BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« Swan Magazine Vol.13 | トップページ | ニュー・アドベンチャーズ「ドリアン・グレイ」Matthew Bourne's Dorian Grayその3 »

2008/09/21

ニュー・アドベンチャーズ「ドリアン・グレイ」Matthew Bourne's Dorian Grayその2

作品の大まかな展開とあらすじなどを詳述します。ネタバレ全開なので、ネタバレしたくない方は読まないほうがいいかもしれません。

P1010851s_2

1幕
The Sleeping Beauty
チャイコフスキーの「眠れる森の美女」の序曲が流れる。それは、眠れる森の美女ならぬ美男ドリアン・グレイの目覚まし時計のメロディで、彼はベッドから起き上がって目覚ましを止めるとともに、鏡に映る自分の顔に見入る。

Basil's World
場面は転換し、そこは今をときめくファッションカメラマン、バジル・ホールワードがモデルたちを撮影しているスタジオの中。グラマラスなモデルたちがポーズを取る中、カメラを持ったバジルは、華麗な跳躍を見せながらシャッターを切っていく。スリムで長髪、無精髭のバジルは、いかにも芸術家らしいスタイリッシュでセクシーな男性。カメラを構えながら所狭しと動き回る。

White Box Media Gallery
ホワイトボックス・メディアギャラリーというスタジオでは、ファッション界の大物であるレディHが、モデルを選んでいる最中。モデルたちは身をくねらせて彼女の気を引こうとしている。美しく、絶大な権力とカリスマ性を持つレデイH。舞台の後方で、目立たぬように立っているのは、モデルではなくオーディションでウェイターとして働いているドリアン(そしてもう一人、ドリアンにそっくりのウェイターもいる)。レディHやモデルたちが去った後で、一人後片付けをするドリアン。

Basil Shoots Dorian
そのドリアンに、ふとライトを当て、シャッターを切るバジル。バジルのカメラが捉えたドリアンの姿が、白い壁に大写しになる。最初はカメラに対して構え、緊張するドリアンだけど、次第にカメラを向けられ、シャッターを切られることに快感を覚え、どんどん挑発的な表情に変貌していく。このあたりのリチャード・ウィンザーの表情の変化が素晴らしいし、それらの表情が、撮影されたショットとして、バジルの目から見たドリアンとして、後ろのスクリーンに大写しになるのがまた効果的。カメラを構えたバジルと、被写体のドリアンの間の緊張感あるデュエットは、ドリアンの後ろにバジルの表情が写りこんだショットで終わる。やがてカメラを置いてウォッカをがぶ飲みしたバジルと、ドリアンは、激しい愛を交わす。踊りながら上着を、ベルトを、そしてパンツ(下着じゃない方の)を脱いだり脱がせたり。スピーディにポジションを動かし、お互いにリフトし合い、跳躍や逆立ちまで入ったアクロバティックな動きは、エロティックさをあまり感じさせないがスリリングで、見事な息の合わせ方。踊りという面では、この舞台最大の見せ場と言える。ドリアンのボクサーパンツはD&G、バジルはエンポリオ・アルマーニ。ファッション界におけるマーケティングを、これらのボクサーパンツに象徴させている。

(このパ・ド・ドゥのほんの一部は、BBCのサイトで見ることができる
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/newsnight/7606697.stm

Dorian
バジルが去った後、一人スタジオに残されたドリアンは、バジルが残していったカメラに興味を惹かれる。ドリアンは、自らにカメラを向けてシャッターを切ってみる。しまいには、カメラに取り憑かれたようにポーズを取り、戯れる。そこへレディHが入ってきて、ナルシスティックにカメラと戯れるこの青年に興味を惹かれ、品定めする。去り際に、名刺をドリアンに渡すレディH。ドリアンは、バジルではなく、カメラに恋をしているかのようだ。

The Science of Beauty
ドリアンは、サングラスに白衣、青い手袋をはめた人々に取り囲まれる。彼らの間で様々なポーズを取り、服をとっかえひっかえする。まるで、スーパーモデル製造機の中に入れられたかのように、工業製品として創り上げられたかのように、ドリアンはモデルへと変貌させられる。最後に香水を噴きかけられ、高々とリフトされ、スーパーモデルのドリアンが完成。不敵な笑みを浮かべた上半身裸の青年とIMMORTAL(不老不死)の文字。ドリアンの姿は、香水「IMMORTAL」のポスターに刻み付けられた。巨大なポスターの前で歓喜し、飛び跳ねるバジルのソロ。

セレブレティの仲間入りをしたドリアン。パーティと思しき会場で、華やかな男女に囲まれ、ソファの上から下から、右から横から、セレブたちの手により名刺を渡される。映画「アメリカン・サイコ」の名刺合戦を思わせるような、皮肉で笑えるシーン。ドリアンの隣に座っていたバジルは、彼とドリアンの間にレディHが入り込んだことで、傷ついたような表情を見せる。

Lady H at Home
レディHの寝室。ベッドの上にちょこんと座ったドリアン。レディHは、ドレスのホックを留めることを要求し、それから、長く美しい脚でドリアンを誘惑する。壁の向こうで、その様子をパパラッチのように覗くセレブたちと、悲しげなバジル。ドリアンはレディHと関係を持つが、それはもちろん彼女の持つ権力と寝たのであって、野心に燃える視線を客席に向ける。

Romeo, Romeo
ドリアンを待ち伏せするバジル。しかしドリアンはレディHと登場し、再び傷つくバジル。ドリアンたちは、劇場へと足を運ぶ。そこでは、プロコフィエフの音楽が流れ、バレエ「ロミオとジュリエット」が上演されている。白く長いマントをたなびかせ、白タイツ姿のロミオ役を踊るバレエダンサーのシリル。クリストファー・マーニーは、純白の汚れなき王子を演じ、つま先の綺麗に伸びたアラベスクやピルエットを見せる。ドリアンは、シリルの純粋な姿に美を見出し、いつしか彼は舞台の中に入り込んでいた。シリルとドリアンのパ・ド・ドゥは、まさしくロミオとジュリエットのようであり、シリルはあるときはロミオ、そしてあるときにはジュリエットのように踊り、舞い上がる気持ちをリフトで表現する。ジュリエットが走り去るシーンのように、ヴェールをなびかせるかのように走り去るシリル。

Stage Door
舞台が終わった後も、余韻に浸って立ち上がれないバジルは、楽屋口でシリルを待ち伏せし、名刺を渡す。名刺を一瞥し、微笑を浮かべるシリル。

Dorian's Loft
ドリアンとシリルは愛を交わす。しかし、ナルシスティックなシリルは、愛の最中にもストレッチを欠かさず、自己耽溺しているので、次第にドリアンはシリルに魅力を感じなくなってしまう。ドリアンの部屋には、美しくナルシスティックな裸体のドリアンのポートレート写真がいくつも飾っていある。ドラッグパーティの最中に現れたシリルを、ドリアンは冷たくあしらう。シリルはお菓子のように食べてしまったドラッグの過剰摂取により、ドリアンの寝室で激しい痙攣を起こす。ドリアンは救急車を呼ぼうとするが、死の間際のジュリエットのようににじり寄ってくるシリルを見て、電話をかけるのをやめる。シリルは、マクミラン振付の「ロミオとジュリエット」のラストシーン、ジュリエットの死と同じように、ベッドの上に仰向けになって、悲劇的な最期を遂げる。セットの足場にぶら下がり、そんな彼らを見下ろしながら笑うのは、ドリアンに瓜二つの青年。

IMMORTALの大きなポスターが降りてきて、幕。
(1幕終わり、2幕に続く)

ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)
仁木 めぐみ

光文社 2006-12-07
売り上げランキング : 16438
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« Swan Magazine Vol.13 | トップページ | ニュー・アドベンチャーズ「ドリアン・グレイ」Matthew Bourne's Dorian Grayその3 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

マシュー・ボーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Swan Magazine Vol.13 | トップページ | ニュー・アドベンチャーズ「ドリアン・グレイ」Matthew Bourne's Dorian Grayその3 »