2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ニュ−ヨーク・シティ・バレエNYCB来日公演の演目 | トップページ | パリ・オペラ座 2009年6月オーストラリア公演「ラ・バヤデール」プレキャスト »

2009/02/18

パリ・オペラ座2009年45月「オネーギン」Onéguine&ガット/ドゥアト/プレルジョカージュ プレキャスト

ダンソマニに、パリ・オペラ座にて2009年4月16日~5月20日 上演される「オネーギン」のプレキャスト(予定出演者)が掲載されていました。

Onéguine : Le Riche ou Legris ou Martinez ou Hervé Moreau
オネーギン: ル・リッシュ、 ルグリ、 マルティネス、エルヴェ・モロー
Lenski : Mathieu Ganio ou Pech ou Heymann ou Bezard
レンスキー:マチュー・ガニオ、ペッシュ、エイマン、 ベザール
Tatiana : Dupont ou Osta ou Pujol ou Ciaravola
タチアーナ: デュポン、オスタ、 プジョル、 シアラヴォラ
Olga : Ould-Braham ou Grinsztajn ou Bance ou Froustey
オルガ:ミリアム・ウルド=ブラーム、グランツタイン、バンス、フルステー
Larina : Béatrice Martel
ラリーナ: ベアトリス・マルテル
Amme : Reichert, remp. Gilles
アム: レイシェール  代役 ジル
Gremine : Duquenne ou Paquette ou Paul
グレーミン侯爵: デュケンヌ、 パケット、 ポール
Le Double de Tatiana : Gestin ou Lévy ou Philbert
タチアナのダブル: ゲスタン、レヴィ、 フィルベール

びっくりしたのが、エルヴェ・モローのオネーギンです。彼はレンスキーだと思っていたんですけどね。カール・パケットのグレーミンにもかなり驚きましたが…。ペッシュなどはオネーギンのほうが似合いそうだし。ジョゼもニコラもオネーギンのイメージが薄いし。果たして、私が観られるのはどのキャストでしょうか。


併せて、ガット/ドゥアト/プレルジョカージュのトリプルビルもプレキャストが出ています。

Hark! (Emanuel Gat)  『Hark!』(エマニュエル・ガット)

Hurel + Romberg  ユレル+ロンベール

White Darkness (Nacho Duato)
『ホワイト・ダークネス』(ナチョ・ドゥアト

Gillot ou Zusperreguy ou Renavand
ジロ or ズスペルギ or ルナヴァン

Martinez ou Bélingard ou Bridard
マルティネス or ベランガール or ブリダール

Mar : Kudo ou Giezendanner ou Robert
Mar: クドー、 ジザンダネ 、 ロベール
Anna : Bellet ou Laffont, remp. Albisson
アナ: ベレ 、 ラフォン  代役 アルビッソン
Tamako : Renavand ou Ranson ou Westermann
タマコ: ルナヴァン、 ランソン、 ウェステルマン
Africa : Zusperreguy ou Daniel ou Bance, remp. Cardinale
アフリカ; ジュスペルギ、 ダニエル、 バンス  代役 カルディナル
Luiz : Carbone ou Paul ou Ibot
ルイス: カルボネ 、 ポール 、 イボ
Ivano : Bridard ou Duquenne ou Hoffalt
イヴァノ: ブリダール 、 デュケンヌ 、 オファルト
Raphaël : Valastro ou Stokes, remp. Madin, Couvez
ラファエル: ヴァラストロ 、 ストークス  代役 マダン、クヴェ
Joël : Chaillet ou Renaud, remp. Marc Moreau
ジョエル: シャイエ 、 ルノー  代役 マルク・モロー


MC 14/22 (Angelin Preljocaj)
『MC 14/22』 (アンジェラン・プレルジョカージュ)

Bouché + Gaudion + Guerri + Hoff + Houette + Isoart + Kim + Renaud + Valastro + Pascal Aubin + Cordier
ブシェ+ゴディオン+ゲリ+オフ+ウエット+イゾアール+キム+ルノー+ヴァラストロ+パスカル・オーバン+コルディエ

Le Danseur-chanteur : Groud
歌うダンサー グロー

「MC 14/22」はDVDでは、シモン・ヴァラストロの天使のように美しく邪悪なガムテープ男と、プレルジョカージュのカンパニーから出演していた歌う男が強烈だったのですが、今回は少しだけダンサーが入れ替わっていますね。プルミエに昇格したビュリヨンとファヴォランの両ステファンが抜けています。

「ホワイト・ダークネス」は前回上演された時にはルグリが入っていたと思いますが、今回は出演しないので、「オネーギン」に専念するんですね。

しかし、あれ?どちらのプロにもステファン・ビュリヨンの名前がないんですけど、なぜ?観られると思ったのになあ。

« ニュ−ヨーク・シティ・バレエNYCB来日公演の演目 | トップページ | パリ・オペラ座 2009年6月オーストラリア公演「ラ・バヤデール」プレキャスト »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

オスタのタチアナ! いっそ見たい気が……。どんだけひどいか……。naomiさん、パリまで行って当たったら大変ですね。ニコラ・オネーギンで夫婦共演だったりして。

こんばんわ(*^-^)
かなり驚きの配役ですね!
モローとパケットはレンスキーっぽいですけどねw(゚o゚)w
オネーギンでしっくりくるのはルグリだけですね~
マルティネズ、リッシュ、モローがどんなオネーギンを演じてくれるのでしょうか♪
タチアーナもムッサンやルテステュは踊らないんですね・・・
asukoさんの言われているとおり、オスタのタチアーナ想像できない( ̄Д ̄;;

asukoさん、こんばんは。

人魚姫ではお隣でびっくりでしたね~!
それにしても、今回ジョエルやシルヴィアで観ると、あまりの素晴らしさにこれが本来のマルグリットなんだろうなって思います。デルフィーヌ・ムッサンやアニエスも良かったですが。オスタのマルグリットはもう思い出したくもない悪夢でした。
タチアナは、美女の役ではないから、マルグリットよりはいいと思いますけど、またパリで当たったらショックで寝込みそうです。

kumiさん、こんばんは。

》オネーギンでしっくりくるのはルグリだけですね~

私も同感です。オネーギン役は、かなり落ち着いてエレガントな人じゃないとね。
デルフィーヌ・ムッサンはタチアナ似合いそうなのに、なぜって感じですよね。アニエスは、タチアナ役を踊りたがっていたみたいなのですが、彼女のように背の高い人を振り回すようなリフトをするのが大変なんでしょうかね。
オスタは、マルグリットよりはマシだと思いますよ。タチアナは決して美女の役ではないから。(でも観たくないけど)多分、このメンバーだと彼女はエルヴェと組むんでしょうね。

la dolce vitaさん

いつもバレエ情報をいただいており、一方的に大変お世話になっております。

私もパリ・オペラ座のオネーギンを観にいく予定で、先ほどWeb Siteでチケットを取りました。
よくパリへ行かれているようですが、オペラ座付近でオススメのホテルがありましたら教えてください。お忙しいと思いますので、余力がありましたらよろしくお願いします。

INPIさん、はじめまして。

パリのホテルですが、いくつか泊まりましたが、予算にもよります。
4つ星だとGolden Tulip Opera De Noailles というデザイナーズホテルに泊まりました。オペラ座のかなり近くです。3つ星だとBest Western Opera d'Aintin とHotel Etats Unis Opera に泊まって、これらもオペラ座の近くで、どのホテルも良かったと思います。私も、まだゴールデンウィークのホテルの予約をしていないので、そろそろ手配しなければなりません。Hotel Etats Unis Opera が一番値段と合わせると良かったかな?
ホテルを含むパリの情報ですが、「ふらつー」というサイトが非常に情報が盛りだくさんなので、ここで調べていくことをお勧めします。特にホテル情報は口コミが満載です。ぜひ「オネーギン」楽しまれてくださいね。
http://france-tourisme.net/index-hotel.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュ−ヨーク・シティ・バレエNYCB来日公演の演目 | トップページ | パリ・オペラ座 2009年6月オーストラリア公演「ラ・バヤデール」プレキャスト »