最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ABT・ラトマンスキーの新作「On the Dnieper」/ダニール・シムキンが「放蕩息子」に | トップページ | 白鳥の湖 SWAN LAKE 新国立劇場バレエ団オフィシャルDVD BOOKS New National Ballet Theatre »

2009/06/04

ハンブルク・バレエ「バレエ・リュスへのオマージュ」ニュース映像 Hamburg Ballett"Hommage aux Ballett Russes".

6月28日に、ハンブルク・バレエで「バレエ・リュスへのオマージュ」のプレミアが行われます。

「アルミードの館」(ノイマイヤー振付)、「放蕩息子」(バランシン振付)そして「春の祭典」(ニジンスキー振付)の3作品が、ハンブルク・バレエでの初演となります。まだキャスト等は決まっていないようです。
http://www.hamburgballett.de/e/index.htm

このプレミアについてのYouTube上のニュース番組映像を、Facebookのハンブルク・バレエオフィシャルコミュニティとTwitterで紹介しているので、ここでも映像を紹介して差し支えないものとして、ご紹介します

「ニジンスキー」の舞台映像、ノイマイヤーが集めたニジンスキーによる絵画をはじめとするニジンスキー・コレクション「Vaslav Nijinsky's Eye」展示の様子、「人魚姫」のリハーサル(あの人魚姫の長い袴を着けたエレーヌ・ブシェが出演)、シルヴィア・アッツオーニのインタビュー、そしてバレエ学校のレッスンの様子が紹介されています。ドイツ語は全然わからないのですが、すごく興味深い番組です。

******
Twitterネタでもう一つ。今年の世界バレエフェスティバルで、ダニール・シムキンと「ドン・キホーテ」に主演するマリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ)。彼女のTwitterとブログの情報によると、6月6日にモスクワで「ドン・キホーテ」、そして6月12日にはミハイロフスキー劇場(レニングラード国立バレエ)で「ロミオとジュリエット」に出演するそうです。

ジュリエット役については、今月のダンス・マガジンにも登場したアラ・オシペンコの指導を受けているとのこと。

http://www.mariakochetkova.com/2009/06/romeo-juliet-in-st-petersburg.html

ミハイロフスキー劇場のトップにも、彼女の客演についてのニュースが書いてありますね。当日のキャストはこちら
http://www.mikhailovsky.ru/en/afisha/shows.html?date=2009-06-12

ロミオ役は、ニコライ・コリパエフです。ミハイロフスキー劇場のサイトによると、マリアはジュリエットを踊るのが夢だったとありますので、この役を踊ること自体初めてのようですね。

最近はいろいろなメディアを使って、バレエ団やダンサーが情報発信をしていますね!

« ABT・ラトマンスキーの新作「On the Dnieper」/ダニール・シムキンが「放蕩息子」に | トップページ | 白鳥の湖 SWAN LAKE 新国立劇場バレエ団オフィシャルDVD BOOKS New National Ballet Theatre »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ABT・ラトマンスキーの新作「On the Dnieper」/ダニール・シムキンが「放蕩息子」に | トップページ | 白鳥の湖 SWAN LAKE 新国立劇場バレエ団オフィシャルDVD BOOKS New National Ballet Theatre »