BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« アリーナ・コジョカルの舞台復帰/世界バレエフェスティバル受付状況 | トップページ | YAGP(ユースアメリカグランプリ)決勝/YAGPとピョートル・ペストフ・ガラ »

2009/04/21

新国立劇場のジ・アトレ(あるいは、これでいいのか新国立劇場)

今日は特にネタもなくてすみません。(今仕事がすごい大変で、ネタを探す時間もなく…)

帰宅したら、新国立劇場の会報「ジ・アトレ」が届いていました。ところが、今回のジ・アトレって、公演情報(いつ何の公演をやりますってデータ)と、10行くらいのバレエDVD発売のお知らせしか、バレエに関する記事が載っていないんですよね。たしかに、会員はオペラ目当ての方が多いのかもしれないし、バレエとオペラの両方を観る人もいるでしょう。私も、予算の関係で年に1,2回くらいしか新国立劇場のオペラは行きませんが、関心がないわけではないですしオペラや演劇の記事も読みます。

でも、バレエの記事がほとんどないって、どういうことなんでしょう。5月には「白鳥の湖」、6月には「コッペリア」がるから、自前のメディアなんだし宣伝記事の一つでも、載せればいいのに。

「しらゆき姫」の時に、新国立劇場の「白鳥の湖」と「ライモンダ」のDVDの発売のお知らせのチラシが配布されており、詳しくはアトレ5月号でって書いてあったんですが、その肝心の5月号より、amazonに載っている予約ページの方がずっと詳しいんですよ。アトレ会員向けの特別価格がいくらなのかも載っていないし、どうやって新国立劇場から買えばいいのかも書いていません。それなら、会場で配っていたチラシでも同封すればよかったのに。

また、新国立劇場のオフィシャルサイトの方には、今もって、DVD発売のお知らせがひとことも書いていません。DVDを売る気があるんでしょうか?たしかに発売元は世界文化社であって、新国立劇場ではないのですが、お知らせを載せないのは不思議です。せっかく、このDVDの内容は素晴らしい企画なのに!


4月にオペラとバレエ研修所に研修生が入所したということで、入所式が行われたとオフィシャルサイトには載っていますが、その記事に、研修生の名前が載っていないんです。研修所のサイトに行って、ようやく名前が判明するという次第。

今年から新しくできた制度、予科生も入所したのですが、それに至っては誰が入ったのかも謎なのです。ジャパン・アーツのバレエ・舞踊ブログでニーナ・アナニアシヴィリが新国立劇場の予科生を指導したという写真入りの記事が載っていたというのに。

一応国立の劇場なので、私たちの税金を使って運営されているわけです。もう少しきちんと情報公開を行わないと、色々と憶測を生むと思うのです。

せっかく、新国立劇場バレエ団の毎回の公演内容はとても良くて、ダンサーもレベルが高いのに、運営側が足を引っ張るようなことはしないで欲しいと思うし、経営努力をして欲しいと思うのです。

« アリーナ・コジョカルの舞台復帰/世界バレエフェスティバル受付状況 | トップページ | YAGP(ユースアメリカグランプリ)決勝/YAGPとピョートル・ペストフ・ガラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(*^-^)はじめまして
どこかにバレエフェスのダニール君の出演日とかの情報がないかなぁって探しててたどり着きました。バレエ歴9年の娘のお陰で数年目からプロの公演も見始めた「あい」と申します。

予科生の件、私も興味を持ってたのですが過去のニュースのアーカイブのページの4/14のところに予科生に合格した子たちの写真がでてました。名前は分かりませんが・・・

ttp://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000720.html

こんにちは。
この間セレナーデを見に行ったとき、チケットを切る入口でパンフらしきものを手渡されなかったので、配役表が欲しいから自分から積んであるものをとったんです。でもその中には配役表が入っておらず、休憩時間に「配役表は?」と、そのへんの係りの人に訊いたら、おたおたして探しているんです。おばさまでしたが、配役表の意味がわからなかったみたいです。仕方ないので、自分で探してとりました。

次に、公演が良かったので、喫茶テーブルの隣に出ていた即席のチケット売り場に行って「明日の公演をください」と言ったら、なんと、「明日の分は玄関のチケット売り場です」と言われ、あの長い廊下をてくてくと歩きました。

パンフレットを買おうとしたら、そっくりだけど、微妙に違う2種類があって、何だろうと思ったら、年間プレビューと本公演分でしたが、表示が何もなく、また、のっそりと立っているおばさまに質問しました。せめて、表示はした方が良いのではないかと思いました。

「国立」ってこういうことか、と新鮮な驚きを楽しみました( ̄▽ ̄)


全く同意です>アトレ会報もDVD告知も。。
DVDは4月に入ったらすぐにHPで告知があると思います、なんて
言う言葉も聞いたのですけど、実際は20日を過ぎても何も無く…
しらゆき姫で配られたちらしには、「DVD詳細はアトレ6月号にて」と
なっていましたが、アトレ会報が届くのは20日で、DVD発売は18日

後手後手ですよね・・・
こちらから聞かないと何も判らないって一体どういう事なんだか。
こういうところにいつまで経っても温度差を感じるのでした。

会報はもうちょっと紙質を落としてもいいから、ページ数を増やして
オペラもバレエも演劇も、網羅して欲しいものですね。

あいさん、はじめまして!ようこそいらっしゃいました。

ダニール君の「ドン・キホーテ」楽しみですね!私もこれは行く予定ですよ~。お嬢さんがバレエを長くやっていらっしゃるんですね!素敵♪私も子供がいたら習わせたかったです(自分も子供の時にやっていたのに挫折)。
予科生の写真、お知らせ頂きありがとうございます!名前は個人情報だから載せないのかしら?

ショコラさん、こんばんは。

以前は配役表は配っていなくて、最近なんですよね、コピーのを置いておくようになったのは。前はキャスト表だけ欲しいといったら買えといわれたような…。

佐々木忠次氏の「怒っている人、集まれ」で新国立劇場のことを色々と書いていて、中にはちょっと言いすぎじゃないのかしらと思うこともありますが、お金を凄く使っている割には効率的に配分していないのでは、とか職員の数が多すぎるのでは、とは思わされました。

一応アンケートに書くと読んではいるみたいなので、問題があったらアンケートに書いたり、メールすれば少しは効果があるのかな、と思うんですけどね。とはいっても、例の「コッペリア」の初日がゲストから本島さんに交代しちゃった件、メールやアンケート、電話でも苦情を言ったんですが結局強行しようとしているんですよね。これが私はやっぱり一番頭に来ているんですよね。他のダンサーが頑張っても、これでは台無しです。

えりさん、こんばんは。

そうだ、アトレ6月号だったんですね。でも、それって発売後ってなんだか間抜けな話ですよね、ホントに。

会報の件も本当に同意です!今みたいに無駄に綺麗で高そうな紙を使ってお金をかけるよりも、本当に知りたい情報を載せて欲しいって思います。あんな立派なものを作るから、情報が遅くなるんですよね。会費のうちどれくらいが会報代なのかなっていつも思います。

こんばんは。
皆さんのお怒りには全く同感ですが、1つ新国に関する良い話を紹介させてください。
2月のライモンダのときのことですが、チラホラと空席が見られるにもかかわらず、よりによって私の目の前に縦横大きな男の人が座ったんです。1階前方の席だったので目の前が思いっきり塞がれてしまって、1幕の間中イライラ。それで、休憩時間にダメもとでスタッフの方に席を替えてもらえないか聞いてみたんです(ダメって言われたら勝手に移動するつもりで)。すぐに空いている席を調べてくれて、元の席にできるだけ近い場所と交換してもらえました。おかけで2幕以降は視界良好。ザハロワの美しい踊りを堪能することができました。こういうところで融通がきくのはうれしいですよね。

新国の話で思い出したのですが、最近石田種生先生の「随想-バレエに食われる日本人-」(最後の章に新国の話がちょっとだけ出てきます)という本を読み、非常に感銘を受けました。日本人とバレエの関係、日本のバレエのこれからに興味がある方にはお勧めです。

peluさん、こんにちは。

心温まるエピソード、ありがとうございます!私自身は、新国立劇場の劇場スタッフで不快な思いはしたことがないのですが、そうやって親切な対応をしてもらえると、本当に嬉しいですよね。(東京文化会館のスタッフに関しては、実はかなり不愉快な経験があります…)そういうことがあると、またこの劇場に来たいって思います。

「随想-バレエに食われる日本人-」、チャコットで見かけたことはあるのですが、面白そうですね。ぜひ読んでみたいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アリーナ・コジョカルの舞台復帰/世界バレエフェスティバル受付状況 | トップページ | YAGP(ユースアメリカグランプリ)決勝/YAGPとピョートル・ペストフ・ガラ »