BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローザンヌでの吉田都さんのインタビュー/東京バレエ団「ジゼル」キャスト | トップページ | 3月にパリ・オペラ座「椿姫」ロイヤル「マノン」ゲルギエフ指揮「春の祭典」他NHKハイビジョンで放映 »

2009/01/31

NYCBの春シーズンにイリ・ブベニチェクの新作

NYCBのスプリング・シーズン(4月28日から6月21日まで)の予定が発表され、新作が2本上演されます。

Two World Premiere Ballets To Highlight 2009 Spring Season At New York City Ballet
http://www.nycballet.com/news/press/pr01-26-09.html

1本は、パリ・オペラ座にも作品を提供しているNYCBのプリンシパル、ベンジャミン・ミルピエの新作、もう一つは、元ハンブルク・バレエで現在はドレスデン・バレエのプリンシパルであるイリ・ブベニチェクによる新作です。この2作品は、5月13日のガラで上演されるとのことです。二人とも、NYCBのために作品を振付けるのは初めてです。

イリ・ブベニチェクは、NYCBの関連しているNew York Choreographic Instituteのセッションに2007年、2008年の秋に参加してきたとのことです。

なお、5月21日には、ピーター・マーティンスが振付けた「ロミオとジュリエット」がPBSにて生放送されるとのことです。

NYCBといえば、最近、シュツットガルト・バレエのプリンスパル、ダグラス・リーが振付けた新作も上演したのですよね。バランシンやロビンスの作品を中心に上演しているとはいえ、アレクセイ・ラトマンスキーやクリストファー・ウィールダンなどの若手振付家の作品も取り入れているし、なかなか意欲的です。

ダグラス・リーのNYCB新作「Lifecasting」の記事
http://www.timeout.com/newyork/articles/dance/70784/cast-away

ダグラス・リーも、イリ・ブベニチェクの参加したNew York Choreographic Instituteに参加しており、今まで9人の参加者(その中には、ラトマンスキーやウィールダンもいます)の作品がNYCBで上演されたとのことです。


ところでNYCBといえば、10月に予定されているという来日公演。ずっと特報のチラシは配布されているものの、それ以上の情報がなかなか入ってきませんね。まだまだ先ではありますが、日程くらいは教えてもらえると嬉しいな、と。

« ローザンヌでの吉田都さんのインタビュー/東京バレエ団「ジゼル」キャスト | トップページ | 3月にパリ・オペラ座「椿姫」ロイヤル「マノン」ゲルギエフ指揮「春の祭典」他NHKハイビジョンで放映 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローザンヌでの吉田都さんのインタビュー/東京バレエ団「ジゼル」キャスト | トップページ | 3月にパリ・オペラ座「椿姫」ロイヤル「マノン」ゲルギエフ指揮「春の祭典」他NHKハイビジョンで放映 »