2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「犠牲の先に夢がある ~ロシア国立ペルミバレエ学校~」と再放送(11/21 BS1) | トップページ | 新国立劇場会報ジ・アトレと「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 »

2008/10/21

ボリショイのナタリア・オシポワ、ABTのゲストアーティストに

寝ようと思っていたら、びっくりのニュースが飛び込んできました。

先日ボリショイ・バレエのリーディング・ソリストに昇進したばかりのナタリア・オシポワが、来年のABTのMETシーズンにゲスト・アーティストとして出演することがプレス・リリースとして発表されたそうです。多分明日あたりABTのサイトにも載ることでしょう。

ABTのレジデント・アーティスティストとなったラトマンスキーが、ロシアからのダンサーを連れてくると言っていて、オシポワが来るのではないかという噂があったのですが、実現したのですね。

彼女が出演するとしたら、やはり「ドン・キホーテ」あたりでしょうか?

追記
ABTのオフィシャルにも、オシポワがゲストアーティストとして2009年シーズンに出演すると出ました。
http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=245

今までのレパートリーでABTと重なりそうなのは、「ドン・キホーテ」のキトリ、「ラ・バヤデール」
のガムザッティ、「ジゼル」のジゼルとペザント、「海賊」のメドーラとオダリスクですね。

ABTでの彼女の活躍も楽しみですね!キトリ以外にも、彼女の代表的な役柄が見つかると良いのですが。身長的なバランスで行けば、エルマン・コルネホやダニール・シムキンにぴったり合いそうです。

« 「犠牲の先に夢がある ~ロシア国立ペルミバレエ学校~」と再放送(11/21 BS1) | トップページ | 新国立劇場会報ジ・アトレと「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「犠牲の先に夢がある ~ロシア国立ペルミバレエ学校~」と再放送(11/21 BS1) | トップページ | 新国立劇場会報ジ・アトレと「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 »