最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 吉田都 時代を駆ける最終回/都さんスーパーバレエレッスンが8月末より放映 | トップページ | シュツットガルト・バレエのオフィシャルサイトのクランコ診断/スペイン公演の記事 »

2009/05/20

シュツットガルト・バレエ2009/2010シーズン続報 エヴァン・マッキーがプリンシパルに昇進 Stuttgarter Ballett 2009/2010、Evan McKie Promoted Principal

シュツットガルトの2009/2010シーズンですが、
まだオフィシャルには出ていませんが、もう少し詳しい情報がドイツのフォーラムに出ました。
http://www.tanznetz.de/en/forum.phtml?page=showthread&aid=90&tid=14803


Spielzeit 2009/2010 2009/2010シーズン

9月26日~ Giselle「ジゼル」
9月30日~ Brouillards / Jeu de Cartes und verschiedene Pas de deux/Soli (中劇場)「カード遊び」ほか
11月13日~ Onegin「オネーギン」
11月27日~  Kenneth MacMillan: Lieder von Leben und Tod: Das Lied von der Erde, Requiem マクミラン「大地の歌」「レクイエム」
12月22日~ Orphe et Euridice 「オルフェオとエウリディーチェ」

2010年
2月5日~ Cranko / Kylian / Scholz: Opus 1 von John Cranko, Vergessenes Land von Jiri Kylian und Siebte Sinfonie“ von Uwe Scholz 「クランコ・キリアン・ショルツ」
3月31日~ Breiner / Volpi / N.N. Urauffhrungen von Bridget Breiner und Demis Volpi (中劇場) 「ブライナー/ヴォルピ/未定」
6月2日~ Orlando Urauffhrung von Marco Goecke nach Virginia Woolf, Musik: u.a. Michael Tippett. Opernhaus 「オルランド」Marco Goecke 振付、ヴァージニア・ウルフ原作
7月7日~ McGregor / Elo / N.N. Urauffhrungen von Wayne McGregor und Jorma Elo (中劇場). Eine der Urauffhrungen am 31.3. oder 7.7. wird von Douglas Lee sein 「マクレガー/エロ/未定」 (ダグラス・リーの作品が、3月31日からのプログラムか、7月7日からのプログラムのどちらかに入る)
7月17日~ Romeo und Julia 「ロミオとジュリエット」

<人事>
退団
Jason Reilly geht zum National Ballet of Canada ジェイソン・レイリー(カナダ・ナショナル・バレエに移籍)
Elena Tentschikowa beendet ihre Karriere und erffnet ein Pilatesstudio in Mnchen エレーナ・テンチコワ(引退、ミュンヘンにピラティスのスタジオを開設)
Alexis Oliveira geht zu Les Ballets de Monte-Carlo アレクシス・オリヴェイラ(モンテカルロ・バレエに移籍)
Stefan Stewart will choreografisch arbeiten und zeitgenssisch tanzen ステファン・スチュワート(振付家とコンテンポラリーダンスに転向)
Charles Berry beendet seine Karriere und kehrt als Steuerberater nach Ottawa zurck (引退してオタワに移転)
Heather Chin und Peter Piterka sind schon whrend der laufenden Spielzeit ausgeschieden (シーズン途中で退団)

入団
die Eleven Annabel Fawcett, Daisy Long, zkan Ayik und Ludovico Pace werden in die Kompanie bernommen (ジュニアカンパニーから4名入団)
Daniel Camargo kommt von der John-Cranko-Schule ジョン・クランコ・スクールよりダニエル・カマルゴが入団
Roman Novitzk kommt vom Ballett des Slowakischen Staatstheaters Bratislava
スロヴァキア国立バレエからロマン・ノヴィツキーが入団

Als Eleven kommen aus der John-Cranko-Schule: Mariya Batmann, Valeria Busdraghi, Heather MacIsaac, Ami Morita und Lea Zoe Weidner. Von der Tanzakademie Zrich kommt Doruk Demirdek, von der Royal Ballet School kommt Elisa Badenes Vazquez

昇進
Evan McKie wird Erster Solist エヴァン・マッキーがプリンシパルに昇進
William Moore und Damiano Pettenella werden Solisten ウィリアム・ムーアとダミアーノ・ペテネッラがソリストに昇進
Angelina Zuccarini und Laurent Guilbaud werden Halbsolisten アンジェリーナ・ズッカリーニとローラン・グイボーがハーフ・ソリストに昇進

*****
はい、長身ノーブル王子様のエヴァン・マッキーくんが、見事プリンシパルに昇進しました。おめでとうございます!そろそろアキレス腱の怪我からの復帰も実現するはずです。

ダミアーノ・ペテネッラは、来日公演の「オネーギン」でグレーミン公爵を演じられていた方ですね。眠りの四人の王子やカラボスでも活躍していました。

« 吉田都 時代を駆ける最終回/都さんスーパーバレエレッスンが8月末より放映 | トップページ | シュツットガルト・バレエのオフィシャルサイトのクランコ診断/スペイン公演の記事 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

エヴァンくん、おめでとうございます(*^_^*)

今度来るときははれてプリンシパルですね〜 いつだろう、、、? 待ってます(^_^)v

ずずさん、こんばんは。

ありがとうございます!
昇進の話は今年の始めには聞いていたんですけど、発表に時間がかかりましたね。
シュツットガルト・バレエは来日が3年に一度って決まっているらしいので、再来年かしら。その前にゲストでもガラでも来る機会があるといいんですけどね。彼は背が高いので、ゲスト向きだと思うんですが。日本ではシュツットガルトといえばフリーデマン、ついでバランキエヴィッチなんですよね。もちろん彼らも凄くいいダンサーだと思うけど。

naomi様

わ~!嬉しい!情報ありがとうございます。
ずっと以前、マッキー君から個人的にメールで返事を
もらったことがあるんです。びーっくりしました。
それから、男前でいい人なんだなあ・・・と応援しています。

ドイツにはなかなか行けませんからね~
やっぱり来日を気長に待つしかないですね。


sandyさん、こんばんは。

そう、エヴァンくんってめっちゃいい人ですよね~。背が高くて男前で、脚のラインがきれいで、性格も良くて、この人には欠点なんか無いんじゃないかと思ってしまいます。そうやって応援してくれる人がいると知ったら彼もきっと喜ぶことでしょう。シュツットガルトにそんなに簡単には遠征できませんからね。次のシュツットガルトの来日ではきっと東京でも主演できると思うけど、その前に別の機会ででも観られたらいいなって思います。

naomiさん、

エヴァンの昇進よかったですね。
来シーズンは、オネーギンに。。。彼はロメオはすでに踊ったのかしら?!楽しみですね。
彼の後を追いかけてきてるステキな子達もいるし、ホント、Stuttgartから目が離せませんね。

ゆいーちかさん、こんばんは。
ありがとうございます!
エヴァンはロメオは踊ったことがないと思います・来シーズンは、アルブレヒトを初めて踊るとは聞いていますが…ロメオも踊ってくれるといいですね。
まだまだ若手については全然詳しくないのですが、素敵な人はいっぱいいたと思うし、彼らのこともチェックしなくちゃ、ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田都 時代を駆ける最終回/都さんスーパーバレエレッスンが8月末より放映 | トップページ | シュツットガルト・バレエのオフィシャルサイトのクランコ診断/スペイン公演の記事 »