BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ボリショイ・バレエの来日公演キャスト変更(何回目?) | トップページ | イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演 »

2008/11/06

ローザンヌ国際コンクール2009のDVD審査通過者とコンクールの概要

ローザンヌ国際バレエコンクール2009の候補者(DVD審査通過者)リストが発表になりました。

http://www.prixdelausanne.org/pdf/2009/Selected_Candidates_09.pdf

31カ国から参加。女子は150人中53人が通過し、53人中、18人が日本人ということです。男子は受験者が42名で22名通過、22名のうち日本人は4人といずれも最多。あまりダンサーの卵の名前に詳しくないので、誰が通過した!というのはよくわからないのですが。日本人でも、すでに海外のバレエ学校に留学している人が多いんですね。

この他、ダンザアメリカ(南米)枠の3名、韓国とアメリカのコンクール枠3名(うち2名はソウル国際コンクール、1名はYAGP)が加わります。

ただ、以前にも出場している人が再度挑戦しているんですね。なんといっても驚いたのが、2007年に決勝に出場してスカラシップを受賞(5位)したテルモ・モレイラ(ポルトガル)の名前があること。彼は、ワガノワ・バレエ学校に留学しているんですね。踊るのが楽しくて仕方ないという感じで強い印象を残した、15歳だった彼が、17歳になってどんな風に進歩しているのか、楽しみです。根本里菜さんは、「学校へ行こう」の中村祥子さんが出演した回に出ていた子ですね。去年も出場したようで、今フランスに留学しているようです。

それよりも面白いのが、日本語で書かれているコンクールの概要。
http://www.prixdelausanne.org/pdf/2009/jp/04-Competition-Procedure-09-j.pdf

どのような経過で選考が行われているか、DVD審査にはどのような映像を収録するのか、課題曲は何か(年齢によって違う演目になっています)、どんな服装をすれば良いのか、などが指示されています。

コンテンポラリー・ヴァリエーションは今年もノイマイヤー作品。

女子:
A Cinderella Story (シンデレラ・ストーリー)
Bach Suite II (バッハ組曲 Ⅱ )
Nocturnes (ノクターン)
Pr Préludes CV ludes (プレリュード CV)
Requiem (レクイエム)
Vaslaw (ヴァスラフ 女性バリエーション)

男子:
Le Sacre (祭典)
Nijinsky (ニジンスキー)
Spring and Fall (スプリング・アンド・フォール)
Vaslaw (ヴァスラフ 男性バリエーション)
Wrong Note R Rag ag (ロング・ノート・ラグ)
Yondering (ヨンダリング)

と、去年と少しだけ演目が変わっています。またファイナルのテレビ放映で、「ニジンスキー」が観られるかと思うとこれも楽しみですね。

« ボリショイ・バレエの来日公演キャスト変更(何回目?) | トップページ | イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボリショイ・バレエの来日公演キャスト変更(何回目?) | トップページ | イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演 »