BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ヴェロニカ・パルトがABTのプリンシパルに昇進 Veronika Part promoted to Principal Dancer | トップページ | 薄井憲二バレエ・コレクションのサイト »

2009/04/16

マリインスキー・バレエのロンドン公演 Mariinsky Ballet in London August 2009

dansomanie経由情報です。

ロイヤル・オペラハウスのサイトに、8月3日から15日まで開催される、マリインスキー・バレエのロンドン公演のキャストが掲載されていました。
(ちょうど世界バレエフェスティバルの開催期間中なので、ヴィシニョーワはロンドン公演には参加しません)

http://www.roh.org.uk/whatson/index.aspx?eventType=0&period=4&page=3

一番びっくりしたのが、「眠れる森の美女」でソーモワがオーロラの日にロパートキナがリラの精を踊ることです。うーん、そんなことがあっていいんでしょうか。(ロンドンのキャスト、よく見るとソーモワ祭りです。そう考えると、ヴィシニョーワが出る日本公演のキャストの方が良いのかも?)

逆に言えば、日本公演のキャストではまだリラの精役はアナウンスされていませんが、ロパートキナやコンダウーロワのリラが期待できるかもしれないってことでしょうか。

あと、現在産休中のはずのオレシア・ノーヴィコワもジュリエットとオーロラに入っています。この頃には復帰するということなのかしら。(でも、今のところは来日メンバーには入っていないようですよね)

来日公演でオーロラを踊るテリョーシキナもとても上手ですし、ものすごく良いダンサーだと思いますが、オーロラキャラなのは、ここでのキャストのように、オブラスツォーワやノーヴィコワ、そしてオスモルキナですよね。なんでこの3人のどれかが来日公演でオーロラじゃないのかが不思議ですよね。

ロミオとジュリエットは、コールプとイワンチェンコがロミオ役というのにちょっと驚きです。特にイワンチェンコのロミオなんて、とてもとても想像ができません…(ねっokamokoさん!)。アントン・コルサコフのロミオは可愛いでしょうけれども。(アントン、来日公演には来てくれるのかしら?来て欲しいです)


Romeo and Juliet ロミオとジュリエット
http://www.roh.org.uk/whatson/production.aspx?pid=9642

3 August , 19h30
Juliette : Alina Somova
Roméo : Vladimir Shklyarov

4 August , 19h30
Juliette : Olesia Novikova
Roméo : Igor Kolb

5 August 19h30
Juliette : Ekaterina Osmolkina
Roméo : Evgeny Ivanchenko

6 August , 19h30
Juliette : Evgenia Obraztsova
Roméo : Anton Korsakov


Swan Lake 白鳥の湖
http://www.roh.org.uk/whatson/production.aspx?pid=9651

7 August , 19h30
Odette-Odile : Uliana Lopatkina
Siegfried : Daniil Korsuntsev

8 August, 14h
Odette-Odile : Ekaterina Kondaurova
Siegfried : Igor Kolb

8 August, 19h30
Odette-Odile : Viktoria Tereshkina
Siegfried : Evgeny Ivanchenko

10 August, 19h30
Odette-Odile : Alina Somova
Siegfried : Daniil Korsuntsev

11 August, 19h30
Odette-Odile : Viktoria Tereshkina
Siegfried : Vladimir Shklyarov


Homage to Balanchine バランシンへのオマージュ
http://www.roh.org.uk/whatson/production.aspx?pid=9667

12 August 2009, 19h30
Serenade セレナーデ
Alina Somova
Evgeny Ivanchenko
Ekaterina Osmolkina
Daria Vasnetsova
Denis Firsov

Rubies ルビー
Irina Golub
Vladimir Shklyarov
Ekaterina Kondaurova

Symphonie in C シンフォニー・イン・C
Viktoria Tereshkina
Anton Korsakov
Uliana Lopatkina
Daniil Korsuntsev
Olesya Novikova
Filip Stepin
Nadezhda Gonchar
Alexei Timofeyev

13 August 2009, 19h30
Serenade セレナーデ
Daniil Korsuntsev
Ekaterina Osmolkina
Irina Golub
Yulianna Chereshkevitch
Denis Firsov

Rubies ルビー
Viktoria Tereshkina
Alexander Sergeyev
Anastasia Lishyuk

Symphonie in C シンフォニー・イン・C
Alina Somova
Anton Korsakov
Maxim Zuzin
Ekaterina Kondaurova
Evgeny Ivanchenko
Ekaterina Osmolkina
Vladimir Shklyarov
Evgenia Obraztsova


The Sleeping Beauty 眠れる森の美女
http://www.roh.org.uk/whatson/production.aspx?pid=9660

14 August 2009, 19h30
Princess Aurora : Olesia Novikova
Prince Désiré : Igor Kolb
Lilac Fairy : Ekaterina Kondaurova

Saturday, August 15 2:00 PM
Princess Aurora: Evgenia Obraztsova
Prince Désiré : Vladimir Shklyarov
Lilac Fairy: Uliana Lopatkina

Saturday, August 15 7:30 PM
Princess Aurora : Alina Somova
Prince Désiré: Léonid Sarafanov
Lilac Fairy: Uliana Lopatkina

« ヴェロニカ・パルトがABTのプリンシパルに昇進 Veronika Part promoted to Principal Dancer | トップページ | 薄井憲二バレエ・コレクションのサイト »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

本当に!来日公演のリラを誰が踊るのか気になります。
と、ふむふむ興味深く読ませていただいて、パソコンの前で茶しぶき吹いてしまいそうになりました。
い、イワンチェンコのロミオ・・・( ̄▽ ̄;)デスカ。
ああ、だけどものすごく観たいです。ちょっと恐怖に近いようなドキドキ感とともに。案外スゥイート〜でチャーミング〜なロミオかもしれませんよね♪

・・・。

あ、アントンのロミオは可愛いでしょうね。ジュリエットもオブラスツォワで、これまたとっても観たい舞台です。

okamo-koさん、こんばんは。
お呼び立てしてしまってすみません!私もプーアール茶を吹きましたよ`;:゙;`;・(゚ε゚ )!!誰がイワンチェンコのロミオなんて考え付くんでしょう。ロミオ要員が足りなかったんですね、きっと。オスモルキナも怯えそうです。ティボルトはイリヤなのかなあ。というかイリヤくらいしか相手にならなそうですね。
やっぱりイワンチェンコは、バスローブ姿でブランデーグラスを傾けつつ愛を語るのかしら。

アントンとオブラスツォーワのロミジュリは正しいロミジュリという感じですよね。アントンがダイエットをしていれば、ね。

naomi さん こんばんは。

アントン@ロミオのリフトは重量上げのように見えますが、とても初々しく演じてくれて好感度大です。

それよりもソーモワですよ。
ソーモワ、ソーモワ…
マリインスキーの戦略についていけそうにないです…。

ひかりさん、こんにちは。

今日ジャパン・アーツからのDMでチラシが同封されていましたが、アントンの写真もあって、とても可愛かったです。名前入りの写真が載っているってことは、来てくれるってことなのかしら、と思ったりして。

そうそう、ソーモワ祭りはロンドンのファンも嘆いていますよね。初日を踊るということは、批評家の目にさらされるということなので、ロンドンの批評家たちの厳しい批評を楽しみに待つことにします(苦笑)
笑ったのが、アナスタシア・マトヴィエンコのガムザッティ・デビューに対する評で、「黒髪のソーモワ」って書いていた人がいたこと!ホント、マリインカの行方が心配になりますよね。

初めて投稿させていただきます、ふぃふぃと申します、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨晩ロンドンのマリインスキー初日みてまいりました。例によって、アリーナの批判先方者さんたちがEvening Standard掲載の痛烈な批評を取り上げていました。

http://www.ballet-dance.com/forum/viewtopic.php?t=33260&start=30

私が見る限りでは素晴らしいとしか言いようのないパフォーマンスでした。まず、オケの気合いの入りようがすごかった。ロンドンのマリインスキー初日は通算3回目、ロンドン公演は50回以上みていますが、一番よかったくらい、びんびんとやる気が伝わってきました。ほとんどが若いダンサーだったこともあるのか、ものすごいエネルギーを感じました。ともかくやる気に関しては120%だったと思います。主役はふたりともyoung & freshで、役がぴったんことはまっていましたし、感情表現も素晴らしかった(と、私は思いました)。観客にはものすごく受けていました(例によって、初日は老人ホームみたいでしたけど。)。ブラボーも相当多かったです。

アリーナは、バランシンを踊っているときが一番合っていますが(youtubeで見る限り、本人もインタビューで一番好きと言っております)、古典も演目によっては本当にいいと思います。ジュリエットは彼女のキャラクターに合っていると強く感じました。

アリーナの批判者たちのコメントを読むと、浅田真央の批判者たちを思い出します-良い部分はすべて無視して、欠点のみをあげつらうのです。

個人的には、世界最高峰のギャラを誇ると言われるザハロワよりも、より21世紀のバレエ・ダンサーだと思うのですが。あまり時代にマッチしすぎて、伝統を好む方たちには好まれないのかもしれません。アリーナ批判先方者さんたちのお気に入りはコンダウロワです-確かに、伝統を感じさせる素晴らしいダンサーですが、私にとっては少しold-fashionedにみえます。アリーナには先駆者(?)の苦悩を乗り越えていって欲しいと思います。

日本公演が待たれます。

追伸:オスモルキナは怪我をしてしまったそうで、日本公演には来られませんでしょうか?非常に素晴らしいダンサーですが(私見では、現在マリインスキーで一番素晴らしい)、みられないのは実に残念です。

ふぃふぃさん、こんばんは。

マリインスキーのロンドン公演のすばやい報告、ありがとうございます!

ロミオとジュリエットという演目は、若い人が踊るととても新鮮で情熱が伝わってきて素敵ですよね。

確かに、いくつかの現地の批評はかなりアリーナ・ソーモワに関して辛辣な批評を書いていましたね。もともとcontroversialな存在であるのは、この記事からも読めます。
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/5931887/Alina-Somova-dancer-or-circus-pony.html
正直、私はあまり彼女の踊りのスタイルは好みではないのですが、人の好みは人それぞれなので、良いという人がたくさんいても当然だと思います。逆に、万人好みというより論議を呼ぶ存在がいたほうが、バレエ界も活性化しますしね。美的感覚は時代によって変化するというのも、その通りだと思うし、欠点ばかり見られるというのは確かに気の毒だと思います。

オスモルキナは私もとても素敵なバレリーナだと思います。怪我をしてしまったなら、本当に残念ですね。主役は富山公演だけだと思いますが、オールスターガラなども出演が予定されていたので、楽しみにしていたんですよね。

残りのロンドン公演も楽しまれてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴェロニカ・パルトがABTのプリンシパルに昇進 Veronika Part promoted to Principal Dancer | トップページ | 薄井憲二バレエ・コレクションのサイト »