BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「アイアンマン」Iron Man | トップページ | NBSニュース(パリ・オペラ座バレエ学校、佐々木忠次氏コラム最終回)/ダーシー・バッセル「Viva La Diva」 »

2008/10/06

ジャパンアーツのボリショイ・バレエブログにザハロワのインタビュー

ジャパンアーツのボリショイ・バレエ2008ブログに、スヴェトラーナ・ザハロワのインタビューが掲載されています。第一弾のようで、まだ続くみたいですね。

ザハロワのポートレートがもう美しい~です。海外など外部で踊る場合でもボリショイの稽古場を使うことができるのだそうですね。ボリショイ劇場といえば来年新国立劇場の「椿姫」がザハロワ主演で上演される予定ですが。

彼女は往年の名プリマ、リュドミラ・セメニャカの指導を受けているのですが、実際に動いて教えてくれるのだそうです。体の構造や感情の流れについても教えてもらったり、現役時代の話も参考になるとのこと。そういえばセメニャカには「ライモンダ」の素晴らしい映像がありますが、ザハロワのボリショイでの映像って「ファラオの娘」しかないんですよね。ボリショイは最近は新しい作品しか映像に残していないので、ザハロワ主演の古典を収録して欲しいって思います。ミラノ・スカラ座での映像は色々出ていますが…。

ザハロワといえば、現代最高の白鳥の一人とされていますが、最初に『白鳥の湖』に主演したのは、20歳の時で、以来、10年近く踊っているけれど、未だに難しいそうです。グリゴローヴィチの指導を直接受けたのは今年の4月の「スパルタクス」が初めてだったとのこと。ザハロワはエギナを踊ったんですよね。ザハロワのエギナってなかなか想像がつかないので、観てみたいです。「自分のイメージ通りだ」とグリゴローヴィチに褒めていただけて、嬉しかったそうです。ますます興味しんしんですよね。次回のボリショイの来日公演は「スパルタクス」でお願いしたいです。ボリショイのオーケストラつきで。

******

このボリショイ・バレエ・ブログのちょっと前の記事には、「明るい小川」の作品紹介が載っています。写真入でストーリーを詳しく紹介しているので、予習にぴったりですね。楽しい雰囲気が伝わってきます。2日間とも観に行くので今から楽しみなのですが、ルンキナの出演はどうなるんでしょうか?

それから、マリーヤ・アレクサンドロワのインタビューも載っています。またこの前髪パッツンのヘアスタイルが可愛らしいですね。主に「明るい小川」について語っています。ユーモアのある楽しい作品なので、子どもも楽しめる、ファミリー向けの作品とのことで、ますます楽しみになってしまいます。役作りについては、マーシャは徹底的に考える方だそうで、自分が踊る作品の題材となったものがあれば、その資料や文献には必ず目を通し、美術館に行って徹底的に研究することもあるとのことです。どの作品も舞台に立つ前のメイクは自分でするし、ヘアスタイルなども指示されたままではなく、役を考えて自分の意思を担当に伝えて、役になりきるそうです。一応、彼女が出演する公演は全部見る予定なので、3つの演目で、それぞれどんなマーシャが見られるのか、ワクワクしますね。

« 「アイアンマン」Iron Man | トップページ | NBSニュース(パリ・オペラ座バレエ学校、佐々木忠次氏コラム最終回)/ダーシー・バッセル「Viva La Diva」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、こんにちは。
そうです、ルンキナさん。どうなるのでしょう。ボリショイは、明るい小川彼女の出演ノ日しかとってないんです。
ザハロワさまもドンキと白鳥ばっかでさ、年末忙しいんだから、おおおおっていうの持ってきてよ、で、来年のガラ待ち。
バレリーナは体幹を鍛えてるから、安産でしょうね。体形もトレーニングで戻るんでしょうね。からだの声の聞き方を知ってるから、出産もプラスにしていけるんでしょう。
で、今は公演を見に行かなかった隙をついて、歌舞伎昼の部安い席に行ってます。
すっごく楽しくって、毎月毎日やってるし、プラット行ってます。
やっぱり、舞台がいいです。

よしのっちさん、こんばんは。
そう、私もルンキナさんの出演する「明るい小川」取っているので、どうなるのかな、と不安です。玉突きで他のキャストも変わることのないように祈っています。
ザハロワ・ガラはすごく観たいんですが、その時期日本にいない可能性が高いんですよね。今回彼女のドン・キホーテは取っていませんが、白鳥は取りました。12月って何かと忙しいので、チケットは取ったけど本当にいけるのか、やはり不安がありますね。

歌舞伎は私もたくさんは行っていませんが、母と時々行きます。観に行くとすごく面白いし、美しいし、ハマりそうになりますよね。開演時間が早いので、なかなか平日には観に行けないんですが。
また母にいつ観に行くのか、聞いてみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アイアンマン」Iron Man | トップページ | NBSニュース(パリ・オペラ座バレエ学校、佐々木忠次氏コラム最終回)/ダーシー・バッセル「Viva La Diva」 »