BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« エッセンへの旅その1 | トップページ | ダンスマガジン5月号/マラーホフのプレミアムレッスンDVD »

2009/03/27

アルバータ・バレエの新作はエルトン・ジョンの音楽/服部有吉さん

服部有吉さんが所属していることで知られているカナダのアルバータ・バレエ。ジョニ・ミッチェルの音楽に振付けた「The Fiddle and the Drum」がとても好評で、全米ツアーで上演されると共に、DVD化もされました。私もDVDを買ったのですが、忙しくてまだ観られていません。この作品にはもちろん、服部さんも出ています。

その「The Fiddle and the Drum」を観て心を奪われ、インスピレーションを刺激されたエルトン・ジョンが、アルバータ・バレエの新作に音楽を提供するそうです。振付は「The Fiddle and the Drum」と同じく、アルバータ・バレエの芸術監督のJean Grand-Maîtreで、題名はずばり「エルトン」。2010年5月にカンパニーの本拠地カルガリーで初演されるそうです。

http://www.albertaballet.com/news/press-releases/177-alberta-ballets-2009-2010-season-ballet-redefined

http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/LAC.20090325.BUZZ25-2/TPStory/Entertainment

また、アルバータ・バレエは、来年一月には、服部有吉さんの振付による「Tubular Bells」を上演するそうです。このタイトルを聞いてピンときた方もいると思いますが、そうです、マイク・オールドフィールドのあの「エクソシスト」で超有名な曲を使っています。しかも4台のピアノを使ったアレンジというから、とっても面白そうですよね。さらに、3月にはもう一つ、服部有吉さんの新作「7つの大罪」(音楽:クルト・ヴァイル)がもう一つの作品と共に上演されるそうです。

http://www.calgaryherald.com/Entertainment/Elton+John+part+ambitious+ballet+season/1425599/story.html

ここしばらく、夏にあった服部さんのプロジェクトが「ラプソディ・イン・ブルー」以来日本で上演されていないのが残念ですが、カナダではダンサーとしてだけでなく、振付家としても大活躍しているのは嬉しい限りですよね。

ちなみに、同じカナダのロイヤル・ウィニペグ・バレエは、「ムーラン・ルージュ」という新作を上演しますが、これはバズ・ラーマン監督の同名映画のバレエ化だそうです。

Fiddle & The Drum (Rmst Dol) [DVD] [Import]Fiddle & The Drum (Rmst Dol) [DVD] [Import]
Joni Mitchell

Koch Vision 2009-02-10
売り上げランキング : 46137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« エッセンへの旅その1 | トップページ | ダンスマガジン5月号/マラーホフのプレミアムレッスンDVD »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エッセンへの旅その1 | トップページ | ダンスマガジン5月号/マラーホフのプレミアムレッスンDVD »