワのオーロラを観た後だと、クチュルクの安定しているオーロラを観るとホッとする。彼女も元はマールイのダンサーだったのよね。初々しさはないのだけど、代わりに風格が出てきて、キラキラしていて位の高いお姫様だった。ミハリョフはちょっと老けたけど、相変わらず素敵で、名前が思い出せないのだけどある二枚目俳優さんに似ている。

レ・ブルジョワ(ブルジョワジー)
振付:コーウェンベルク 音楽:ジャック・ブレルジョシュア・オファルト(パリ・オペラ座バレエ)Joshua Hoffalt
バレエフェスでのフィリップ・バランキエヴィッチや、DVDでのダニール・シムキンでお馴染みの演目。急遽参加のオファルトくんは、オペラ座では「ライモンダ」のベランジェ役や「ラ・フィユ・マル・ガルデ」のコーラスなどで最近活躍が目覚しい若手。白いシャツにネクタイのやさぐれたサラリーマン姿なのだけど、長身で顔が小さいので、実際のところそれほどやさぐれては見えない。タバコを取り出して火をつけようとしてもなかなかつかないところはやっぱり笑える。一度ジャンプしている時に手をついてしまったけど、こういう作品なので、そういう振付なのかも、という気にもなるし。バランキエヴィッチのようにワイルドで大胆不敵、って感じではないけど、オペラ座の人だけあって全体的に踊りが綺麗だし、フィニッシュのポーズも決まった。

スターズ・アンド・ストライプス 
振付:G・バランシン 音楽:ジョン・フィリップ・ソーサ
シャロン・ウェナー(コロラド・バレエ団) Sharon Wehner
久保 紘一 (コロラド・バレエ団)Koichi Kubo

久保さんは小柄でプロポーションは決して良くないのだけど、踊り自体は素晴らしく、基本に忠実ながら音のとり方もバッチリで、年齢的にももう大ベテランだと思うけど、テクニックもピカピカ。ハンディを見事に克服していて、ダイナミックだったりきびきびしていたり。。パートナーのシャロン・ウェナーはこれまたとても可愛らしいダンサーで、久保さんとよく組んでいるとのことで、息もピッタリ。時々ちょっと困ったような顔をするのがまたキュートなのだ。二人とも小さいので、おもちゃの兵隊役には、ぴったり。


(すみません、眠くなってきたので、明日続きを書きます。とにかくコレーラ・バレエの二人が凄かったです!)


アザーダンス(J・ロビンス振付) Ashley Bouder/Simon Joshua Ball
ジゼル  Muriel Zusperreguy/Karl Paquette
村のドンファン Yanina Parienko/Alexei Koryagin
黒鳥(白鳥の湖より) Cristina Terentiev/Alexei Terentiev
ドン・キホーテ Adiarys Almeida/Joseph Gatti
デフィレ・ドゥ・ラ・ダンス(全員)

« NYCBのコール・ド11人解雇と、ピーター・マーティンスの高額報酬 | トップページ | 7/26 NBAバレエ団「ゴールデン・バレエ・コースター ガラ」(その2)Golden Ballet Co-StarGala »

バレエ公演感想2009」カテゴリの記事

コメント

昨日の公演、見ました。
ドンキがすばらしくて、
誰が踊っているか知りたかったので、
こちらを見て、知ることが出来てよかったです。
ありがとうございました。

前評判が高くなかったので軽い気持ちで参加したのですが、後半の盛り上がりには手に汗握りました。
クリスティナ・タランティエワやジョゼフ・ガッティの踊りをnaomiさんがどう表現されるのか、楽しみです♪

naomiさん

またまたご無沙汰してます。
こちらを昨晩拝見し、なんと急遽本日いってまいりました。

行って良かったです。
コレーラ・バレエの2人、今日は海賊を踊り
お客さんの心鷲掴み、声援がすごかったです。
ドンキも凄かったんでしょうね。
いいですねえこの2人。アンヘル来日してほしいですね。

余談ですが、ドリアングレイのジェイソン&クリス観てきましたよ。
超元気でのりのりでした。改めてnaomiさんの以前の記事を
今度読ませていただきます!

金魚さん、こんばんは。

お返事が遅くなり、申し訳ありません!お役に立てて良かったです。
多分、コレーラ・バレエの二人は日本で踊るのは初めてだったと思いますが、見られて本当に良かったですよね。また遠くない将来、日本に来てくれるといいですよね~。

ogawamaさん、こんばんは!
会場ではおにぎりを食べているところを見られてしまって(笑)失礼しました!
なんか時間がなくて、ちょっと流した感想になってしまいましたが、とても楽しめたガラでしたよね。確かに、期待が大きくなかった分、ものすごく得した気分になりましたね!

さるしっちゃーさん、こんばんは。

お役に立てたようでよかったです!月曜日も行きたかったのですが、会社の定時が5時50分なので無理でした…水曜日に「ドン・キホーテ」でバレエのお稽古にいけない分、振り替えてしまっていたし。18時半でもきついのに、平日18時開演ってやめてほしいです~。
コレーラ・バレエの二人の海賊も凄かったでしょうね!また観る機会があればいいなあ。この二人に加えてアンヘルがいて、それにエルマン・コルネホもABTと掛け持ちでいるし、元バーミンガムのイアン・マッケイもいるし、コレーラ・バレエはかなり強力なメンバーですよね。ホント、来て欲しいです。

ドリアン・グレイ行かれたんですね!いいな~。私がちょうどABTを観に行っている頃だったので、無理でした。久しぶりのジェイソンも元気だったんですね!白鳥はどうやら来年来るらしいけど、ドリアン・グレイも持ってきて欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NYCBのコール・ド11人解雇と、ピーター・マーティンスの高額報酬 | トップページ | 7/26 NBAバレエ団「ゴールデン・バレエ・コースター ガラ」(その2)Golden Ballet Co-StarGala »