2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ旅行記2008夏その1 | トップページ | 2009年5月ザハロワの「カルメン」 »

2008/07/23

パリ旅行記2008その2

ゆっくり目に起きて近くのカフェで朝食。ちょっと高かったけどブリオッシュやバターが美味。フランスって本当にパンやバターが美味しくて買って帰りたくなるほど。

そして大好きなギュスターヴ・モロー美術館へ。パリに行った際にはできるだけ寄るようにしている。ここは昼休みがあるので一時間位で追い出されてしまったけど、「レダと白鳥」「出現」など愛する絵に囲まれて対話し、神秘と夢幻の世界にしばし浸った。画家が生きていた時代のまま時が止まっているかのようだ。

P1010055small

P1010061small

今日は公演がない日なので、初パリの友達と、市内観光のバスに乗る。屋根のない二階立てバスで、乗り降り自由、日本語イヤホンガイドつきで四コースある。もっと早い時間から出発すればお得だったんだけど。

乗った時間は曇っていたのだけど、やがてピーカンに晴れてきて暑くなってきた。顔には日焼け止めを塗りサングラスをかけていたけど、腕に塗るのを忘れ、後で日焼けで大変なことに!

P1010076small

オペラ座通りからルーブルのピラミッドの横を通り、左岸を走ってシテ島のノートルダム寺院に到着、一旦降りる。ノートルダムに行くのは15年ぶりくらいかな。対をなす見事な薔薇窓のステンドグラスの美しさは言葉にできない程で息を呑む。しばし静謐な時間を過ごした後、またバスに乗る。アンヴァリッド、グラン・パレを通り抜け、シャンゼリゼを通って凱旋門をぐるり。トロカデロ宮からエッフェル塔のまわりを一周。友達と写真を撮りあいっこするので超盛り上がる。

P1010091small

コンコルド広場からマドレーヌ寺院、そして出発点のガルニエに戻ると5時半くらい。

同行の友達の友達がフランス人と結婚してパリ在住なので、彼女の誘いでパリ郊外のシャトーで行われる日本人の音楽留学生たちによるサロンコンサートへ。

P1010164small

このシャトーChateau de la Petite Malmaisonは、ラ・デファンスからバスで30分ほどのところにあり、ナポレオン三世の妃ゆかりという由緒あるところ。ちなみにバス停の名前はLeParc。シャトー自体は大きくはないけど、広くて素敵な庭があり、庭の一部は日本庭園のようで橋がかかった池がある。建物の内部もインテリアもシンプルながらアールデコ風で美しい。ピアノとヴァイオリン、トロンボーン、クラリネットなどの演奏を楽しんだ後軽いガーデンパーティー。主催した留学生は、このシャトーの部屋を借りて住んでいるのだという。

P1010168small


バスでラ・デファンスに戻ると、夜9時過ぎでようやく日が傾き始めた。ちょうど新凱旋門に夕日が落ちて、幻想的な光景。ラ・デファンスは近未来都市のようで、SF映画に出てきそうなポストモダン的な建物が並んでおり、それが夕日に照らされているとこれが現実なのかわからなくなるほど。新凱旋門の下まで行くと、遠くに凱旋門も見えた。

P1010181small

P1010198small


夕食を食べ、メトロで今度はエッフェル塔へ。ちょうど12時で、眩しい光の雨のようにイルミネーションが点滅して降っていた。

P1010209small


エッフェル塔へは遅くて上れなかったのでタクシーを捕まえて帰ろうとするが乗車拒否続き。周りの人たちも乗車拒否に遭っている。ちょうどこの日、サッカーのEURO2008の決勝で、スペイン国旗を巻いた人たちが大騒ぎをしていて、スペインが優勝したのね、とわかった。連れの友人が東洋人女性にしては背が高く、赤っぽいシャツを羽織っていたのでスペインのサポーターに間違えられていたみたい(笑)。ようやくつかまえられたタクシーの運転手が、今日はスペインのサポーターが大暴れしているので繁華街には近づきたくないと言う。乗せた客の中には、シャンゼリゼに火を放つとか物騒なことを言っていた連中もいたようだ。

« パリ旅行記2008夏その1 | トップページ | 2009年5月ザハロワの「カルメン」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

同行のスペイン人です(笑)
パリではお世話になりました~楽しかったね!
続き待ってます!

この時、私はスペイン北部にいました!
naomiさんも近くにいたのですね♪

それにしても、サッカーの決勝戦は凄かったです。地元スペインでは、もちろん皆さん、盛り上がっていました♪

普段は全然サッカーに興味のない私ですが、最後は地元の人たちと一緒にホテルのラウンジでテレビに釘付け。スペイン優勝の瞬間は、こちらまで嬉しくなってしまいました

jadeさん、こんばんは。
パリ楽しかったですね~
あの時タクシーが捕まらなかったのはあせりましたが、今思い出すとそれもまた楽しかったですよね~。
Yさんにもよろしくお伝えください!
続きもおいおい書いていきます。

いちぞーさん、こんばんは。
スペイン北部ってほとんどフランスですものね!そんな近くにいらしたんですね!
そしてEUROの決勝の時にスペインにいらしたとは!さぞかし盛り上がったことでしょう!フランスでアンナに盛り上がっていたくらいなので。

私はサッカーは割と好きなのですが(ワールドカップを観に韓国まで行ったくらいなので)、時差の関係で生活に支障をきたしそうなのでEUROはほとんど見なかったんですよ。でも、スペイン優勝は私も嬉しかったです!(ラファエル・ナダルのウィンブルドンもだけど)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ旅行記2008夏その1 | トップページ | 2009年5月ザハロワの「カルメン」 »