BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« DVD「ザハーロワ/ロパートキナ」~ロシア・バレエの新たな伝説~Zakharova and Lopatkina | トップページ | 5/3 パリ・オペラ座「オネーギン」ONEGUINE Paris Opera Ballet Part1 »

2009/06/11

レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)冬公演 The Mikhailovsky Ballet Japan Tour

光藍社さんからのDMが来ていて、今年12月~1月にかけてのレニングラード国立バレエ引越し公演のお知らせが載っていました。

なんといっても、目玉は、ファルフ・ルジマトフ主演の「バヤデルカ」!古典作品はもう踊らないと思っていたので、嬉しい驚きですね。「バヤデルカ」全幕を踊るのは今回が最後になるとのことです。最後と聞くと寂しいですが、いつかはそのような日が来てしまうということで、最後に日本のファンの前に雄姿を見せてくださるのは嬉しいことです。

そして、今回でレニングラード国立バレエは20回目の引越し公演となるそうです。

2009年12月19日(土) 12:30 くるみ割り人形 ロマチェンコワ/プローム 東京国際フォーラムホールA
2009年12月19日(土) 16:30 くるみ割り人形 シェスタコワ/シヴァコフ 東京国際フォーラムホールA
2009年12月20日(日) 12:30 くるみ割り人形 ヤパーロワ/ヤフニューク 東京国際フォーラムホールA
2009年12月23日(水・祝) 11:00 くるみ割り人形 ロマチェンコワ/プローム 東京国際フォーラムホールA
2009年12月25日(金) 15:00 くるみ割り人形 ヤパーロワ/ヤフニューク オーチャードホール
2010年1月2日(土) 15:00 新春特別バレエ  ロマチェンコワ/ペレン/ヤパーロワ/プローム/コリパエフ/ヤフニューク 東京国際フォーラムホールA
2010年1月3日(日) 12:00 白鳥の湖 コシェレワ/コリパエフ 東京国際フォーラムホールA
2010年1月3日(日) 16:30 白鳥の湖 シェスタコワ/プハチョフ 東京国際フォーラムホールA
2010年1月4日(月) 12:00 白鳥の湖 ペレン/ヤフニューク 東京国際フォーラムホールA
2010年1月6日(水) 18:30 バヤデルカ ペレン/ルジマトフ オーチャードホール
2010年1月8日(金) 18:30 バヤデルカ ペレン/ルジマトフ オーチャードホール
2010年1月10日(日) 17:00 スペシャル・ガラ  オーチャードホール
2010年1月16日(土) 17:00 眠りの森の美女  ペレン/コリパエフ オーチャードホール
2010年1月17日(日) 13:00 眠りの森の美女 シェスタコワ/ヤフニューク オーチャードホール

年末の予定が開いているのは、地方公演か近郊での公演が入るって事なのかしら?

予定ソリストは、ファルフ・ルジマトフ、オクサーナ・シェスタコワ、イリーナ・ペレン、エカテリーナ・ボルチェンコ、イリーナ・コシェレワ、アナスタシア・ロマチェンコワ、サビーナ・ヤパーロワ、アルチョム・プハチョフ、ミハイル・シヴァコフ、アンドレイ・ヤフニューク、ニコライ・コリパエフ、アントン・プローム、マラト・シュミウノフ、他となっています。
今回は、イーゴリ・コールプの客演はないようですね。

「レニングラード国立バレエ スペシャル・ガラ」の内容は、
「パキータ」、「騎兵隊の休息」、「アルビノーニのアダージオ」(ルジマトフ出演)、「海賊」、「トンボ」(新作、ドリゴ作曲、ゴルスキー振付)、「チッポリーノ」より(新作、ハチャトゥリアン作曲、マイヨーロフ振付)、「スパルタクス」より、「春の水」。


今回のDMでは、セット券のみの売り出しということで、

A 「全6作品スペシャルセット」
B 「とことん!ルジマトフセット」(バヤデルカ2回+スペシャル・ガラ」
C 「みんなでルジマトフ・セット」(バヤデルカとスペシャル・ガラのペア券)
D 「バヤデルカ・セット」(バヤデルカのペア券)
E 「チャイコフスキー・セット」(チャイコフスキー3大バレエを1回ずつ観られる)

が先行発売されます。相変わらずネーミングセンスが抜群ですね。

以上、6月1日現在の情報とのことです。まだ光藍社さんのサイトには記載はありません。
6/11追記
スケジュールが光藍社のサイトにも載りました。

http://www.koransha.com/ballet/leningrad_ballet2009-10/index.html

シェスタコワの出番が少ないかな?あとタチアナ・ミリツェワ、エレーナ・コチュビラの名前がないのが気になるところです。「バヤデルカ」のガムザッティは、シェスタコワになるのかしら?色々と気になりますね。

*********
この来日公演にも出演予定のニコライ・コリパエフは、ブログを始められたようですね。6月12日に「ロミオとジュリエット」で共演する、サンフランシスコ・バレエのマリア・コチェトコワのブログから紹介がありました。

http://www.korypaev.blogspot.com/

« DVD「ザハーロワ/ロパートキナ」~ロシア・バレエの新たな伝説~Zakharova and Lopatkina | トップページ | 5/3 パリ・オペラ座「オネーギン」ONEGUINE Paris Opera Ballet Part1 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

あ〜嬉しい、嬉しいsun

何はなくとも暮れと正月はレニ国heart01


滞在日数も例年通り約1ヶ月いてくれる〜〜
三大バレエが1日になっちゃったんですね。

ルジxペレンのバヤデルカ、もう一度見たかったんです。
おじさん(ファンの方ほんとに失礼。お許しをm(_ _)m)相手にしら〜っと踊るあのペレンなぜか好きhappy01
て、ことはタコちゃんのガムザ期待していいのかしら?heart02

全幕は定番ですけど、ガラは新作があるんですね。これも楽しみです。


ほんとネーミングhappy01good

うちはなぜかいつも1日遅れで来るので今日当たり届いているかな?

もう少し言い方に気をつけられてはいかがですか。(ファンの方には失礼)などとおっしゃるくらいなら、そのような表現はなさらないでください。小さな事で目くじらたてている、とおっしゃらないでけださいね。

ずずさん、こんにちは!

そうそう、毎年年末年始にマールイが来てくれるのは本当に嬉しいですよね!そしてルジマトフのバヤデルカは本当に貴重な機会!私はペレンのニキヤをまだ観たことがないんですよ。あの綺麗なペレンの渾身の演技、観たいです~。ルジマトフのソロルも本当に素敵ですしね!シェスタコワのガムザッティも観たことがないから、観たいです!

ルジマトフのファンさん、こんにちは。

私もよく不用意な書き方をしてしまうので、もしそういうことがあったら本当にごめんなさい。気をつけたいとお思います。お互い、気持ちよくコミュニケーションできることを心がけたいですね。感じ方は人それぞれだと思うのですが…。ルジマトフは今でもとても美しく素敵だと私は思いますよ!

ルジマトフファンさん、

お気を悪くされたようで申し訳ないです。
ただわたしは愛着を持って言ったので悪気はないです。
かえって括弧内を補足したのが良くなかったですね。
すみませんでした。


naomiさん、
コメント消して下さって結構ですよ。
嫌な思いをさせて本当に申し訳なかったです。

ずずさん、こんばんは。

ずずさんがマールイのダンサーのことが大好きで、そのマールイの芸術監督も務めているルジマトフのことも好きなのは私はよくわかっているから、大丈夫ですよ♪
インターネットって難しいですよね、文字だけだと真意が伝わらないことがあって。私も失敗ばかりしています。

ニコライのブログの情報ありがとうございます!

ミリツェワとコチュビラの名前がないのが少し気がかりでずが、
冬が待ち遠しいですね。

わたしはペレンの持ち役の中ではニキヤが一番好きでした。
(今はライモンダかなあ)
ルジマトフ、ペレン、シェスタコワの黄金トリオでの再演が楽しみです。まだガムザッティ役は発表されていませんが、是非シェスタコワにしていただきたいです。(予想ではシェスタコワとコシェレワのダブルキャストなのかなあと)彼女のガムザッティは最高なんですよ!

naomiさんはじめまして
何時も楽しくブログを拝見させて頂いてます。
はじめてのコメントで、突然で恐縮なのですが、
是非ともアドバイスを頂きたくコメントさせて頂きます。
オーチャードはどの位置で鑑賞したら良いのでしょうか?
レニ国ファンでルジマトフさんファンでシェスタコワさんの
ガムザッティが大好きな私なのですが、
バレエはオーチャードとフォーラムAで鑑賞するものでないと
思い避けてきたのです。何度か失敗したので・・
今回、ルジマトフさん最後のバヤデルカを是非とも堪能したく
頭を悩ませてます。
あと、先行予約で備考に座席の希望等を書いた場合
どの程度聞き入れられるのでしょうか?
突然で申し訳ないのですが、宜しくお願い致します。

おロシア人さん、こんばんは。

マールイのバヤデルカって、私は今までシェスタコワのニキヤばかり見てきていて、ペレンのを見ていないんですよね。ガムザッティはエフセーエワとステパノワだし。今回のバヤデルカは絶対に観たいです。平日だからちょっと厳しいけど、オーチャードはまだ職場からも近いので。
コシェレワのガムザッティもきっと素敵でしょうね~マールイは、ちゃんとガムザッティに主役クラスを投入してくれるところが素晴らしい!このキャストだったら両日みたいから、ガムザッティのキャストも発表してくれないかしら?

冬の星座さん、はじめまして!ようこそいらっしゃいました。

そう、マールイの公演はフォーラムAとオーチャードが多いんですよね、困ったことに。オーチャードは本当に難しい劇場です。席の好みもあるかと思いますが、一番ストレスがたまらなくてよく見える席は、2階バルコニー(真横向きではなく、R2とかL2以降)だと思います(LとかRとか)。ここはオーチャードでは人気のある席じゃないかな。距離は、RやLの2列で1階席の16、7列目相当だと思います。そして、S席なんですよね。

オーチャードは、1階席は9列目まではまったく段差がなく、その上、ポアントの先が見えません。マールイの場合はオーケストラが入るので、一番前は6列あたりだと思いますが、そこでもポアントの先は見えないと思います。そして、段差がないため、前の人の頭が視界に入ってしまうので、前方が好きな方でも、10列目以降がおすすめです。それから、千鳥配置になっていないため、センターより、サイドのブロックの方が見えやすいと思います。
多少遠くても全体が見えたほうがいい、という好みだったら、通路より後ろでもいいと思います。(25列目くらいまでだったら、私はOKですね)

それから、席の指定ですが、光藍社さんのDM会員だったら、比較的希望を聞いてくれると思います(今までの経験上)。DM会員になっていない場合には、電話してDMを送ってもらうと良いと思います。DM会員が席が最優先なので。私はBunkamuraのチケットメイト会員なので、Bumkamuraチケットセンターで取ることもありますが、ここは細かく席の指定ができます。意外と穴場だと思います。

ルジマトフ主演日は、オーチャードホールでも最前列から埋まると思うんですけどね。

naomiさんご親切に有難う御座います。
光藍社さんのDM会員です。うっかりしてました!質問するのに先行予約としか書いてなかたたですね。そして自分の好みも書き忘れてたのに色々と詳しい説明有難う御座います。基本的に前方が好きなのです。汗が見えるぐらいの臨場感が大好きなのです。東京文化会館なら普通に申し込みしても問題ないのですが・・オーチャードの2階バルコニーは盲点でした。1階なら10列目以降のサイドですね!とても参考になりました。本当にご親切に有難うございました。
シェスタコワさんのガムザティは本当に素晴らしいですよ!そしてコショレワさんなら有りかも!私も見れる事を楽しみにしてます。

冬の星座さん、こんばんは。

前方が好きでしたら、オーチャードだったら10列~14列あたりのサイドブロックが良いと思います。オーケストラが入るので、10列だったら舞台の上も近く感じられるはずです!見切れてもかまわないということでしたら、2階のL1列(真横向きの席、A席)という選択もありでしょうね。けっこう面白い席です。

私もこの「バヤデルカ」は見逃せないと思っているので、チケットを取る算段をつけなくちゃいけません。

naomiさん、こんばんは。
本日、光藍社さんから無事に振込票が届きました。無事に鑑賞出来そうです。今から冬公演が待ち遠しいです♪まだ、夏公演すら見てもいないのに!
naomiさん本当にご助言有難う御座いました。2階のL1列も面白そうな席ですね!今度、何かの機会に試してみたくなりました。これで、オーチャードも攻略?色々な公演でチャレンジ出来そうです。

何時も、興味深い記事楽しみにしてます。週末中心ですが、お邪魔させて頂きたく思います。今後とも宜しくお願いします。


冬の星座さん、こんにちは。

無事に希望の席が確保できましたか!良かったです~。私も悩んだ末、友達と「みんなでルジマトフセット」を申し込みました。まだ振込票は来ていませんが、光藍社さんはいつも仕事が早いので週明けにでも来ることでしょう。

2階L1列は、見切れることを承知の上で観に行くと、舞台の真上みたいなところで結構楽しめますよ~。同じ演目を複数回リピートする時にはいいかもしれませんね。

また今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD「ザハーロワ/ロパートキナ」~ロシア・バレエの新たな伝説~Zakharova and Lopatkina | トップページ | 5/3 パリ・オペラ座「オネーギン」ONEGUINE Paris Opera Ballet Part1 »