2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 4月22日 NYシティ・センターにてYAGPガラ開催 | トップページ | 3/22マチネ シュツットガルト・バレエ「眠れる森の美女」Stuttgarter Ballett Dornröschen(その2) »

2009/04/02

パリ・オペラ座「オネーギン」のキャスト変更/FIGARO JAPON 「パリオペラ座バレエ物語 019」最終回

パリ・オペラ座バレエの「オネーギン」ですが、またキャスト変更があったそうです(Dansomanie情報)

バンジャマン・ペッシュが怪我でレンスキー役を降板し、レンスキーの代役にはマルク・モローが入りました。

Onéguine : Le Riche ou Legris ou Martinez ou Hervé Moreau
Lenski : Heymann ou Bezard ou Magnenet, remp. M. Moreau
Tatiana : Dupont ou Gilbert ou Osta ou Ciaravola
Olga : Ould-Braham ou Grinsztajn ou Zusperreguy ou Froustey, remp. Bance
Larina : Béatrice Martel
Amme : Reichert, remp. Gilles
Gremine : Duquenne ou Paquette ou Paul ou Cordier
Le Double de Tatiana : Gestin ou Lévy ou Philbert

レンスキー役はマチュー・ガニオに続いての降板で、若手ばかりになりましたね。私はペッシュのレンスキーが観たかったので残念ですが、他のキャストも期待できそうなので、気持ちを切り替えて楽しみにすることにします。

オフィシャルにはまだキャスト変更は反映されていません
http://www.operadeparis.fr/cns11/live/onp/site/saison/ballets/ballets_details.php?lang=fr&event_id=74&CNSACTION=SELECT_EVENT

そして今気がついたのですが、指揮がシュツットガルト歌劇場のジェームズ・タグルなんですね!これは本当に楽しみです。

******

さて、パリ・オペラ座といえば、ちょうど発売日がドイツに出かけた日だったので紹介できなかったFIGARO JAPONの「パリ・オペラ座物語」も最終回となりました。毎月の楽しみを本当にありがとうございました>FIGARO JAPON様。ぜひ書籍化して欲しいものです。

ちょうどこの号に、レンスキー役に抜擢されたマルク・モローのインタビューが載っています。

FIGARO JAPON (2009 4/5号 no.384) 「パリオペラ座バレエ物語 019」

オペラ座バレエ団の未来の星、期待の若きダンサーが舞台に輝く。

3/26~28に行われる「若手ダンサーたちの夕べSpectacle Jeunes Danseurs」に出演予定のダンサーから、アマンディーヌ・アルビッソン Amandine Albisson、ダニエル・ストークス Daniel Stokes、マルク・モロー Marc Moreau、マリーヌ・ガニオ Marine Ganioの4人へのインタビューが載っています。

マルク・モローはもちろん、ルグリと素晴らしき仲間たちのガラへの出演で、日本でも良く知られています。去年末の「ライモンダ」では、毎晩のようにサラセンのソリストを踊ってはパ・ド・カトルにも出演して大活躍でした。切れ味鋭く、また華のある舞台姿が素敵でした。この記事によると、ジェローム・ロビンス・プロでのバンジャマン・ミルピエの創作「トリアード」で、レティシア・プジョル相手に踊ったそうで(ファーストキャスト)、その後も昇進コンクールでコリフェに昇格するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いです。

「若手ダンサーの夕べ」に出演するダンサーたち全員の写真を載せているのが、ありがたいことです。同じくインタビューが載っているダニエル・ストークスも、年末のベジャール・プロ「火の鳥」や「春の祭典」で活躍していて、印象的な一人でした。

ダニエル・ストークスは、この若手公演でアクセル・イボ、ミカエル・ラフォンと「オーニス」を踊ったそうですが、この作品、「バレエの美神」公演でウィルフリード・ロモリが気持ち良さそうに踊っていたのが印象的な、のんびりとしているけど楽しい小品でした。

マリーン・ガニオはいわずと知れたマチューの妹で、ドミニク・カルフーニの娘ですね。ちょっとぽちゃっとしていますが、とても綺麗です。そしてもう一人のアマンディーヌ・アルビッソンもとても愛らしいですね。こういう未来のスターダンサーにスポットを当ててくれたこの連載は、本当に読み応えがありました。

「若手ダンサーの夕べ」の写真がこちらで観ることができます。
Photos - Spectacle Jeunes Danseurs
http://www.fedephoto.com/fotoweb/GridB_content.fwx?folderid=5080&rows=4&columns=4&search=(IPTC103%20contains%20(APO0453*))&sorting=AlfaNumericAsc

この号、特集も「パリの日常を行こう」とパリの特集なので、GWなどにお出かけする人には保存版の一冊です。

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 4/5号 [雑誌]madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2009年 4/5号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ 2009-03-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 4月22日 NYシティ・センターにてYAGPガラ開催 | トップページ | 3/22マチネ シュツットガルト・バレエ「眠れる森の美女」Stuttgarter Ballett Dornröschen(その2) »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月22日 NYシティ・センターにてYAGPガラ開催 | トップページ | 3/22マチネ シュツットガルト・バレエ「眠れる森の美女」Stuttgarter Ballett Dornröschen(その2) »