2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 英国ロイヤルバレエ「ラ・フィユ・マル・ガルデ(リーズの結婚)」DVD | トップページ | ダンスマガジン2008年12月号 »

2008/10/25

ニーナのABT引退公演は6月27日!ABTのMETシーズン発表

ABTの春のMETシーズンのスケジュールが発表されました。5月18日から7月11日です。

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=246

そしてニーナ・アナニアシヴィリのABTさよなら公演は6月27日「白鳥の湖」です。相手役はアンヘル・コレーラ。フリオ・ボッカが引退した今、ABTでのニーナのベスト・パートナーはアンヘルですよね。

目玉としては、まずはラトマンスキーによる新作「On the Dnieper」(プロコフィエフ作曲)が6月1日初日で上演されること。プロコフィエフ・プロのひとつとしての上演です。もともと、これはディアギレフの委嘱によりプロコフィエフによって作られた作品とのことで、初演は1932年パリ・オペラ座。プロコフィエフ・プロは、他にバランシンの「放蕩息子」と、クデルカの「デジレ」(音楽はプロコフィエフの「シンデレラ」)が上演されます。

また、バランシン・チャイコフスキー・プロがあり、「Allegro Brillante」が初演されます。初日5月19日はジリアン・マーフィが踊ります。他に踊られるのは「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」(マルセロ・ゴメスとパロマ・ヘレーラが初日)、「テーマとヴァリエーション」(初日はデヴィッド・ホールバーグとミシェル・ワイルズ)、「モーツァルティアーナ」(初日はヴェロニカ・パルトとマキシム・ベロツェルコフスキー)。

久しぶりのリバイバルとしては、ポール・テイラーの「エアーズ」と、ブレノンヴィル版「ラ・シルフィード」のダブル・ビル。「ラ・シルフィード」の初日6月15日は、エルマン・コルネホとシオマラ・レイエスが踊ります。

5月26日より「海賊」(初日はパロマ・ヘレーラとデヴィッド・ホールバーグ)、6月8日より「ジゼル」(初日はマルセロ・ゴメスとジュリー・ケント)、6月22日より「白鳥の湖」(初日は、イリーナ・ドヴォロヴェンコとマキシム・ベロツェルコフスキー)。

6月29日からはアシュトンの「シルヴィア」。初日はジリアン・マーフィとマキシム・ベロツェルコフスキー。そして最終演目はマクミランの「ロミオとジュリエット」で、7月6日が初日、主演はディアナ・ヴィシニョーワ。

カレンダーを見たところ、またキャストは入っていませんでした。

このシーズン出演する予定のプリンシパルの名前は、Nina Ananiashvili, Maxim Beloserkovsky, Roberto Bolle, Jose Manuel Carreno, Angel Corella, Herman Cornejo, Irina Dvorovenko, Marcelo Gomes, David Hallberg, Paloma Herrera, Julie Kent, Gillian Murphy, Xiomara Reyes, Ethan Stiefel, Diana Vishneva and Michele Wiles.
そして、ゲストとしてNatalia Osipova。

というわけで、ロベルト・ボッレのゲストプリンシパルは間違いないのですが、まだ演目は出ていません。多分「ロミオとジュリエット」「シルヴィア」は確実なのではないかと思います。あとは、「白鳥の湖」や「ジゼル」に出るかどうかですね。

オシポワは、噂によれば「ラ・シルフィード」と「ジゼル」に出演するようです。

来年のスケジュールを今から検討しなければ!

« 英国ロイヤルバレエ「ラ・フィユ・マル・ガルデ(リーズの結婚)」DVD | トップページ | ダンスマガジン2008年12月号 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

わ~。お知らせありがとうございます。やはりla dolce vitaを毎日見ていると良いことがありますね~(笑)。 ロベルトの出演も発表され嬉しいです。

ニーナのさよなら公演も話題になりそうですね。ところで公演ごとのキャストは通常いつごろ発表になるのですか?サブスクライバー以外のチケットの発売はたしか2月ごろでしたよね。

amicaさん、こんばんは。
待っていました!のABTシーズン発表ですね。
いつもは、大体演目と同時に、キャストもほぼ一緒に発表のはずなんですけど、今回のようなケースは珍しいです。多分、オシポワがゲストで来たり、ラトマンスキーの新作があったり、それにロビーやヴィシニョーワのスケジュール調整などで時間がかかっているんでしょうね。ヴィシニョーワは、まだ怪我が完治していないのに、それをおしてマリインスキーのUSAツアーに出演していたら、留守中にサンクトペテルブルグの自宅が空き巣に入られて、数千万円の被害額だったらしいです…お気の毒に。

とにかく、来年7月はNYにロビーを観に行きましょう!

naomiさん、お久しぶりです。早朝のパリの空港で偶然お会いして以来でしょうか(笑)?
ABT通のnaomiさんのおかげで、ロベルトのアメリカ進出情報をいち早くゲットできて大感謝!7月にMETでご一緒できたら嬉しいです。個人的には「ロミジュリ」が第一希望。もちろん全演目見たいけど、絶対無理ですから・・(泣)。

bambiさん、お久しぶりです!
ドゴール空港でお会いした時にはびっくりしました~早朝で眠くてぼや~っとしていたのが目が覚めました。体が二つ欲しいって思いましたよ!もうひとつはもちろんミラノへ!
そう、ついにロビーも、本格的にアメリカ進出ですね♪私もできることなら全部観たい!しかし絶対に無理なので、ひとつならやっぱりロミオとジュリエットですよね、やっぱり。NYでもお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国ロイヤルバレエ「ラ・フィユ・マル・ガルデ(リーズの結婚)」DVD | トップページ | ダンスマガジン2008年12月号 »