2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ダンスマガジン8月号 | トップページ | ハンブルク・バレエ来日公演のサイト »

2008/07/03

オペラ座より帰ってきました

これから出勤なのでリムジンバスの中から速報です。

パリ・オペラ座の「椿姫」、無事四公演観ることができました。blogで知り合った方にもたくさん会えて楽しかったです。

観客が最も盛り上がったのはアニエス・ルテステュとロベルト・ボッレ組。アルマンを演じるために生まれてきたようなロベルトの情熱的で繊細な演技、知的で優雅、しかし赤裸々な心情も描き出したアニエス、このふたりは息もぴったりで、理想的な美しくドラマティックなカップル。三つのパドドゥのあまりの切なさと美しさにに胸の高鳴りが止みませんでした。

マニュエル・ルグリとデルフィーヌ・ムッサンはまたまったく違ったアプローチでしたが、上品でエレガントながらも、若々しくロマンティックなルグリ、年上の女の持つ母性、優しさ、艶やかさを持ったムッサンも適役で、素晴らしいパートナーシップ。ルグリさんの可愛い一面も観ることができました。

また、バンジャマン・ぺベッシュとエレオノーラ・アッバニャート組も、予想よりずっとよかったです。ペッシュはサポートもスムーズでしたが、誰よりも熱くてパッショネイト。一番若々しく激しいアルマンでした。アッバニャートは華やかで、パドドゥの時のほんのり上気した肌が美しく、後半のやつれ方と対照的なのがせつなかったです。

マチュー・ガニオとクレールマリ・オスタ組ですが、マチューは甘く美しく初々しくて素敵だったのですが、オスタは酷かった。観たことを後悔するほどでした。顔に険があって気が強く品がなくて高級娼婦にはまったく見えない。アルマンへの愛も見えない。一方的に愛を捧げているマチューが気の毒でした。技術的にも、身体が重く硬く、黒のパドドゥでのリフトもスムーズとは程遠くずり落ちそうで。ひとつひとつの形が美しくない…。最初に出演した日は悪くなかったらしいので、不調だったのかしら。
しかしこの日のマノン役が、驚異の美脚に美貌のシアラボラだったから、見劣りすること甚だしくて。

最初の出演予定日をキャンセルしたローラン・イレールですが、二回目は出演。想像していたよりずっと渋く落ち着いた父でした。

他のキャストで光っていたのは、せつな過ぎるN伯爵を演じていたシモン・ヴァラストロと、マチューの日に登板したデ・グリューのマチアス・エイマン。他の三回のデグリュー役、そして一日ガストン役とフル回転のクリストフ・デュケンヌはサポートがうまく、去年のくるみの時よりずっと良くなっていて敢闘賞。

オリンピアではミリアム・ウルド・ブラム、マノンではデルフィーヌ・ムッサンとドロテ・ジルベールが光ってました。

二人のピアニストを擁した演奏も素晴らしかったです。

« ダンスマガジン8月号 | トップページ | ハンブルク・バレエ来日公演のサイト »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさ~い!!!

無事ご帰国なによりです。パリではお会いできて楽しかったです。ご一緒できたのがロベルトとアニエス公演の一日だけだったのが残念でした。「椿姫」を色々なキャストで見るって本当に贅沢な楽しみですよね。私もほぼ同じ内容を見たわけですが、オスタ以外は同じ感想です。マチューと素敵なカップルに見えたんですよ、私が見た日は。ペッシュ組もあとでよく思い出してみたらPDDのサポートも上手だったし確かに演技もうまかった。

エイマン君もミリアムもとっても魅力的でした。あとはイレールさまのパパが見たかったです。

すぐに仕事で大変ですね。体に気をつけてくださいね!

おかえりなさ〜〜い♪

速報楽しみました☆

椿姫4公演てすごい。しかもえり抜きのキャストで☆
良かったですね〜

降板したモローの日は最初からnaomiさんの予定に入っていなかったようね。

パリではお目にかかれて嬉しかったです。ありがとうございました! でも、せっかくお会いできたのに、私はと言えばロベルト熱でほぼ全身麻痺状態でしたので,naomiさんの楽しいお話も半分上の空で・・・たいへん失礼しました。
ロベルト=アルマンの素晴らしさ、今でも思い出すと感動で胸が熱くなります。
また、ロベルトの公演でお会いできるのを楽しみにしてます〜。

naomiさん、おかえりなさいませ。パリでお会いできて、とても楽しかったです。こちらの都合で遅い時間になってしまって、申し訳なかったです。帰国されてお仕事に直行は大変だったでしょうね、この週末に十分休まれてくださいね。
明日、アニエスとステファン組を観に行きますが、どんな感じになることやら。(あぁ、エルヴェ…)

amicaさん、こんにちは。早速のコメントありがとうございます♪パリでも本当にお世話になりました!!!ご一緒できて楽しかったです。ロベルト素敵でしたね☆あんなに素敵なロビーを目の当たりにして、悶絶死しそうでした…
NY、ミラノに続きパリでもご一緒できて、またロビーを観にどこかへ行きましょう!10月のミラノの椿姫も観たい…(無理だけど)
とにかく、またロビーの麗しき姿を求めて世界を回りましょうね♪

ずずさん、こんにちは!
携帯から書いた簡単な速報ですみません!いずれちゃんと感想は書きます。
オペラ座はキャストが出るのが公演の一ヶ月前くらいなので、チケットは先に押さえないといけないんですよね~だから、観たいキャストが必ずしも観られるとは限らないのが残念なところです。

bambiさん、こんにちは。
私もパリでbambiさんに会えて嬉しかったです。いや、ロベルトには人を全身麻痺にするほどの魅力があるってことです!ホントに胸の鼓動が止まらないほど素敵でしたから!私も思い出すと胸が熱くなります。またロベルトの公演でお会いできますよう!そしてその時が早く来ますように。

marikoさん、こんばんは。
パリではお会いできて嬉しかったです。お忙しいときにありがとう!楽しかったです♪

しかしエルヴェの降板は本当に気の毒でしたね…オペラ座のサイトに載っていた彼のアルマンは素敵だっただけに。アニエス&ステファンの感想、楽しみにしています。

naomiさん
30日はいろいろありがとうございました。ルグリ&ムッサンの舞台も最高で、忘れられない一日となりました。2日のルテステュ&ビュヨン組の感想、他からも入っていると思いますが私なりに。ビュヨン君のアルマンはマルグリットひとすじ、プリュダンスのお相手もいやいやと言うほど、純粋な若者でした。ルテステュの演技やダンスが計算され尽くしたものなだけに、とても純朴で洗練されていない感じが原作の設定やファム・ファタルのお話としてはいいかなと思いましたが、これでDVD出すかな〜とちょっと思っちゃいました。やっぱり急なペアで、こなれていない感じは否めない印象でした。あと数回二人で踊るようなので、磨かれるといいなと思います。シモン・ヴァラストロの伯爵は良かったですね。
オペラ座はとってもきれいで楽しい所ですね。日本では有り得ない程デッカいおじさまが前に座ってしまって困ったりもしましたが、これも海外ならではですね。また数年後を目指します。
昨日(5日)の朝戻り、パリとはまた違った暑さに参りました。所用に追われ、やっとこちらを読む時間ができました。これからも一方的にお世話になりそうです、よろしくお願いいたします。それにしても、エルヴェを見るのは初日に限るのでしょうか?エトワール・ガラでは元気に踊って欲しいです。
それでは、長くなってすみません。Jさんにもよろしくお伝えください。

クロードさん、こんばんは。そしておかえりなさい!
パリではお目にかかれてとても嬉しかったです!しかも、東京バレエ団のリヨン公演の貴重な感想まで聞くことができて!
本当にルグリさんとデルフィーヌの公演は素晴らしかったですね。なんでこれを映像に残さないのと思ったくらいです。
そして、収録公演のステファン・ビュヨンとアニエス・ルテステュの「椿姫」の感想まで!私はステファンは好きなので楽しみですが、初役で収録というのはちょっと酷な話ですよね。ハンブルクでノイマイヤーさんの下、リハーサルを行ったようですが。

パリから帰ってくると、日本は蒸し暑いですよね。また今後ともよろしくお願いいたしますね~!どうかエルヴェはエトワールガラには間に合いますように…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダンスマガジン8月号 | トップページ | ハンブルク・バレエ来日公演のサイト »