BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« DVD「マラーホフのプレミアム・レッスン2『白鳥の湖』 Malakhov's Premium Lesson Swan Lake | トップページ | ENBのバレエ・リュス・プログラムと「アポロ」の衣装 ENB Ballet Russes Tribute »

2009/06/18

CHANELとハンブルク・バレエのバレエ・リュスコラボレーション Chanel and Hamburg Ballet Fashion Shooting

今年はバレエ・リュス100周年、ということで、バレエ・リュスと縁が深いCHANELは、ENBの「瀕死の白鳥」の衣装に続き、今度はハンブルク・バレエとコラボレーションしました。

ドイツのファッション誌Brigitteで、カール・ラガーフェルドがデザインしたシャネルのモードを、ハンブルク・バレエのエレーヌ・ブシェとシルヴィア・アッツオーニが着用し、フォトセッションの様子が雑誌のサイトで紹介されています。カール・ラガーフェルドのコレクション“Paris Moscow” は、シャネルのロシアの伝統を受け継いだものです。

http://www.brigitte.de/luxus/mode/chanel-mode-ballett-1023853/

ここではグラビアの撮影風景と、エレーヌ・ブシェ、シルヴィア・アッツオーニのインタビューの動画を見ることができます。撮影風景の写真スライドショーも。エレーヌとシルヴィアは英語でインタビューに答えています。エレーヌの髪に挿した飾りは、シャネルの代表的なモチーフ、カメリアです。毛皮の帽子やビーズの刺繍などのロシア風モチーフが素敵ですね。エレーヌがスライドショーの中で着用しているドレスの刺繍には130時間も要しており、手袋にまで金糸の華麗な刺繍が施されています。

このサイトの記事によれば、ココ・シャネルとロシアの縁は、一人のロシア人Dimitri Pawlowitschとの恋愛から始まったとのこと。この人は、ニコライ2世の従兄弟で、ロシア革命を逃れてフランスへと渡った貴族の一人だったそうです。シャネルがロシア風の上着や毛皮にインスピレーションを得たコレクションは、大成功を収めました。「私はロシア人に魅せられていました」と後年彼女は述懐しています。

そして、作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーとのロマンスもありました。ココ・シャネルは、ストラヴィンスキーが奢ったウォッカを飲み干して失神したことから、始まったそうです。ストラヴィンスキーは、彼女の別荘でいくつもの夏を過ごし、そしてバレエ・リュスとの縁もここから始まりました。シャネルは、ディアギレフのバレエ・リュスに多額の寄付をしただけでなく、1924年の「青列車」の衣装デザインも行いました。

バレエ・リュスが、バレエにとどまらずファッション、音楽、美術も超一流の人々が参加していたムーヴメントであったことをうかがい知ることができます。日本ではバレエ・リュス100周年なんてまるでなかったかのような扱いですよね…。

ハンブルク・バレエのブログの方にも、撮影の様子がアップされています。
http://www.hamburgballett-blog.de/hamburg_ballett/2009/04/karl-lagerfeld-und-der-geist-der-ballets-russes.html

« DVD「マラーホフのプレミアム・レッスン2『白鳥の湖』 Malakhov's Premium Lesson Swan Lake | トップページ | ENBのバレエ・リュス・プログラムと「アポロ」の衣装 ENB Ballet Russes Tribute »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD「マラーホフのプレミアム・レッスン2『白鳥の湖』 Malakhov's Premium Lesson Swan Lake | トップページ | ENBのバレエ・リュス・プログラムと「アポロ」の衣装 ENB Ballet Russes Tribute »