最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ワガノワ・バレエ・アカデミーの写真展 | トップページ | 「コッペリア」熊川哲也出演公演の中止 »

2008/08/11

エトワール・ガラ終了

エトワール・ガラの全5回公演が今日終了しました。今回、なんとか全公演を観ることができましたが、さすがにとっても疲れて、いろいろな感慨もあって、感想を書く余裕がありませんので、しばらくお待ちください。それに体調があまりすぐれなくて。

公演自体は、本当にとっても楽しかったです。特に最終日の今日は、カーテンコールでダンサーの皆さんがはじけまくって、マチアス&ルグリのピルエット・ア・ラ・スゴンド合戦から、ルンキナ、そしてマリ=アニエス・ジロのフェッテ、マチアス&ユレルが手を取り合ってのダンス、マチューの跳躍から始まり、ダンサーが客席に下りていって、観客を舞台に上げてのダンス大会と、本当にノリノリで最高でした。

猛烈に暑い東京でしたが、観客も、ダンサーもみんなとても楽しめて、最高のガラ公演だったと思います。コンテンポラリーと古典のバランスもちょうど良かったと思うし、パートナーの組み合わせを変えてみたり、3人で踊る演目やソロ演目もあったりととても多彩でした。また、世界初演作品が二つありましたが、両方ともとても面白かったし、日本初演作品も楽しめました。これも、公演をプロデュースしたバンジャマン・ペッシュの功績が大きかったと思います。また、これだけ豪華なメンバーの出演だったにもかかわらず、S席が14000円とリーズナブルなお値段だったのも嬉しいです。

個人的には、ハンブルクのシルヴィアとサーシャのペア、そしてイリ・ブベニチェクが特に輝いていたと思います。特に、いろいろな作品を踊り演じられるシルヴィアは、あんなに可憐なのに凄いダンサーだと思いました。でも、今回出演してくれた人は、みなそれぞれ素敵だったと思います。マチューも美しくも立派なエトワールになっていたし、マリ=アニエスの堂々とした女っぷりも魅力的だったし、ルンキナはロシアのバレエの美を見せてくれたし、エレオノーラも、現代作品での才能が光っていました。そして次代のホープ、マチアスの輝きも!ルグリさんの若々しさ、音楽との戯れももちろん忘れてはいけません。座長のペッシュも、演目選びや交渉など忙しかっただろうに、パリで観た「椿姫」の感動をひとつのパ・ド・ドゥで再現してくれたし、メラニー・ユレルの安定した技術と、可愛いジュリエットも印象的でした。

来週はお盆期間で、仕事はありますが、それほど忙しくないと思うので(希望的な観測)、ゆっくり感想を書いていきたいと思います。

« ワガノワ・バレエ・アカデミーの写真展 | トップページ | 「コッペリア」熊川哲也出演公演の中止 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、おはようございます。
昨日は凄かったですね!いまでも興奮冷めやらない感じで、なんか喋りたい!とお邪魔しました。
naomiさんは5日間もご覧になったのですね。私はA、B1回ずつですが、最終日を選んで本当に良かったと思いました。あんなオマケが付くなんて!
どの演目も、興味深かったし、出演者もとても魅力的でしたね。マチュウはやはり美しく、ルグリは本当に踊る事を楽しんでいるように見えて、こちらまで楽しくなりました。
そしてリアブコ!何でも踊りこなす身体能力と表現力。来年の椿姫でアルマンを踊ってくれるのでしょうか?もう、今から楽しみです。
詳細レポ、お待ちしてます。

naomiさんお疲れ様でした。初めてお邪魔します。昨日は私は運良く最前列に陣取っていたのですが、誰も舞台の上に連れて行ってくれませんでした。クスン・・・。でも最高に楽しいガラ最終日でした。これも座長のおかげですね。演目は個人的にはBが好きですが。本当に素晴らしい舞台を有難う!!とこの場をお借りしてお礼申し上げます。(お盆休暇取得者が多く閑散とした事務所なので朝からコメント書けました)・・・座席が近い事の多い私でした・・・・・

こんにちは。ホットなレポート、ありがとうございました!
このガラ、普段観られない演目があるのがいいですよね〜。次回こそ観たいです!

ところで雑誌PENの北海道特集号の後半に、どこかのブランドの洋服を着たガニオ君が6ページほど出ていました。ご覧になりましたか?ガニオ君の美しさに感嘆です(出先なので詳細不明でスミマセン)。

テスさん、こんばんは!

そうそう、終わったあとも誰かとしゃべりたい!という気分になった公演でしたね。幸い、たくさん友達が来ていたので、終わった後も話が尽きませんでした。(友達の一人は、あの時舞台に上げられて踊ったんですよ。一生の思い出になりそうですね)

最終日を選んだのは本当に良かったですね。観づらいオーチャードの1階前方ですが、この日ばかりは前に座った方はラッキーでしたね。私は2階バルコニーだったのです。公演全体を観るには一番いい席なんですけどね。

ルグリさんは、とても無邪気に踊ることを心から楽しんでいて、カーテンコールでは自分の子供くらいの年齢のマチアスとピルエット勝負をしていて勝っていて大人気ない(笑)と思いましたbleahサーシャは天才というか何でもできる稀有なダンサーですよね。俄然、来年の来日公演が楽しみになりましたよ。お金がないですが…。きっと彼のアルマンは凄いはず!

こんにちは!お名前が抜けていますが、どなたかはわかっておりますので(笑)!

連日お疲れ様でした!楽しかったですね~!舞台の上に上がれなくても、最前列であのカーテンコールの様子を見られただけで超ラッキーだと思いますよ!私は2階から高みの見物だったもので…。

ホント座長のペッシュには大感謝ですよね!また近いうちにこのメンバーでのガラを実現してくれるよう、お祈りします(座長は、Bunkamuraにアンケートを書いてね、と言っていました!)

また近いうちに公演会場でお会いしましょう♪

チコラさん、こんばんは!

今回、上京できなくて本当に残念でしたね…私もチコラんに会いたかったです。

そうそう、Penの北海道特集号、マチューが載っていると聞いて買ったんですが、忙しくて実は中身を全然読んでいません。それどころか、マチューの写真すらまだ見ていなくて。実物のマチューも本当に麗しくて、そしてバレエの実力もエトワールに相応しいキラキラの輝きでしたよ~。この若さでこんなにすごいなら、これからどうなるんだろうと本当に楽しみです!お洋服はエルメスだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワガノワ・バレエ・アカデミーの写真展 | トップページ | 「コッペリア」熊川哲也出演公演の中止 »