BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 山岸涼子「牧神の午後」とサーシャの「椿姫」 | トップページ | パリ・オペラ座「椿姫」(ルテステュ主演)/ロイヤル・バレエ「白鳥の湖」(ヌニェス主演)DVD発売 »

2009/03/17

マリインスキー国際フェスティバル「イワンと仔馬」THE LITTLE HUMPBACKED HORSE

マリインスキー国際フェスティバルのオープニングを飾ったアレクセイ・ラトマンスキーの新作「イワンと仔馬」(Little Humpbacked Horse=以前は「せむしの仔馬」で知られていました)のレポートが、ジャパン・アーツのバレエ舞踊ブログに載っていました。

http://ja-ballet.seesaa.net/article/115740081.html

ラトマンスキーの作品と言えば、去年のボリショイの来日公演で上演された「明るい小川」がとても楽しかったのですが、こちらの「イワンと仔馬」もとても面白い作品のようです。海外のバレエフォーラムでの評を読んでも、大変好評のようですね。特に初日の王女を演じたテリョーシキナは素晴らしかったようで、今まで彼女は可愛い役というのはあまり踊ってこなかったわけですが、この作品ではとても愛らしかったようです。イワン役は、二日目のサラファーノフのほうがキャラクターに合っていたとか。

客席には、この作品の作曲者シチェドリンと、奥様のマイヤ・プリセツカヤもいたようですね。プリセツカヤは、かつての「せむしの仔馬」の初演キャストでした。(こちらは、DVDが出ています。私は、ワシリエフ主演の「スパルタクス」のDVDの特典映像でちょこっとだけプリセツカヤのヴァリエーションが紹介しているのを観ただけです)

ロシアのTV局のサイトにリハーサルの映像がアップされています。
http://news.ntv.ru/152931/

ジャパンアーツのレポートでは、仔馬役のペトロフはワガノワ・バレエ学校を一年前に卒業したばかりのダンサーだと紹介してくれています。また、エイフマン・バレエから移籍した注目のダンサー、ユーリ・スメカロフが皇帝のお付き役として抜群の存在感を放っていた、と読む者の期待に応えてくれたレポートで嬉しい限りです。

このブログの一つ前のエントリでは、リハーサルの様子もレポートしてくれていて、これもとても面白いですね。
ラトマンスキー氏は、この「イワンと仔馬」の物語を、「これは少年の冒険物語!言ってみればロシアのピカチュウ物語だね!楽しいものになるよ」と話していました。
ピカチューですか!(笑)

youtubeに早速動画がアップされているのも観ましたが、初日のテリョーシキナと二日目のソーモワのを見比べると、テリョーシキナのアカデミックな踊りの素晴らしさが際立ちますね。ソーモワは相変わらず脚を高く上げすぎるふにゃふにゃの踊りで、観ていてちょっと気持ち悪くなってしまいます。(youtube動画はリンクは張りませんので、興味のある方は検索してください)来日公演では、ぜひテリョーシキナ主演で上演して欲しいものです。

追記:ジャパンアーツのブログに、「イワンと仔馬」の写真がまた追加されていました。
http://ja-ballet.seesaa.net/article/115802765.html

« 山岸涼子「牧神の午後」とサーシャの「椿姫」 | トップページ | パリ・オペラ座「椿姫」(ルテステュ主演)/ロイヤル・バレエ「白鳥の湖」(ヌニェス主演)DVD発売 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山岸涼子「牧神の午後」とサーシャの「椿姫」 | トップページ | パリ・オペラ座「椿姫」(ルテステュ主演)/ロイヤル・バレエ「白鳥の湖」(ヌニェス主演)DVD発売 »