2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マリインスキー・バレエ来日公演の速報Mariinsky Ballet in Japan Nov-Dec 2009 | トップページ | パリ・オペラ座「シンデレラ」DVD CENDRILLON/Cinderella »

2009/02/06

ABTの北米ツアーのキャスト

ABTは2月17日からのワシントン公演、26日からのカナダ・オタワ公演、そして3月13日からのデトロイト公演、さらに4月にはロンドン公演とツアーが予定されています。

http://www.abt.org/performances/abtontour.asp

そのうち、まだロンドン公演については、キャストが出ていないのですが、北米公演のキャストはとても興味深いです。

http://www.abt.org/performances/calendar_index1.asp

ワシントン公演はミックス・プロと「白鳥の湖」。ミックス・プロには「パリの炎」が2回あり、当然これはダニール・シムキンがサラ・レーンと踊ります。「白鳥の湖」は、2月21日のソワレが、ニーナ・アナニアシヴィリとホセ・カレーニョ。ニーナがツアーに出るのは珍しいので、本当に貴重な機会となることでしょう。6月のABTフェアウェル公演も一瞬のうちに広いMETのチケットがソールドアウトになること間違いないと思われます。また、この日のマチネでは、ソリストに昇格したばかりのコリー・スターンズが、ロットバルト(もちろん、カッコいい方の)デビューです。

オタワ公演は「ジゼル」で、こちらはマリア・リチェットがジゼル・デビュー。デトロイト公演は「ロミオとジュリエット」で、METでデビューかな、と思っていたコリー・スターンズとヒー・セオが揃ってロミオ役、ジュリエット役の初役で踊ります。METの前の予行演習なのでしょうね。まだコール・ドのヒー・セオがジュリエット役を踊るのは、ちょっとびっくりです。韓国出身の彼女は、2003年のローザンヌ国際コンクールでスカラシップ、また同年のYAGPでも受賞しています。

« マリインスキー・バレエ来日公演の速報Mariinsky Ballet in Japan Nov-Dec 2009 | トップページ | パリ・オペラ座「シンデレラ」DVD CENDRILLON/Cinderella »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
手元にあるABTのTRIOという3枚セット券のパンフレットを見ると、6月27日夜のニーナのFarewell Swan Lakeは、そもそもパンフ内のカレンダーから消されて、選べないようになっていました。
以前のSubscriptionパンフでは、Subscriberになった人だけが追加で買える演目の中にあったので、その段階で売り切れちゃったんでしょうか。
1枚売りが始まるのはいつか知りませんが、そのときには不景気ゆえのReturn ticketなんかを放出して、復活するといいですね~。

mumuさん、こんにちは。

TRIOで私もチケットを買おうと思ったので(まだ買っていない)、ABTのサイトにPDFで載っていたブローシャーにも、ニーナのフェアウェル公演は対象外になっていましたね。確かにサブスクライバーでソールドアウトになった可能性は高いかもしれません。

フェリのフェアウェル公演の時には、TRIOでも取れたし(私はそのおこぼれで観に行けました)、一枚売りでも取れた友達はいたのですが、それよりも激戦ってことでしょうか。メトロポリタン・オペラなどは不景気でかなりチケットが売れていないらしいと聞いていますが、やっぱりニーナの人気は凄いですね。リターンチケットは出るとは思いますが、やっぱり取るのは大変そう!

naomiさんこんにちは
TRIOお探しでしたか。ご覧になったブローシャー、同じヤツですね。
写真になっちゃってて、あれじゃなにもやらないみたいですよね。7月4日独立記念日の夜は本当に何もやらないみたいですけどね。
27日夜を買う!とやるとsubscriptionのページに飛びましたけど、この4枚セットならまだ売ってるんでしょうかね?
ニーナの白鳥は、もう10年以上前にMETで偶然見て、びっくり仰天したんですよね。世の中にこんなものがあるのか、と。

mumuさん、こんばんは。
TRIOのブローシャーはABTのサイトに載っているんですが、サブスクライバーのブローシャーはないんですよね。サブスクリプションのほうはまだ受け付けていると思いますよ。サブスクリプションを締め切ってから、単券でどれくらい売り出すのか計算するのかしら?フェリのフェアウェルでは、単券売り出し日にインターネットで買った人はファミリーサークルしか取れなかったといっていたような記憶が。でも戻り券も出ますからね。
ボッカとニーナの白鳥を観たのは2004年のMETだったかしら。その前にも日本で観ていますが、ニーナの白鳥は確かに誰にも真似のできない、独特のもので見るたびに驚きがありますよね。

こんばんは
ファミリーサークルはちょっと遠いですね~。オペラなら全然問題ないですけどね。
だいぶ前(秋ごろ?)に来たsubscription brouchureによると、27日を含む土曜夜4演目のものは、prime orchestra, center parterre, grand tierは'-'となっていて、印刷時点で最初から売ってません。
また、「土曜夜6演目」には、そもそも27日は入ってません。
これがsubscriber用のオプション27日1演目になると、prime orchestra, grand tierにはlimited availabilityながら値段が入ってます。$115と$130。
と今気がつきましたが、バレエは、orchestraよりgrand tierのほうが高いんですね。私は、とにかく1階の前のほうがほしいですけどね。

mumuさん、こんにちは。

私はファミリーサークルには座ったことがないのですが、何回か座ったドレスサークルでも結構遠いなあ(1列目だったらよいけど)と思います。グランド・ティアは、まさにフェリのフェアウェル公演はそこで観ました(TRIOで取りました)。グランドティアは正面なのでかなり目立つセレブ席って感じで、ボッカのフェアウェルの時にはジュリー・ケント夫妻が座っていましたね。METのオーケストラ席前方って段差がなくてかなり観づらいので、グランドティアは超良席だと思いますけどね(サブスクライバーの段階で埋まることも早い)。フェアウェル公演だったら、やっぱり前の方がいいと思いますけど。お花も投げられるし。
いずれにしても、良いお席が取れることをお祈りしています。フェリのフェアウェルでは、当日券にものすごく長い列が出来ていましたが、朝から並べば取れたようです。また、大勢のダフ屋が出ていましたね。私は今回はニーナのフェアウェルはあきらめました。代わりに7月にロミオとジュリエットを観る予定でいます。まだチケットは取っていませんが、TRIOで押さえようかなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリインスキー・バレエ来日公演の速報Mariinsky Ballet in Japan Nov-Dec 2009 | トップページ | パリ・オペラ座「シンデレラ」DVD CENDRILLON/Cinderella »