2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 11月 コジョカル&マックレー、東京バレエ団「くるみ割り人形」 Cojocaru & McRae in Tokyo Ballet's Nutcracker | トップページ | シュツットガルト・バレエ「じゃじゃ馬ならし」と「オルフェオとエウリディーチェ」のキャスト Der Widerspenstigen Zähmung & Orphée et Euridice »

2009/06/25

ホセ・カレーニョが2011年にABTを引退 Jose Manuel Carreño announces retirement from ABT in 2011

ダンソマニ日本版さま(いつもありがとうございます)経由のニュースです。

現在新国立劇場の「コッペリア」公演で来日中のホセ・カレーニョ。彼が東京でのインタビューで、2011年にABTを引退すると表明したとの記事が、Danza Balletに出ています。

http://www.danzaballet.com/modules.php?name=News&file=article&sid=2982

2011年以降も、ホセはダンサーとしての活動は続けますが、小品中心となり、古典全幕は踊らなくなるとのこと。たびたび指導者としても来日しており、今後もバレエの教師となる可能性が高いとのことです。

カレーニョは、新国立でのゲスト出演の後は、日本に残り、7月12日には名古屋での公演に出演するそうです。そしてもちろん、8月は世界バレエフェスティバルに出演します。

********
ホセ・カレーニョは世界バレエフェスティバルの常連でもあったし、ABTの来日公演や東京バレエ団へのゲスト出演などで、日本でもすっかりお馴染みのダンサーですよね。その彼が2年後とはいえ、ABT引退とは、時の流れを感じます。去年のABTの来日公演でも、いくつかの出演をキャンセルしたものの、美しいピルエット、安定したサポートで気品溢れるパフォーマンスを見せてくれました。2007年の「ダンシング・フォー・エイズ・オーファンズ」公演で、スージン・カンと踊った「ジゼル」の2幕のパ・ド・ドゥは本当に感動的でした。また、世界バレエフェスティバルのガラ公演での華麗なポアントワークとユーモア溢れるノリノリの演技も、忘れがたいものがあります。

今週末には、ニーナ・アナニアシヴィリのABT引退公演も行われます。世代交代の時期が来ているのですね。もしかしたら、世界バレエフェスティバルへの彼の出演も、今回が最後になるのかもしれませんね。

とりあえず、28日のタマラ・ロホとの「コッペリア」を楽しみにします。(26日の初日は売ってしまいました)

« 11月 コジョカル&マックレー、東京バレエ団「くるみ割り人形」 Cojocaru & McRae in Tokyo Ballet's Nutcracker | トップページ | シュツットガルト・バレエ「じゃじゃ馬ならし」と「オルフェオとエウリディーチェ」のキャスト Der Widerspenstigen Zähmung & Orphée et Euridice »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

28日、コッペリア楽しみです。私もホセとタマラの日にいきます!

buminekoさん、こんにちは。

28日にホセとタマラの「コッペリア」ご覧になるのですね!私と同じ回ですね~。1階席の前の方にいます。タマラ・ロホは先日の「ESPRIT」公演でもわかるように、プティ作品が得意とのことなので、とても楽しみです!

(´;ω;`)ウウ・・・そうなんですか?ABT引退ですか。彼の踊りを見るチャンスが減るのでしょうね。今日と日曜日のコッペリア、しっかり見届けたいと思います。

隣のハミーさん、こんばんは。

カレーニョさん、マラーホフと同じ年なので今年41歳なのですよね。たしかにちょっと衰えてきたって感じはしますが、でもいつでも本当にエレガントで貴公子な雰囲気は素敵ですよね。今日の公演はいかがでしたか?
ギエム、吉田都さん、マラーホフ、ニーナ、ルグリと40代前半のスターが少しずつ古典バレエでのキャリアの終盤に向かっている感じがしてきて、寂しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月 コジョカル&マックレー、東京バレエ団「くるみ割り人形」 Cojocaru & McRae in Tokyo Ballet's Nutcracker | トップページ | シュツットガルト・バレエ「じゃじゃ馬ならし」と「オルフェオとエウリディーチェ」のキャスト Der Widerspenstigen Zähmung & Orphée et Euridice »