BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローザンヌコンクールの決勝出場者 | トップページ | 2009ローザンヌ国際バレエコンクール受賞者 »

2009/02/02

ハンブルク・バレエニュース/ローザンヌコンクール生中継

今日は夕方5時からおよそ5時間、全豪オープンテニスの決勝戦を見ていました。この1週間ばかり、夜はほとんどこれを観ていたんですよね。個人的にナダルを応援していたのですが、もちろんフェデラーも本当に天才的でエレガントなプレイヤーで素晴らしいです。第4セットまでは凄いラリーやスーパーショットの連続、ワクワクドキドキしながらテレビに釘付けになっていました。

第5セットではさすがに双方とも疲れたようで、結局忍耐力に勝ったナダルが勝利したのですが、第4セットまではフェデラーが押していたように思えたので、本当に勝負って最後までわからない、だから面白いって思いました。攻めていたフェデラーに対して、ブレイクポイントで粘りに粘っていたナダル。表彰式のときに涙を見せたフェデラーと、彼の肩を抱いたナダルが印象的で胸が熱くなりました。二人とも、凄い試合を本当にありがとう、って思いました。フェデラー、ナダルの2強時代になって、テニスが面白くなったって思います。私は子供のときにウィンブルドンに住んでいたので、テニスは昔から観るのが好きなんですよね。

********

釘付けといえば、今インターネットの中継でローザンヌコンクールを中継しているので、テニスが終わったあとはこちらに釘付けでした。ノイマイヤーのヴァリエーションが終わったところで、レッスンの様子や、シンシア・ハーヴェイなど審査員やコーチのインタビューが流れています。さすがに動画のところはたまに滑らかではないところがあるのですが、リアルタイムでコンクールの様子がインターネットで見られるって凄い時代ですよね。
http://prixdelausanne.org/v4/index.php?option=com_content&view=article&id=77&Itemid=92&lang=en

今観客賞が発表されました。テルモ・モレイラくんです!2年前に同じで、本当に可愛いですね、彼は。6位に根本里菜さん、5位にテルモ・モレイラと入賞者が発表されたところで、回線が落ちてしまいました。おやすみなさい。

********

ノイマイヤーつながりで、ハンブルク・バレエからメールのニュースレターが送られてきました。ドイツ語なので、翻訳をかけないと何を書いているかわかりません。

大きなニュースとしては、ノイマイヤーが芸術監督の契約を更新して、2015年まで芸術監督を続けることが決定したというのがありました。2013年には、芸術監督40周年を迎えるそうで、世界で最も長期にわたって芸術監督を続けている人となります。

次の目標としては、ジュニアカンパニーを創設することで、これはすでに準備に入っており、2011年から予算が獲得できるとのことです。

「ヴェニスに死す」が今年の秋に、作品の舞台となっているヴェネチアのフェニーチェ劇場で上演されるそうです。

それから、面白いお知らせとしては、2月8日より、日本公演のブログを開始するそうです。日本公演は2月12日の東京公演から、3月7日の福岡公演まで、6都市にて12回行われます。ツアーでの生活や、舞台裏の様子を教えてくれるそうなので、とても楽しみですね。
http://www.hamburgballett-blog.de.htm
(まだ現在は見られません)

恒例のバレット・ターゲ(バレエ週間)の7月7日と8日に出演するゲストカンパニーは、フランス、ナンシーのロレーヌバレエ(Centre Choréografique National – Ballet de Lorraine)で、上演作品は、フォーキンの「ペトルーシュカ」、ニジンスカの「結婚」そしてストラスヴィンスキー作曲「結婚」の別振付(Tero Saarinenによるもの)だそうです。これもバレエ・リュス100周年を記念したものですね。
http://www.ballet-de-lorraine.com/

以上については、ハンブルク・バレエのオフィシャルサイト(ドイツ語のほう)にも掲載されていました。英語版には載っていませんのでご注意ください。
http://www.hamburgballett.de/d/index.htm

« ローザンヌコンクールの決勝出場者 | トップページ | 2009ローザンヌ国際バレエコンクール受賞者 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

おはよ~ございます。ウインブルドンに住んでいらしたのですか?羨ましい!テニス好きにはたまらないですよね!一番熱中していたのはレンドル~ベッカー~エドべリ~サンプラスぐらいの80・90年代チャンピオン時代ですが(でも大好きなのはレンドル、ベッカー、クリシュナンとチャン)最近はダテックの復帰関連でちょこちょこ観ています。今でも思い出深いのは、ナブラチロワが一度目の引退を明言してプレーしたシーズンではなく、その一年前のシーズン。この一年間の充実した試合を味わったからこそ、彼女は満足して引退を決めたのかな?と思うのはワタクシの穿ちすぎ?でも、本当に「こういうプレーをできたら良いなあ」という理想的な試合がたくさん観られたシーズンでした。
あ、リンクはOKですが…あんなゴチャゴチャなブログでなんだかスミマセヌ、です。

おロシア人さん、こんばんは!

フィギュアスケートだけでなくテニスもお好きだったんですね!うちは両親がテニス好きで、今でも毎週テニスしに行っているくらいなので、子供のときに連れられて2回くらいですが、ウィンブルドンに観戦に行きました。(自分もテニスは中学の時にやりましたが、運動神経がなくてまるでダメでした)ベッカー、エドベリ、サンプラス時代も懐かしいですね~。ベッカーの弾丸のようなサーヴィス!
ナブラチロワは多分生で観戦したことがあるはず。彼女も素晴らしいプレイヤーでしたね。あのシーズンは私も思い出します。懐かしいなあ。
フェデラー&ナダル時代の、延々とラリーが続く芸術的なテニスも好きですね~。

リンクさせていただきますね~!すべてのマールイファン必見ですから!

naomiさんこんにちはhappy01
フェデラーとナダルの試合はいつも一進一退、白熱していておもしろいですね!本当に良きライバルという感じがします~
ノイマイヤーは芸術監督になってもう35年経つんですねw(゚o゚)w
グリゴロビッチより長いんですね!
ローザンヌの放送が楽しみです♪去年のアレックス・マルティネズ君は本当に上手かったhappy02
春と秋はルグリのスーパーバレエレッスンとアレックス君の影響(もちろん振付や音楽の素晴らしいです!)コンテンポラリーが苦手な私も大好きな演目になりました~
今年は去年に比べてこれを踊る人は少ないみたいですが、楽しみですね(≧∇≦)

kumiさん、こんばんは。

そうそう、去年のアレックスくん、良かったですよね!彼はハンブルク・バレエスクールに入ったようなので、ノイマイヤーさんが早速目をつけたのでしょうか。確かに今年はスプリング・アンド・フォールは少なかったですね。良い演目ですよね!去年は「ニジンスキー」を踊った人が3人いましたが、さすがに難しいのか、今年は一人だけでしたね。放映が楽しみです。またゴールデンウィークごろかしら?

こんばんわ(*^-^)
アレックス君ハンブルグバレエスクールに行ったんですね!
ノイマイヤー監督に気に入られたんでしょうね(o^-^o)
将来が楽しみです♪

kumiさん、こんばんは。
そうそう、アレックス君は去年の出場者の中でも突出してよかったし、特にノイマイヤーヴァリエーションのスプリング・アンド・フォールが音楽があって素晴らしかったですよね。ノイマイヤーさんもちゃっかり?彼を入れたんですね。公演によっては、バレエ学校の生徒が出演するなんてこともありますよね。そのうち彼を舞台で観られる日が来るかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローザンヌコンクールの決勝出場者 | トップページ | 2009ローザンヌ国際バレエコンクール受賞者 »