BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ニーナ・アナニアシヴィリのABTフェアウェルのカテコ映像 Nina's Final Curtain Call | トップページ | シュツットガルト・バレエの北京公演 Stuttgart Ballet in Beijing »

2009/07/20

エトワール最後の60日~マニュエル・ルグリ~地上波でも放映

DVD情報などでいつも大変お世話になっているSide B-allet様からの嬉しい情報です。ありがとうございます!
http://sideballet.com/info/tv.php

また、Ballet Journal Eugéniaのmizukoさんもありがとうございます。
http://eugeniajournal.blog114.fc2.com/blog-entry-399.html

マニュエル・ルグリのアデュー公演までを追ったドキュメンタリー「エトワール最後の60日 ~マニュエル・ルグリ~」が、ハイビジョンだけでなく、地上波でも放映されるという嬉しい情報がありました。


NHK教育テレビ「芸術劇場」
9月18日 22時30分~
エトワール最後の60日 ~マニュエル・ルグリ~
バレエ「ドン・キホーテ」(ハイライト)

http://www.nhk.or.jp/art/


ハイビジョンの放映情報はこちらです。

http://www.nhk.or.jp/bs/genre/docum_7later.html

8月21日(金) 午後8:00~11:00
ハイビジョン特集 ドキュメンタリー 
ドキュメンタリー「エトワール 最後の60日」 ~密着 マニュエル・ルグリのバレエ人生~
パリ・オペラ座バレエ団公演「ドン・キホーテ」 (120分予定)


※放送時間の変更などがある可能性がありますので、必ず番組ガイドや公式サイトでご確認くださいね。

こちらのエントリもご参照ください。
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2009/07/manuel-legris-a.html

« ニーナ・アナニアシヴィリのABTフェアウェルのカテコ映像 Nina's Final Curtain Call | トップページ | シュツットガルト・バレエの北京公演 Stuttgart Ballet in Beijing »

バレエのTV番組」カテゴリの記事

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

嬉しい情報ありがとうごさいます。うちではハイビジョンなんてもちろん見れません。それどころか録画は未だにビデオに頼っている状況です(一応テレビはデジタルなんですが)。誰かにDVDへの録画をお願いしなくっちゃ。(^^;

結局、私の方は世界バレエに備えて6、7月はバレエ鑑賞は一切なしでした。ルジマトフとレ二国にはかなり心惹かれますが、現在体調不良で行けそうもありません。29日は帰省のため、世界バレエは2日から参戦です。今回はぜひご挨拶させてくださいね。

あと、来年の夏はボリショイ・マリインスキー合同ガラ以外に目ぼしい公演がないとのことですが、予定ではエトワール・ガラ(ルグリの参加を願います!)があるのでは?そうすると来年の夏も結構金欠になってしまいそうだけど(ロイヤルの祭典枠は2演目だけだし)。

peluさん、こんにちは。

ハイビジョンだと観られる人が限られるだけでなく、DVDに録画する際も制限があって厄介なんですよね。私のDVDレコーダーはダビング9にも対応していないし、デジタル放送はDVD-RAMにしかムーヴできないので、メディア代が高い上、再生できる機会も限られてしまって不便なのです。

バレエフェスのAプロは私は1日なのですよね。

そうそう、エトワール・ガラは私も思い出したんですが、まだプロモーターから正式な発表がないもので。エルヴェ・モローが怪我が多かったり、誰が出るのか不確定な感じですよね。前回はチケット代が比較的お財布に優しかった気がしますが、今度はどうかしら?
ボリショイ・マリインスキー・ガラは、チケット代高かったんですよね。前回みたいに、単なるパ・ド・ドゥ集だったらいまいち魅力に欠ける感じで、考えてしまいます。

持っていない私が言うのもなんですが、デジタル録画はもう少し使い勝手が良くなって欲しいですよね。

バレエフェスのBプロは土日、ドンキ以外の全幕とガラ、ベジャールも押さえていますので、どこかでお目にかかれるでしょう。

モローはまだ一度も生で見たことがないんですよ。シルヴィア・アッツォーニが来年日本に来る予定があると言っていたので、たぶんエトワール・ガラのことだと思うんですけど。この不景気だとスポンサーが付かなくて、キャンセルになる公演もあるでしょうね。フジテレビ主催の公演は、どうもチケット代が「高い」「安い」を交互に繰り返しているような気がします。

合同ガラに関しては同感です。準備が大変なのはわかりますが、コールドをつけるとか、ボリショイとマリンスキーのダンサーを一緒に躍らせるとか、このバレエ団にしかないレパートリーを上演するとかしてくれないと、パ・ド・ドゥだけだと単調ですよね。

naomiさん、本当に嬉しいニュース、ありがとうございます!
友人に録画を頼んではいるものの、焼いてもらっても見れるかどうかわからないので、地上波放送はありがたいです。こうなったら気長に待ちますわ。
バレエフェス、ずっと先のことだと思っていましたが、もう目前ですね!
ガラには結局行けませんが貴重な舞台、楽しみです。

peluさん、こんばんは。

バレエフェス、Bプロは私も土日ですし、全幕もベジャールプロ以外には行きますのでまた近くなったら連絡しますね。

モローはルグリガラやエトワールガラなどを怪我でキャンセルしているので、なかなか日本で観ることが叶わないダンサーですよね。これ以上怪我はしないで欲しいです、ホントに。

シルヴィア・アッツォーニはたぶんエトワールガラでしょうね。そうするともちろんアレクサンドル・リアブコもついてくるでしょうし、主催のペッシュも来るし。エトワール・ガラはルグリ以外は比較的若手のダンサーが多いので、お値段は抑え目になっていたんだと思います。

そうそう、本当に合同ガラは、今度こそはペアのシャッフルとか、1幕モノとか、一緒に出演しているからこそできる企画を実現して欲しいです。不景気で観客の財布の紐も固くなっていると思うので、値段に見合わないものはお客さんの動員も厳しいと思うんですよね。

クロードさん、こんばんは。

本当に地上波で放映されることになってよかった!です。一応うちはハイビジョンは観られますが、そういうわけで何かと不便なんですよね。アナログテレビ放送は2011年7月に終了するということで、そうすると全部デジタルになっちゃうんですが、本当に困ります。うちのテレビもアナログのも使っているし、今後DVD-Rに焼けなくなるとお金がかかって困ります。

気がつけばもう来週からバレエフェスですね。体力が続くか、仕事の兼ね合いもあり不安ですが頑張ります~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニーナ・アナニアシヴィリのABTフェアウェルのカテコ映像 Nina's Final Curtain Call | トップページ | シュツットガルト・バレエの北京公演 Stuttgart Ballet in Beijing »