BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 『ベンジャミン・バトン -数奇な人生-The Curious Case of Benjamin Button』 | トップページ | 2/22マチネ ハンブルク・バレエ「人魚姫」  »

2009/03/01

第12回世界バレエフェスティバル出演者、日程決定

第12回世界バレエフェスティバル出演者がNBSのサイトに出ていました。
代わり映えしませんね~。

http://www.nbs.or.jp/main/stages/wbf.html

マリア・コチェトコワ、ダニール・シムキンらの新鋭、びっくりのザハロワ出演、それからベルニス・コピエルテスの出演が嬉しいところかな。あとはヌニェス&ソアレスのペアとか、エレーヌ・ブシェとティアゴ・ボァディンとか。ロベルト・ボッレは(噂どおり)結局でないんですね。

エレーヌ・ブシェ (ハンブルク・バレエ)
Hélène Bouchet

アリーナ・コジョカル (英国ロイヤル・バレエ団)
Alina Cojocaru

ベルニス・コピエテルス (モナコ公国モンテカルロ・バレエ)
Bernice Coppieters

ルシンダ・ダン (オーストラリア・バレエ団)
Lucinda Dunn

オレリー・デュポン (パリ・オペラ座バレエ団)
Aurélie Dupont

マリア・アイシュヴァルト (シュツットガルト・バレエ団)
Maria Eichwald

シルヴィ・ギエム
Sylvie Guillem

マリア・コチェトコワ (サンフランシスコ・バレエ)
Maria Kochetkova

ナターリヤ・オシポワ(ボリショイ・バレエ)
Natalia Osipova

アニエス・ルテステュ (パリ・オペラ座バレエ団)
Agnès Letestu

マリアネラ・ヌニェス (英国ロイヤル・バレエ団)
Marianela Nuñez

シオマラ・レイエス (アメリカン・バレエ・シアター)
Xiomara Reyes

タマラ・ロホ (英国ロイヤル・バレエ団)
Tamara Rojo

エリザベット・ロス (モーリス・ベジャール・バレエ団)
Elisabet Ros

ヤーナ・サレンコ (ベルリン国立バレエ団)
Iana Salenko

ポリーナ・セミオノワ (ベルリン国立バレエ団)
Polina Semionova

上野水香 (東京バレエ団)
Mizuka Ueno

ディアナ・ヴィシニョーワ (マリインスキー・バレエ)
Diana Vishneva

スヴェトラーナ・ザハロワ (ボリショイ・バレエ)
Svetlana Zakharova

フィリップ・バランキエヴィッチ (シュツットガルト・バレエ団)
Filip Barankiewicz

フェデリコ・ボネッリ (英国ロイヤル・バレエ団)
Federico Bonelli

ティアゴ・ボァディン (ハンブルク・バレエ)
Thiago Bordin

ホセ・カレーニョ (アメリカン・バレエ・シアター)
José Carreňo

ロバート・カラン (オーストラリア・バレエ団)
Robert Curran

マチュー・ガニオ (パリ・オペラ座バレエ団)
Mathieu Ganio

ヨハン・コボー (英国ロイヤル・バレエ団)
Johan Kobborg

ズデネク・コンヴァリーナ (ナショナル・バレエ・オブ・カナダ)
Zdenek Konvalina

マニュエル・ルグリ (パリ・オペラ座バレエ団)
Manuel Legris

ニコラ・ル・リッシュ (パリ・オペラ座バレエ団)
Nicolas Le Riche

デヴィッド・マッカテリ(英国ロイヤル・バレエ団)
David Makhateli

ウラジーミル・マラーホフ (ベルリン国立バレエ団)
Vladimir Malakhov

ジョゼ・マルティネス (パリ・オペラ座バレエ団)
José Martinez

ジル・ロマン (モーリス・ベジャール・バレエ団)
Gil Roman

レオニード・サラファーノフ (マリインスキー・バレエ)
Leonid Sarafanov

ダニール・シムキン (アメリカン・バレエ・シアター)
Daniil Simkin

ティアゴ・ソアレス (英国ロイヤル・バレエ団)
Thiago Soares

アンドレイ・ウヴァーロフ (ボリショイ・バレエ)
Andrei Uvarov

フリーデマン・フォーゲル (シュツットガルト・バレエ団)
Friedemann Vogel

■第12回世界バレエフェスティバル 公演日程
<Aプロ>
8月1日(土)
8月2日(日)
8月3日(月)
8月4日(火)

<Bプロ>
8月8日(土)
8月9日(日)
8月10日(月)
8月11日(火)

<全幕特別プロ>
「ドン・キホーテ」 7月29日(水)
「白鳥の湖」 8月6日(木)
「眠れる森の美女」 8月15日(土)
<オマージュ・ア・ベジャール> 8月16日(日)、17日(月)

ところで、サンフランシスコ・バレエのマリア・コチェトコワについては、知らない方も多いと思いますが、当ブログでは何回か取り上げています。
http://www.mariakochetkova.com/
ここでは、マリアはブログをかなりこまめにアップしています。

ボリショイ・バレエ学校からローザンヌ・バレエコンクールに出場し、スカラシップを得て(ヴァルナ・コンクールでも賞を取っています)、ロイヤル・バレエのapprentice(見習い)へ。しかし小柄なあまりロイヤル・バレエには正式入団できず、ENBを経て現在はサンフランシスコ・バレエのプリンシパルです。小さくてとても可愛らしいダンサーです。
いくつかのガラで、今回のバレエフェスにも出演するダニール・シムキンと共演しているので、シムキンくんとペアを組む可能性もありそうです。ABTから出演するシオマラ・レイエスも小柄なので、シムキン君と組めそうですね。

マリア・コチェトコワは、サンフランシスコ・バレエの「くるみ割り人形」のDVDでグラン・パ・ド・ドゥ(通常金平糖の精が踊るところ)を踊っていますが、これがとても気品があって愛らしく素晴らしいです~。
また、NBCのSuperstars of Danceという世界各国の各ジャンルのダンサーが自国を代表して競う番組で、ロシア代表として出場して優勝しました。

Nutcracker (Ws Sub Dts) [DVD] [Import]Nutcracker (Ws Sub Dts) [DVD] [Import]
Judy Flannery E.T.A. Hoffmann

Opus Arte 2008-10-27
売り上げランキング : 21708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これはリージョンオールなので安心して買うことができます。ヤンヤン・タンが雪の女王で出ていますし、いいプロダクションで、お勧めです。

« 『ベンジャミン・バトン -数奇な人生-The Curious Case of Benjamin Button』 | トップページ | 2/22マチネ ハンブルク・バレエ「人魚姫」  »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんばんは。

バレエフェス情報ありがとうございます。そろそろ夏の予定を立てたいな、と思っていたので助かります。

どうしてあのバレエ団からこんなに来るのー、〇と×なんて来なくていいのにぃ、とか色々毒をはきたくなりたくなる顔ぶれですねー。自分のところが招聘元にならないところからも、呼ぶのはいいことだとおもいますけど。

この顔ぶれだとマチューのお相手は水香嬢?!

またまたこんにちは。

コピエテルスが来るとはちょっと嬉しいです!でもこのメンバーではお相手と演目は誰と何になるのでしょうか??

shushuさん、こんばんは。

あははcoldsweats01ロイヤルからいっぱい来ますよね(笑)。シルヴィアとかバヤデールとかやる関係なんでしょうかね。それから、やっぱり水香はないでしょう、ってちょっと頭にきたのも事実ですが。
水香のお相手は、スカラ座来日で組んだサラファーノフの可能性もあるかもしれませんね。「エチュード」でも一緒に踊るし。

naomiさん、こんばんは。
ボッレが来ないのは噂になってたんですか?!残念です。全幕のひとつは何としても彼に~と願ってたのにweepsweat01
バレエフェスで見ることが叶わないということは、今後、彼を日本で見ることは叶わないのでは・・・と、少々暗い気持ちになってます。
世界の王子は今やボッレだと思うんですけど~NBSでなくていいので
どこか喚んでください。

 ドイツにいる一番のご贔屓はガラ向きのダンサーじゃないから、バレエフェスに喚ばれるはずもなく・・・ボッレも来ない。。。
個人的にはさみしい夏になりそうです。

ショコラさん、こんにちは。

モンテカルロ・バレエの来日公演、事前キャスト発表なしだったので、ベルニスが見られると思って期待して行ったら違う人でショックだったのです。だからバレエフェスで来てくれるのが嬉しいです。
多分、彼女はジル・ロマンと共演だと思いますよ。マイヨーが二人のために作品(「牧神の午後」)を作ったんですよね。多分今回はないとは思いますが、ベルニスはベジャールの「ボレロ」も踊っているんですよね。

ゆいーちかさん、こんばんは。

私も、タマラ・ロホのサイトで最初にロベルトの名前を見て、それからパリオペラ座の「椿姫」の時に直接本人から日本にバレエフェスで来るよって言われた人の話を聞いていたので、ショックです。どうやらボッレ&フレンズでヨーロッパでツアーをやるようなのですが。本当になかなか日本では観られない人になってしまっていますよね。なかなか来ないから、世界ではあんなにものすごい大スターなのに、日本ではそれほどブレイクしていない感じです。納得できないですよね。東京バレエ団の「ラ・バヤデール」はマカロワ版で、スカラ座の衣装と装置を使うそうだから、ひょっとして、と期待はしているんですがどうかな…。一応7月にABTの「ロミオとジュリエット」に行く予定にはしているんですが、これではミラノかロンドンかNYじゃないと観られない人になってしまいそうです(そして、スカラ座のチケットはまともには取るのも難しいし)。
ゆいーちかさんご贔屓のイリも入っていなくて残念ですよね…。バランキエビッチもフォーゲルも勿論良いダンサーですが、彼らはもう3回連続出演になるのだから、シュツットガルトの違う人も観たいと思うんですよね。
私も、今回のキャストはロベルトの欠場はじめ、マルセロも出ないし、かなりガッカリです。

お久しぶりです。こんにちは。
バレエフェス、あるんですよね、この不況に。ええい、と仕事増やしましたよ。
ボッレ、ゴメス様方、来ないんですね。ザハロワ様がびっくりだけど、二月にライモンダみたし、五月はガラと新国立の白鳥あるし、歌舞伎役者のようにみられて、ファンとしてはうれしいけど、いろんなのおどってほしいな。
フェスなんだから、実験的だったり、えええっておもうようなプログラム組んでほしいです。
それと、早め早めの発表お願いしたいです。チケットだけ早く売り出すのはやめてね。ボリショイなんて、早すぎて様子見してるうちに、ひとつしかいかないで、終わっちゃいました。チケット買ってからワクワクしながら待ってる期間ー期待賞味期限もせいぜいが三ヶ月ってとこでしょうかね。
では、季節の変わり目、おからだ気をつけて。

naomiさん、また情報をありがとうございます。ジルとマイヨーの振り付けで牧神を踊るなんて想像しただけで、陶酔してしまいそうです。もし違う演目でもこの二人のペアだったら見ごたえがあるでしょうね。

ベルニス以外のラ・ベルだったとは、そのショックはお察しします。今回みられて良かったですね。ゴメスさん来なくて私も残念です。

全幕は、白鳥はマチューと上野さん、眠りはフォーゲルくんと誰か、ドンキはサラファーノフとオシポワかなあ、なんて思っていますが、どうでしょうか。

たびたび失礼します。バレエフェスの全幕で上野さんということはないですよね、やっぱり。。。マチューは動かず白鳥とすると、お相手は誰でしょうか。楽しみです。

よしのっちさん、こんばんは。

今回の出演者の発表も例年より遅かった気がします。それに、チケット代もまだ発表になっていませんよね。値段を見るのが怖いのはいうまでもありませんが。それに、もちろん演目も気になるし、全幕は誰が踊るのかな、とかガラはやるのかどうかとか。バレエフェスって上演時間が長いから開演時間も早いので、仕事のある日に行くのは結構大変なんですよね。ただでさえ上野まで職場から遠くて6時半開演だと定時に出てもぎりぎり間に合うかどうかだし。今回、全幕プロ以外は土日を入れてくれたのは助かります。

そうそう、あまり決まらないままのチケット売り出しってやめて欲しいですよね。ボリショイの時はABTと同じ日に会員売り出しがあって、丸一日電話してやっとチケット取れたし、それからキャスト変更の嵐が来て。アルチョムの白鳥王子なんか観る羽目になるんだったら、兵庫でシュツットガルトの眠りが見たかったです、ホントに。
マリインスキーも前回はキャスト発表なしで早くに売り出したので、なかなかチケットに手が出せなかったんですよね。その時は、キャストが発表されてすぐにチケットを取ったらまだ良い席が残っていたんですが…。

バレエフェスも正直言ってメンバーがかなりマンネリです。ベルニスとシムキンくんとマーシャ(マリア・コチェトコワ)くらいかな、目新しいのって。前回のキューバ組のような隠し玉があれば楽しいんですが。

ショコラさん、こんばんは。

ベルニスとジルの共演が観られたら幸せですよね~。フランスの雑誌に写真が載っているのだけ観たのですが、素敵でしたよ。

全幕はどういう組み合わせなんでしょうかね。前回は当初はザハロワとウヴァーロフの予定が、結局水香とジョゼになりましたよね。2回続けて水香の白鳥はいくらNBSでもないと思うけど(彼女は腕の動きが乱暴なのと、右側のアンドゥオールができていなくて膝が下がっているのが…)眠りは、もし快復していたらコジョカルのリベンジとかもあるのかな、とか思ったりして。ドン・キが水香とサラファーノフというのはありえるかもしれません(スカラ座で共演しているから)。マチューはマリインスキー国際フェスティバルの白鳥を降板しているのが、とても心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ベンジャミン・バトン -数奇な人生-The Curious Case of Benjamin Button』 | トップページ | 2/22マチネ ハンブルク・バレエ「人魚姫」  »