2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ローザンヌ国際コンクール2009のDVD審査通過者とコンクールの概要 | トップページ | 東京バレエ団2009年ラインアップ »

2008/11/07

イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演

ABTのイーサン・スティーフェルが、11月5日、ナショナル・バレエ・オブ・カナダのシーズン・オープニング作品、バランシンの「シンフォニー・イン・C」のサード・ムーヴメントに出演しました。11月8日にも、もう一度踊る予定です。

イーサンのインタビューがカナダの新聞に載っていました。
http://www.thestar.com/article/530652

ナショナル・バレエ・オブ・カナダのサイトに掲載されているバイオ
http://www.national.ballet.ca/thecompany/principals/Ethan_Stiefel.php

ABTに移籍する前はNYCBのプリンシパルだったイーサンなので、きっと見ごたえのあるステージだったでしょうね。彼は今年の初めにオーストラリア・バレエの「マノン」にレスコー役で客演の予定でしたが、教師として招かれたノースカロライナ・スクール・オブ・アーツのバレエ学校で教えるために、やむなくキャンセルしました。

イーサンが「シンフォニー・イン・C」を初めて踊ったのは、もう19年前、NYCBに入団した16歳の時でした。そのとき、彼はルドルフ・ヌレエフ、ミハイル・バリシニコフ、フェルナンド・ブフォネスら伝説的なダンサーたちの横で、男子向けの特別なクラスで学んでいました。35歳となった今、イーサンは指導もするようになりました。

先日Oxygenチャンネルで放映され、来年DVD化される映画「センターステージ2 Turn it up」では、イーサンは30秒のヒップホップ作品を踊っているということです(作品の評判は散々なもののようですが)。

未だ踊ることへの情熱は衰えないようで、好きな振付家はと聞かれて、ブレノンヴィル、アシュトン、ロビンス、バランシン…と延々と名前を挙げていったそうです。また、コンテンポラリーの振付家では、イリ・キリアンやオハッド・ナハリンの作品を踊るのが楽しいとのこと。同時にまた、ボブフォッシーの作品を踊った経験から、ブロードウェイミュージカルの作品も踊ってみたいとのこと。

「シンフォニー・イン・C」を踊るにあたっては、まるでオリンピック選手のようなトレーニングを積んだそう。バーレッスンから始まり、2週間前から跳躍、そしてこの作品を踊るのに必要なスタミナを得るためのエアロビクスを行ったとのこと。そして1週間前からは回転の練習を行ってマスターしようとするそうです。しかしながら、誰であっても、いくら準備しても十分に準備できたとは思えないのが、「シンフォニー・イン・C」だそうで。意志の力が何よりも必要な役柄だそうです。

« ローザンヌ国際コンクール2009のDVD審査通過者とコンクールの概要 | トップページ | 東京バレエ団2009年ラインアップ »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローザンヌ国際コンクール2009のDVD審査通過者とコンクールの概要 | トップページ | 東京バレエ団2009年ラインアップ »