BlogPeople


2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | トップページ | ジャパンアーツのボリショイ・バレエブログにザハロワのインタビュー »

2008/10/06

「アイアンマン」Iron Man

バレエのシーズンオフで、すっかり映画ブログとなってきた感じだけど…。

「アイアンマン」
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニーJr.
   テレンス・ハワード
   グウィネス・パルトロー
   ジェフ・ブリッジス

http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/
http://www.imdb.com/title/tt0371746/

観た人の評判がいいのもよくわかる、面白い映画だった!

オープニングが、アフガニスタンでラジカセ?から流れるAC/DCの「バック・イン・ブラック」、エンディングがお約束のブラック・サバスの「アイアンマン」という選曲がまずツボ。

アイアンマンが巨大軍需企業の社長なんだもの。大金持ちで、天才科学者で、女性にモテモテで、チョイ悪系イケメンで、ギャンブル好きで、スピード狂で、社長。こういう陽性のヒーロー、いいな~。 アメ込みの主人公はダークヒーローが多いので、彼の明るさ、ちょっと能天気でやんちゃなところが余計気持ちよい。

しかも、ロバート・ダウニーJrが社長。クスリでたびたび捕まって、「アリーmyラブ」を降板させられた時には、この人も終わっちゃったのかと思ったら、華麗なる復活。キャンペーンで来日したと聞いた時には感慨深かったですわ。そこらへんのイケメンじゃなくて、身長が本当は173cmで、グウィネス・パルトロウより絶対に背が低いので底上げしている。だけど睫の長いパッチリしたお目目が可愛いのに、渋くてチョイ悪の彼なのがいい。 (というか、彼が主役だから観に行ったようなもの)

シャチョーなのに、自分で手作りでアイアンマンを組み立てるところが職人みたいでカッコいい。自分で何回も実験して、失敗して消火剤かけられたり、壁にぶつかったりするのが可愛い。自分の会社が輸出した兵器が人々を傷つけているのを見つけてすぐに兵器製造をやめますって一瞬で悔い改めて転向するところがまたナイーブでいいわ。モテモテなのに、ドレスを着た秘書嬢に急にときめいたり、告白できなかったりするところもキュートだし。 きわめつけは、あの記者会見のアドリブと、大喜びする記者連中!

手作りアイアンマン1号でアフガニスタンを脱出する時に、あんなにボコボコにされたり、弾があたっているのに全然平気そうなところは、中の人(=社長)もアイアンマンなのね。

ありえないスピードで急上昇したり、村に降り立って人々を一瞬で助けたり、すんごい爽快感があるし、装着する時のガチャンガチャンする音が渋い。大人が見ても楽しい、なんともいえない洒落心をくすぐる映画だった。

ところで、ジェフ・ブリッジスが出ていたのは、エンドクレジットが出るまで気がつかなかった(大汗)。まだまだ甘い私。


初めて「007 慰めの報酬」の予告編を観たんだけど、前の日に観た「愛の悪魔」でフランシス・ベーコンの繊細なヒモ愛人を演じていたダニエル・クレイグのボンドがえらく渋くていかしていて、これが同じ人かと思うほど。

« ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | トップページ | ジャパンアーツのボリショイ・バレエブログにザハロワのインタビュー »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ダニエル・クレイグ、気になる俳優さんです。DVDでカジノ・ロワイヤルを見ただけですが、ストーリーはさておき、ボンドのあまりのカッコ良さに続けて3回も見てしまいました!

ジョン・エヴァレット・ミレイ展は今週末見に行く予定です。学生のときラファエル前派の展覧会を見たことがあるのですが、そのときは「オフィーリア」は来ていなくて絵葉書だけだったんですよね。やっと本物が見れます。

ところで、草刈さんは引退公演では5曲も踊られる予定なんですね。そんなに無理されなくても。。。(笑)

peluさん、こんばんは。
「カジノロワイヤル」のダニエル・クレイグ、すっごくクールで、その中でちらりと見せる優しさが素敵で、本当にカッコよかったですよね。実は父が007マニアで、私も父に連れられて子供のときからよく一緒に映画館で観たので(そしてテレビ放映も)、007シリーズはかなり観ているんですが、歴代のボンドの中でも一番好みです。

ミレイ展、そういえばラファエル前派展に私も行った記憶があります。オフィーリアに会いにもう一回観に行ってもいいと思うほどですよ。他の作品も素敵だし。Bunkamuraのミュージアムは、金曜日と土曜日は9時まで開いているのが便利です。他の美術館も見習って欲しいなって思います。

で、草刈さんの情報ありがとうございました。ぐぐってみたら、記者会見と、イープラスの発売情報に行き当たりました。満足に踊れなくなって引退するなら、そんなに多くの演目を踊らなくても、って思いますよね、ホントに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | トップページ | ジャパンアーツのボリショイ・バレエブログにザハロワのインタビュー »