2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 5/13放送 TBS系「クメピポ!絶対あいたい1001人」草刈民代さん | トップページ | マラーホフ主演、ビゴンゼッティ振付「カラヴァッジオ」DVD化!/Bigonzetti: Caravaggio »

2009/05/15

ABTのMETシーズンオープニングガラ(ミシェル・オバマが出席)/NYCBでイリ・ブベニチェクの新作TOCCATA上演

ABTのMETシーズンは5月18日のオープニングガラから始まります。

ABTのオフィシャルサイトにリリースが載っていましたが、今最も時の人である、ファースト・レディのミシェル・オバマがこのオープニングガラに出席する予定だそうです。オバマ大統領夫妻は、ABTのオープニングガラの名誉会長とのこと。

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=266

以前リンカーンセンターのバックステージツアーに参加した時、説明員の人がクリントン大統領夫妻は大統領の頃からよく観に来ていたと言っていました。ジョージ・ブッシュは見たこともないけれども、とも。

ABTのオープニング・ガラは、ABTの最有力パトロンであるロバート・デ・ニーロ夫妻や、イザベラ・ロッセリーニ他各界のセレブレティがドレスアップして集まることで知られています。上記リリースにもあるように、ガラの後のディナーパーティは、1500ドルから2500ドルもするというお高いものですが、ミシェル・オバマを見ることができるんですね。いつもとてもお洒落な彼女の、このガラでの姿はきっと世界中で報道されることでしょう。

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=265

上演される演目は以下の通りです。

Mon. Eve., May 18, 6:30 PM OPENING NIGHT GALA
MOZARTIANA (Preghiera) – Part
LA SYLPHIDE, Act II (Excerpt) – Reyes, Cornejo
TCHAIKOVSKY PAS DE DEUX – Murphy, Stiefel
PIÈCE D’OCCASION (World Premiere) - Ananiashvili
SYLVIA (Hunt Scene) – Wiles
SWAN LAKE, Act II Pas de Deux – Herrera, Beloserkosky
PROCESSION “Le Defilé” - JKO School
LE CORSAIRE Pas de Trois – Dvorovenko, Hallberg, Corella
HERBIE HANCOCK – Carreño
ROMEO AND JULIET (Balcony Scene) – Vishneva, Gomes
THEME AND VARIATIONS (Finale) – Lane, Simkin

今年のMETシーズンを最後にABTを引退するニーナ・アナニアシヴィリは、アレクセイ・ラトマンスキーが彼女のために振付けた新作を踊ります。また、ハービー・ハンコックの演奏をバックにホセ・カレーニョが踊るんですね。イーサン・スティーフェルとジリアン・マーフィの「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」、ディアナ・ヴィシニョーワとマルセロ・ゴメスの「ロミオとジュリエット」バルコニー・シーン、イリーナ・ドヴォロヴェンコ、デヴィッド・ホールバーグ、そしてアンヘル・コレーラの「海賊」パ・ド・トロワ、ダニール・シムキンとサラ・レーンの「テーマとヴァリエーション」など、魅力的なプログラムが並んでいます。

19日からはバランシンとチャイコフスキープログラムということで、「アレグロ・ブリランテ」、「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」、「モーツァルティアーナ」、「テーマとヴァリエーション」が上演されます。26日からは「海賊」です。

ニーナ・アナニアシヴィリは「モーツァルティアーナ」と、「海賊」のメドーラ役で2回ずつ踊るんですね。もうニーナをABTで観られなくなってしまうと思うと寂しいです。
ニーナの2回目、5月30日ソワレの海賊のキャストの豪華なこと!
Sat. Eve., May 30, 8 P.M. LE CORSAIRE - Ananiashvili, Gomes, Riccetto, Simkin, Carreño, Lopez
きっと盛り上がることでしょう。

バランシン・プロと「海賊」のキャストを見ると、確実にABTには世代交代の波が押し寄せてきているのを感じます。今まで活躍してきたキラ星のようなスターたちが、引退したり、自分のカンパニーを持つようになって出番が減ったりで、正直新しい人たちはまだまだかな、って思います。

加治屋百合子さんが、「テーマとヴァリエーション」や「海賊」のギュリナーラ役で活躍しているのは嬉しいですね。加治屋さんはバランシンはあまり向いていないのではないか、とBallet Talkのフォーラムでは指摘されていましたが、今回はそんな評判を吹き飛ばせますように。

私は一応7月の「ロミオとジュリエット」に行く予定で、2枚だけチケット(と特典航空券)を押さえているのですが、果たして本当にその時期に行けることやら。勤め先の会社でも、新型インフルエンザの海外流行に伴い、感染地域への旅行自粛例が出ているんです。

***
一足先に、NYCBのスプリング・ガラが5月13日に開催されました。
http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2602532/4151138

「SEX & THE CITY」のサラ・ジェシカ・パーカーがスクール・オブ・アメリカン・バレエに在籍していてバレリーナを目指していたという話は有名だと思うのですが、この「SEX & THE CITY」の原作者キャンディス・ブシュネルがNYCBのプリンシパル、チャールズ・アスケガードと結婚していたとは知りませんでした。他にもヴァネッサ・ウィリアムズやエドワード・ノートンらが出席したそうです。

そしてこのNYCBのスプリング・ガラで、イリ・ブベニチェク(ドレスデン・バレエ)が振り付けた新作Toccataが上演されました。この作品、音楽はイリの双子の弟オットー・ブベニチェク(ハンブルク・バレエ)が作曲しています。7人のダンサーと、4人の演奏者(2台のピアノ、チェロとヴァイオリン)が舞台に上っている、アブストラクト作品とのことです。

早速、New York Timesで評と写真が載っていますが、抽象的な作品でありながら、動きの中にドラマを表現できていると、とても好評のようですね。音楽もとても良いようです。
http://www.nytimes.com/2009/05/15/arts/dance/15gala.html

ここのブログで写真が少しと、もう少し詳しい感想を読むことができます。この日は、ベンジャミン・ミルピエの新作も上演されたんですよね。
http://www.tonyaplank.com/swan_lake_samba_girl/2009/05/14/two-world-premieres-quasi-una-fantasia-and-toccata-at-new-york-city-ballet-gala/

もう一つブログでのレビューを紹介(この二つのブログは、アメリカでのバレエの動向を追いかけるのにとてもいいです)
http://oberon481.typepad.com/oberons_grove/2009/05/toccata-ii-firebird-debuts.html

追記:イリ・ブベニチェクは、オットーとともに「Bubeníček & Friends」というガラをプラハ国立劇場で行います。他に、シュツットガルト・バレエのブリジット・ブライナーを始め、ドレスデン・バレエ、チューリッヒ・バレエらのダンサーが参加します。
http://www.praguepost.com/night-and-day/stage/1299-seeing-double.html
この記事には、彼らの写真とインタビューが掲載されています。イリの振付活動、オットーの音楽や映画制作の活動もとても活発で、ともに多忙な日々を送っているようですね。

« 5/13放送 TBS系「クメピポ!絶対あいたい1001人」草刈民代さん | トップページ | マラーホフ主演、ビゴンゼッティ振付「カラヴァッジオ」DVD化!/Bigonzetti: Caravaggio »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

たしかに世代交代って感じでなんだか寂しいですね。。
アンヘルは「ロミオとジュリエット」には出ないようだし。
今までロミジュリの公演がある時は必ず出演していた印象があるので、出ないということで本当にABTから離れつつあることを実感します。
そういえば、ヴェロニカ・パールトのプロフィール写真が変わって前より可愛らしい写真になりましたね♪去年の来日公演の「海賊」でフラついてましたが、本当に妖艶でなんとも言えない雰囲気を持ってる人だなと思いました。

NYCBのチケットは明日から一般発売ですね。NYCBのダンサーはよく知らないので、ぜひ観に行ってみたいな~と思ってます。

プリマローズさん、こんばんは。

そうなんです。アンヘルがロミオとジュリエットに出ないなんて。私、アンヘルが出るかなと思ってロミジュリのチケットを取ろうと思ったので、残念でした。自分のカンパニーがあるから仕方ないと思いますが、アンヘルのロミオ、好きなんですよね。

ヴェロニカ・パルトの写真、プリマローズさんの指摘まで気がつきませんでしたが、見てみたらとても可愛い雰囲気ですね。彼女は本当に美人だし、時々不安定なところはあるものの、魅力的なんですよね。

NYCB、私もチケットを取らなくちゃと思いつつ、キャスト発表がされていないので取りにくいのと(ホアキン・デ・ルースが観たいです)、GWの旅行やバレエフェス、マリインスキーやらでお金が無くて、まだ買えないんですよね。噂では先行でけっこう売れていて良い席が無いかもしれないということなんですが。NYCBは前回の公演もすごく楽しかったので、3プログラムとも観たいんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/13放送 TBS系「クメピポ!絶対あいたい1001人」草刈民代さん | トップページ | マラーホフ主演、ビゴンゼッティ振付「カラヴァッジオ」DVD化!/Bigonzetti: Caravaggio »