BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演 | トップページ | AROP賞にシモン・ヴァラストロとアリス・ルナヴァン »

2008/11/07

東京バレエ団2009年ラインアップ

アッサンブレ会員の友達に教えていただきました。会員あてに案内がきたそうです。

東京バレエ団創立45周年記念公演シリーズ

[2009年]

(1)マラーホフ版「眠れる森の美女」全幕
1月8日〜1月10日 東京文化会館

(2)<ベジャール・ガラ>
2月6日〜2月11日 ゆうぽうとホール

(3)「白鳥の湖」全幕
3月14日〜3月15日 ゆうぽうとホール

(4)<創立45周年記念スペシャル・プロ>
4月

(5)「ジゼル」全幕 6月

(6) 第12回世界バレエフェスティバル
全幕特別プロ、<ベジャールに捧ぐ>
7〜8月

(7)マカロワ版「ラ・バヤデーヤデール」全幕【東京バレエ団初演】
9月〜10月

(8)ワイノーネン版「くるみ割り人形」全幕
11月〜12月

[2010年]

(9)「ラ・シルフィード」全幕
1月

(10)アシュトン振付「シルヴィア」全幕 【東京バレエ団初演】
2月〜3月

それから、「ちょこっと劇場に行ってきます」のmiyaさんに教えていただいていた公演が東京バレエ団オフィシャルサイトにも載りました。

東京バレエ団「白鳥の湖」

◆公演日
2009年3月14日(土)6:00p.m.
2009年3月15日(日)3:00p.m.

◆会場:ゆうぽうとホール

◆入場料(税込)
S¥10,000 A¥8,000 B¥6,000 C¥5,000 D¥4,000
エコノミー券¥2,000 学生券¥1,500
Sペア券¥19,000 Aペア券¥15,000

◆予定される主な配役
オデット:上野水香(3/14)/高木綾(3/15)
オディール:上野水香(3/14)/田中結子(3/15)
ジークフリート王子:高岸直樹(3/14)/木村和夫(3/15)
ロットバルト:後藤晴雄(3/14)/柄本武尊(3/15)
道化:松下裕次(3/14)/小笠原亮(3/15)
パ・ド・トロワ:高村順子、佐伯知香、長瀬直義(3/14)
/乾友子、吉川留衣、松下裕次(3/15)

◆前売開始日:2008年12月20日(土) 10:00a.m.

東京バレエ団「白鳥の湖」<Stars of Tomorrow>(若手特別公演)

◆公演日
2009年3月14日(土)1:00p.m.

◆会場:ゆうぽうとホール

◆入場料(税込)
S¥5,000 A¥4,000 B¥3,000 C¥2,000学生券¥1,000
Sペア券¥9,000 Aペア券¥7,000

◆予定される主な配役

オデット:渡辺理恵
オディール:川島麻実子
ジークフリート王子:柄本武尊
ロットバルト:柄本弾
道化:中川リョウ
パ・ド・トロワ:森志織、福田ゆかり、宮本祐宜

◆前売開始日:2008年12月20日(土) 10:00a.m.


来年は古典中心のようですね。バヤデールとシルヴィアにはびっくりです。東京バレエ団の団員では主演クラスは厳しそうなのでゲスト呼ぶんでしょうね。バヤデールはぜひやってほしいと思ってました。


もっとびっくりなのが白鳥のキャストで、失礼ながら上野水香さんの日以外はチケット売れるのかしらと思いました。

若手公演は、誰一人として顔と名前が一致しないし。
柄本さんは新国立から今年移籍した方ですが、くるみの光の天使、白鳥のロットバルトにも入っていたり、眠りの四人の王子も踊る予定と、期待されているんですね。長身だからかしら。弟の柄本弾さんもロットバルトにキャストされていますね。

田中結子さんも硬くてとてもオディールなんか踊れるタイプとは思えません。オディールとオデットのふた役を踊れる人をなんでキャストしないんでしょう。西村真由美さんなどはぴったりに思えるのに。

男性も、端正な平野さんや今やプリンシパルの中島さんに古典王子を経験させてほしいです。

長年ベテランがずっと主役を踊っていたので、若手を主役にすること自体は良いと思います。が、いくらなんでも若手に飛びすぎですよね。今までチャンスに恵まれなかった中堅ダンサーの立場はどうなるんでしょう。

東京バレエ団は、ずいぶんと中堅の良いダンサーが辞めていってしまったものだと思いました。武田明子さん、大島由賀子さん、長谷川智佳子さん、古川和則さん、大嶋正樹さんなどなど……。

追記:友達に指摘されて気がついたのですが、マカロワ版の「ラ・バヤデール」は、初日は、主役に関してはマカロワ版を踊ったことのあるダンサーが必ず踊らなくてはならないそうです。そのため、アンヘル・コレーラのコレーラ・バレエが「ラ・バヤデール」マカロワ版を初演した時には、わざわざパロマ・ヘレーラ(ニキヤ)とジリアン・マーフィ(ガムザッティ)をゲストとして呼んできました。

マカロワ版「ラ・バヤデール」を上演しているのは、ABTとロイヤル・バレエとミラノ・スカラ座(それとコレーラ・バレエ)なので、これらのカンパニーからゲストが出演するということでしょうね。
そうすると、誰になるんでしょう。NBSの関係から考えると、やはりロイヤルかスカラ座のダンサーになると思います。

「シルヴィア」は多分ロイヤルからのゲストが来るんでしょうね。ABTもアシュトン版「シルヴィア」を上演していますが、上記の理由から。

« イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演 | トップページ | AROP賞にシモン・ヴァラストロとアリス・ルナヴァン »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イーサン・スティーフェルがナショナル・バレエ・オブ・カナダに客演 | トップページ | AROP賞にシモン・ヴァラストロとアリス・ルナヴァン »