BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« シュツットガルト・バレエ「オネーギン」祭り終了、覚書その1(まだ全然途中) | トップページ | 12月1日は世界エイズデー/Dancers Responding to AIDS »

2008/12/02

ボリショイ・バレエ「ドン・キホーテ」12/3、4のキャスト

シュツットガルト・バレエの東京公演が終わったと思ったら、水曜日からはボリショイ・バレエの東京公演が始まるんですよね。
ジャパンアーツのボリショイ・バレエブログに、「ドン・キホーテ」最初の二日間のキャストが出ていました。札幌公演のレポートも。なんだか気の毒になってしまうような過密なスケジュールなんですね。12月ともなれば、勤め人もとても忙しくなってしまうわけなのですが。

12月3日
http://bolshoi-ballet.seesaa.net/article/110518955.html

キトリ/ドゥルシネア : マリーヤ・アレクサンドロワ
バジル (床屋) : ドミートリー・ベロゴロフツェフ
ドン・キホーテ (さすらいの騎士) : アレクセイ・ロパレーヴィチ
サンチョ・パンサ (ドン・キホーテの剣持ち) : アレクサンドル・ペトゥホーフ
ガマーシュ (金持ちの貴族) : デニス・サーヴィン
フアニータ (キトリの友人) : アンナ・レベツカヤ
ピッキリア (キトリの友人) : オリガ・ステブレツォーワ
エスパーダ (闘牛士) : アンドレイ・メルクーリエフ
ルチア (街の踊り子) : アナスタシア・メシコーワ
メルセデス (踊り子) : マリーヤ・イスプラトフスカヤ
ロレンソ (キトリの父) : イーゴリ・シマチェフ
森の精の女王 : アンナ・ニクーリナ
3人の森の精 : ユーリヤ・グレベンシチコワ,ネッリ・コバヒーゼ
          ヴィクトリア・オーシポワ
4人の森の精 : アレーシャ・ボイコ,スヴェトラーナ・パヴロワ
          ユーリヤ・ルンキナ,スヴェトラーナ・グネードワ
キューピッド : アナスタシア・スタシケーヴィチ
スペインの踊り : クリスチーナ・カラショーワ
           アンナ・バルコワ,エカテリーナ・バルィキナ
ジプシーの踊り : アンナ・アントロポーワ
ボレロ : アンナ・バルコワ,エフゲーニー・ゴロヴィン
グラン・パの第1ヴァリエーション : エカテリーナ・クリサノワ
グラン・パの第2ヴァリエーション : チナラ・アリザデ

クリサノワが第一ヴァリエーションなんですね!そしてネッリ・コバヒーゼが3人の森の精の中にいます。美形のデニス・サーヴィンくんがガマーシュなのも嬉しい。


12月4日
http://bolshoi-ballet.seesaa.net/article/110519021.html

キトリ/ドゥルシネア : ナターリヤ・オーシポワ
バジル (床屋) : イワン・ワシーリエフ
ドン・キホーテ (さすらいの騎士) : アレクセイ・ロパレーヴィチ
サンチョ・パンサ (ドン・キホーテの剣持ち) : アレクサンドル・ペトゥホーフ
ガマーシュ (金持ちの貴族) : デニス・サーヴィン
フアニータ (キトリの友人) : アンナ・レベツカヤ
ピッキリア (キトリの友人) : オリガ・ステブレツォーワ
エスパーダ (闘牛士) : アルテム・シュピレフスキー
ルチア (街の踊り子) : アナスタシア・メシコーワ
メルセデス (踊り子) : マリーヤ・イスプラトフスカヤ
ロレンソ (キトリの父) : イーゴリ・シマチェフ
森の精の女王 : エカテリーナ・シプーリナ
3人の森の精 : ユーリヤ・グレベンシチコワ,ネッリ・コバヒーゼ
          ヴィクトリア・オーシポワ
4人の森の精 : アレーシャ・ボイコ,スヴェトラーナ・パヴロワ
          ユーリヤ・ルンキナ,スヴェトラーナ・グネードワ
キューピッド : アナスタシア・スタシケーヴィチ
スペインの踊り : クリスチーナ・カラショーワ,アンナ・バルコワ
           エカテリーナ・バルィキナ
ジプシーの踊り : アンナ・アントロポーワ
ボレロ : アンナ・バルコワ,アントン・サーヴィチェフ
グラン・パの第1ヴァリエーション : エカテリーナ・クリサノワ
グラン・パの第2ヴァリエーション : ネッリ・コバヒーゼ

こっちは、ネッリちゃんが第二ヴァリエーションにも入っています。何気にかなり豪華なキャストですね。
それから、ご丁寧に残席の状況も載っています。
http://bolshoi-ballet.seesaa.net/article/110260465.html
ザハロワの白鳥の湖最終日はソールドアウトです。ザハロワの初日もほとんど残っていませんね。なのに、「明るい小川」はこんなに残っているなんて。私はショスタコーヴィチのファンでもあるので、「明るい小川」が一番楽しみです。フィーリンのポワント姿も見られますし!やっぱりバレエと言えば「白鳥の湖」なんでしょうか…。

« シュツットガルト・バレエ「オネーギン」祭り終了、覚書その1(まだ全然途中) | トップページ | 12月1日は世界エイズデー/Dancers Responding to AIDS »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。オネーギンの感動に浸ってる間に、あぁ~!気持ちの切り替えまで忙しい12月ですね。
キャスト、若干変更あったのも知らずにいましたsweat01、情報ありがとうございます。アレクサンドロワのドンキは楽しみ♪。「白鳥~」私は、客演じゃないザハロワ観たさで^^; 「明るい小川」がなんと言っても楽しみですが、残席もったいないですね。
記憶が「日光写真」のようにすぐ薄れがちな最近ですが、心して楽しみたいですnote

こんばんわ!!
ウチは4日なのですが、森の女王はニクーリナを観たかったです~
でもファンであるレベツカヤちゃんが両日ともキトリの友人でニンマリでもあります。
嫁はシュピレフスキーのエスパーダに若干の不安を抱いてる様です(笑)
9日の「明るい小川」取ろうかなぁ~


マーキーさんおはようございます。昨夜はココログがメンテナンス中で投稿もコメントもできずすみません!

シュツットガルトから切り替えができないままボリショイ祭に突入ですよね。私もまだ頭の中がマリイン王子お花畑なのですが、切り替えて行かないと。

その前にオネーギンの感想も忘れないうちに書かなくちゃ。

Fさん、こんにちは。

細かいキャストまで出してくれるのがうれしいですよね。レベツカヤちゃんは本当にめちゃめちゃ可愛いですよね。

問題は、開演時間に間に合うように会社を出られるかです。一回でもエレベーターで引っ掛かったらアウトなんで。

明るい小川は絶対楽しいと思いますよ。何てったってフィーリンの女装ポアント姿だし、音楽も楽しいです。昨日ちょっと見せてもらいました。

アルチョムのエスパーダはやばそうですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュツットガルト・バレエ「オネーギン」祭り終了、覚書その1(まだ全然途中) | トップページ | 12月1日は世界エイズデー/Dancers Responding to AIDS »