最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« K-Ballet Company 『ピーターラビットと仲間たち』&『放蕩息子』 | トップページ | 朝日新聞のボリショイ・バレエ特集 »

2008/10/30

新国立劇場「シンデレラ」ゲストダンサー変更、「コッペリア」ゲストダンサー決定、出演日変更

お友達に教えていただいたのですが、新国立劇場の「シンデレラ」、怪我で降板するアリーナ・コジョカルの代役がようやく決まったそうです。元マリインスキー・バレエ、現在オランダ国立バレエプリンシパルのラリッサ・レジュニナと懐かしい名前です。

http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000538.html

また、「コッペリア」ゲストがタマラ・ロホホセ・カレーニョと発表されました。

問題は、ゲスト日が変更になり、初日が本島美和さんになったことです。プルミエ会員の私からすると冗談じゃない、です。なんでシーズン席を買って本島さんのスワルニダを観なくちゃならないのか、ふざけるな、です。前回のコッペリアでの散々な舞台の後の、この優遇ぶりは謎です。

以下、新国立劇場サイトより。

「シンデレラ」ゲストダンサー変更、
「コッペリア」ゲストダンサー決定、出演日変更のお知らせ

■「シンデレラ」について
「シンデレラ」12月20、22、23日に出演予定のアリーナ・コジョカルが怪我のため出演できなくなりました。
代わってラリーサ・レジニナ(オランダ国立バレエ団プリンシパル)が出演いたします。

■「コッペリア」について
未定でした「コッペリア」ゲストダンサーにタマラ・ロホとホセ・カレーニョが決定しましたのでお知らせします。

なお、タマラ・ロホについては所属バレエ団の都合により6月28、29日の出演となります。当初出演が予定されていた6月26日(公演初日)には本島美和が出演いたします。

なお両公演ともチケットの払い戻しはございませんのでご了承ください。
アトレ会員の皆さまには、後日改めてご連絡させていただきます

*************

追記:払戻の件について、まずボックスオフィスに電話してみました。ゲストを見るのを前提で販売されていたセット券を買ったのに、何でゲスト出演日に振替できないのか、というのとアトレ会員には改めて連絡するというのはどういう意味か、と。

払戻や振替はいかなる場合もしない、アトレ会員には郵便物で今回の変更を知らせるということでした。ご納得いただけない場合には営業部に電話して下さい、ということなので、営業部にも電話しましたが、やはり同じ説明だったのです。上層部に、意見があったことは伝えるとのことでしたので、去年のコッペリアで酷い踊りを見せた本島さんをゲストの代役にするとはひどい対応だと伝えておきました。このような意見が集まれば、少しは考えてくれるといいんですが。

何で本島さんがコッペリアで3回も主演で、寺島ひろみさんが一回のみなのか、理解不能です。何故実力で劣る本島さんが、ファーストソリストの寺島さんや川村さんを差し置き、アラジンの初日やニューイヤーガラに起用されるのか、納得いく説明をしてほしいです。テレビCMで有名になったからって、バレエの実力とはまた別の話ですよね。国立のバレエ団なのですから、もう少しフェアなキャスティングをお願いしたいです。

« K-Ballet Company 『ピーターラビットと仲間たち』&『放蕩息子』 | トップページ | 朝日新聞のボリショイ・バレエ特集 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

シンデレラにレジュニナさんのお名前を見てびっくり
&懐かしい~でしたよ。相変わらず可愛らしいのかしら。
キーロフの眠りの録画ビデオとくるみ割りのDVDも何度も
見返してしまうくらい可愛くて好きなのです。

そして私も超ショックなのが初日の本島さん…
本当に最悪です。プルミエのチケットで本島さんだなんて。
寺島ひろみさんが順当だと思います。団のファースト・ソリスト
なのにどうして彼女がキャスティングされないのでしょう。
前回のスワニルダだってとっても可愛くて見ていて幸せ気分に
なりましたよ。階級を設けた意味が全然無いです。
初日が本島さんなら、見るのを止めようかと思っています。

えりさん、こんばんは。
早速の情報をお知らせいただきありがとうございます!私も、ルジマトフとレジュニナが踊った「眠り」の映像は何回も観ましたよ。その頃は本当に可愛かったですね~。
最近では、ハンス・ファン・マーネン・フェスティバルのDVDに出ていたのを見ましたが、今も素敵でした。シンデレラ、楽しみにしています。

しかし本島さんの件はショックですよね。タマラちゃんが観られると思って楽しみにしていたのに。
そう、そしてなんでひろみさんも、スワニルダにキャスティングされているのに、初日が彼女ではなく本島さんなんでしょう…。納得できません。私も、もし振り替えができないのなら、チケットを売って別の日で取り直すと思います。とりあえず、新国立劇場のサイトからメールを送っておきました。

naomiさん、ご無沙汰しております。
やっぱり来ませんねぇ、コジョカル・・・
しかしラリッサ・レジュニナとは驚きました。
私もその「眠り」で見てました。あれは当たり役でしたね。
失礼な話、もう引退されているのかと思ってました。
ルジマトフと一緒に考えてしまっていたのですね。
同じキラキラ系の役なので期待できるでしょう。

コッペリアはお気の毒です。
会員に後日改めて・・・というのが気になりますね。
はたしてどんな内容、いや言い訳なのか。

いつも有用な情報をありがとうございます。
コジョカル、また怪我しちゃったのですか。残念ですが、
レジュニナは、今ではなかなか日本で踊る機会も少ないのじゃないでしょうか?そういう意味では、楽しみです。
ヨハン・コボーはそのままですよね?

話変わって、コッペリアの初日はお気の毒です。私の方は、たまたま、シーズンセット券を注文するときにアトレの方から、プルミエは混んでいるので、ソワレにしてくれないか?との手紙が入っていて、変えていて、ロホとカレーニョのペアにはなったのですが・・・
おっしゃるように本島さんの優遇ぶりは私も不思議に思っています。どう考えても、他のダンサーの方が演じる方がはるかに心豊かにしてくれると思います。naomiさんの新国立劇場への訴えは当然のことと思います。

他にもいつもnaomiさんならではのエントリーがあるのに、コメント残せずごめんなさい。いつも楽しみに読んでいます。

今日、新国からキャスト変更のお知らせが届きましたが、レジュニナさんのことを「知る人ぞ知るミステリアスなダンサー」と紹介していましたね。そんな紹介の仕方をしたら、海のものとも山のものとも知れない人が突然主役を踊る事になったようなイメージで、レジュニナさんが気の毒です。過去に日本でも踊っていて人気もあったのに。このお知らせを書いた方がレジュニナさんを知らなかったんでしょうねえ・・・。それにしてもこのお知らせ、文面がとても釈明じみて苦しげなのは、払い戻しの問い合わせが多いせいでしょうか?

Fさん、こんばんは。気がつけばご無沙汰してしまいました。
コジョカルちゃんが来ないのは、本当にFさんにとっては、わかっていても現実を知らされておつらいことともいます。私も、以前に観た彼女のシンデレラの愛らしさ、清らかさに心洗われる思いがしたので、今回観られないのが本当に残念です。
レジュニナ、たしかにオランダ国立バレエは来日をするカンパニーではないので動向が伝わってこないから、活動しているかどうかわからないですよね。意外な名前を聞いた気がしますが、キラキラ感は十分ありそうだし、きっと素敵な踊りを見せてくれると思います。

コッペリアについては、私はまずはルシア・ラカッラ、そしてタマラ・ロホと期待をしていたので、本当にガッカリです。というかその怒りを思わず新しいエントリーに書いてしまいました。新国立からの手紙は、火に油を注ぐものでした。

togaさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます!

ヨハン・コボーはそのまま出演するって、今日の新国立からのお手紙にも書いていました。コジョカルの首は持病のようなので、本当に気の毒です。

私の友達も、ソワレでシーズンセット券を買っている人も結構いるんですよね。私は仕事がなかなか定時で上がれないので、土日が多く含まれているプルミエにしているんです。前のシーズンから継続しているのですよね。

まあ、日本のバレエ界は、草刈さんがあのように日本を代表するバレリーナってことになっているくらいなので、色々と問題があるんでしょうね、きっと。内部のことは部外者なのでよくわかりませんが…。観ていて心豊かになれる、っていうのが舞台芸術の醍醐味ですよね、ホントに。

クロードさん、こんばんは。

クロードさんのところにもお手紙が来たのですね。本当におっしゃるとおり、「知る人ぞ知るミステリアスなダンサー」って表現はレジュニナさんに失礼だと思います。ちょっとバレエファン歴の長い人や、ルジマトフのファンだったらよく知られているわけだし。新国立劇場の人がよく知らないだけなんじゃないの、と思ってしまいます。

あれだけの長文を書いているってことは、やっぱりかなりの問い合わせが来ている&今後来ることが予想されているってことなんでしょうね。当然だと思いますが。こんな言い訳ではなくて、誠意を見せて欲しいと思いますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K-Ballet Company 『ピーターラビットと仲間たち』&『放蕩息子』 | トップページ | 朝日新聞のボリショイ・バレエ特集 »