BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 2/12 ハンブルク・バレエ『人魚姫』Die kleine Meerjungfrau | トップページ | ニーナ・アナニアシヴィリ、「白鳥の湖」を語る/デヴィッド・ホールバーグの「ラ・シルフィード」 »

2009/02/13

2009年ローザンヌ バレエコンクール 放送予定/オニール八菜さん

第37回 2009年 ローザンヌ バレエコンクール
NHK での放送予定が決まったようです。

【教育テレビ】 4月26日 (日) 午後3時〜5時

注) 事情によりスケジュールの変更の可能性があります。まだNHKのサイトには出ていませんので、近くなったらNHKサイトや番組ガイド等でご確認ください。

*****
オーストラリアの新聞The Ageに、今年のローザンヌバレエコンクール1位、オニール八菜さん(Hannah O'neil)のインタビューが写真入りで掲載されていました。
http://www.theage.com.au/news/entertainment/arts/dance-takes-flight-for-prix-de-lausanne-winner/2009/02/10/1234028038276.html
まだ16歳というのに、この大人っぽい美しさです。身長もすでに170cmあるとのこと。お母さんが日本人なのだそうで、ニュージーランドに移る8歳まで日本に住んでいて日本語も流暢だそうです。昨年よりオーストラリア・バレエ学校に通っており、将来もオーストラリア・バレエに入団希望だそうです。
審査員の一人であるオーストラリア・バレエの芸術監督、デヴィッド・マカリスターも彼女の入団を願っているようですが、オーストラリア・バレエ学校の生徒であるため、彼女への採点は許されなかったとのことです。

八菜さんは、決勝でポアントのリボンがほどけてしまい、一度結び直して再び演技に臨みました。その時の落ち着いた様子も高い評価を得たとのことです。美しく、音楽性にも体格的にも恵まれており、賢く、また地に足のついた女性で、大きな才能があると、オーストラリア・バレエ学校の校長 Marilyn Roweは彼女を評価しています。

オフィシャルの動画で観ることもできますが、テレビの映像で彼女を観られるのが楽しみですね。

« 2/12 ハンブルク・バレエ『人魚姫』Die kleine Meerjungfrau | トップページ | ニーナ・アナニアシヴィリ、「白鳥の湖」を語る/デヴィッド・ホールバーグの「ラ・シルフィード」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

毎年ローザンヌのテレビ放映が楽しみです。
最近の映像で未だに記憶鮮明なのは、ヴィシニョーワと上野水香、ロマン・ライキン(リキン)。
実は私は、プロになってからの上野水香というダンサーにはあまり魅力を感じないのですが(凄いことは凄いと思うのですが)、このときの彼女の輝きには驚嘆したことを覚えています。

おロシア人さん、こんばんは。
ローザンヌ・コンクールって面白いですよね、毎年。かつてのベッシーさんの辛口コメントも楽しかったです。ヴィシニョーワは本当に天才少女って感じでしたね!水香ちゃんのは観ていないんですが、私も最近あまり彼女の舞台を観ていないもので。あと私が印象的だったのは、中村祥子さんの完成度の高さでしょうかね。彼女の年は、イヴァン・プトロフ(このときは本当にまだ子供で、ベッシーさんにこの子は12歳くらいにしか見えないと言われていた)、マルセロ・ゴメス、フェデリコ・ボネッリ、樋口ゆりさんと豊作でした。その次の年だったか、フォーゲル君の脚の長さにもびっくりした記憶があります。
私もまだちゃんと動画では見ていないので、放送が楽しみです~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/12 ハンブルク・バレエ『人魚姫』Die kleine Meerjungfrau | トップページ | ニーナ・アナニアシヴィリ、「白鳥の湖」を語る/デヴィッド・ホールバーグの「ラ・シルフィード」 »