BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「American Ballet Theatre 2009 Calendar」Fabrizio Ferri | トップページ | 7/26 ABTオールスターガラ »

2008/07/26

イーゴリ・コールプのガラ「奇才コルプの世界」!!!

いつもお世話になっている「日々これ口実」さまから教えていただきました!

なんと光藍社さんがこんな素晴らしい企画をやってくださいます。

「奇才コルプの世界」

2009年1月20日(火) 18:30 Bunkamuraオーチャードホール
チケット発売 8/23(土)

出演予定

イーゴリ・コルプ(マリインスキー劇場バレエ)
ユリア・マハリナ(マリインスキー劇場バレエ)
オクサーナ・シェスタコワ(レニングラード国立バレエ)
ナタリヤ・マツァーク(キエフ・バレエ)   ほか

予定プログラム
「白鳥」
音楽:C.サン=サーンス 振付:R.パクリタル
「グラン・パ・クラシック」
音楽:D.オーベール 振付:V.グゾフスキー 
「ブランコの二人」<世界初演作品>
音楽:J.S.バッハ 振付:R.パクリタル
「海賊」
音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパほか
「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」
音楽:G.ロッシーニ 振付:C.シュプック   ほか

なのだそうで、あの強烈な作品、パクリタルの「白鳥」をやってくれるのが嬉しいですね。
しかも、バカ演目として有名な「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」も!コールプがあの怖い顔でどんなギャグをかましてくれるのでしょうか?シェスタコワとは何を踊るのでしょうか?

そして「ほか」演目が気になります。マハリナが出演するので、「シェヘラザード」などもアリなのかな、と思うんですけどどうでしょうか。いずれにしても、一日だけのこの公演、絶対に見逃せませんね。

*******
あと、1月21日には「ミハイロフスキー劇場ガラ」があります。
会場はやはりオーチャードホールです。
「スパルタクス」のアダージョが楽しみですね。誰が踊るのでしょうか?

ミハイロフスキー劇場ガラ
お待たせしました!日本で毎年公演を行う海外のバレエ団として、19年にわたり親しまれ続けているレニングラード国立バレエが、日本のファンのみなさまのために、全幕バレエに加え特別にガラ・コンサートを上演します!
今年4月に初演したばかりの新作「スパルタクス」や得意の古典作品、充実したソリストを披露します。さらに、芸術監督ルジマトフが「アダージェット」で登場。成長著しいバレエ団の今の姿を、どうぞお見逃しなく!

<予定プログラム>
「スパルタクス」よりアダージョ 音楽:A.ハチャトゥリアン 振付:G.コフトゥン
「アダージェット」 音楽:G.マーラー 振付:N.ドルグーシン <ルジマトフ出演>
「ドン・キホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ 音楽:L.ミンクス 振付:M.プティパ
「ダッタン人の踊り」 音楽:A.ボロディン 振付:M.フォーキン/G.コフトゥン
「海賊」第2幕より 音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパ/V.チャブキアーニ  ほか

http://www.koransha.com/ballet/leningrad_ballet2009/index.html

« 「American Ballet Theatre 2009 Calendar」Fabrizio Ferri | トップページ | 7/26 ABTオールスターガラ »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、お久しぶりです。
ABT公演真っ最中で忙しくされていることと思います。
 コルプもついにガラ公演ですか〜。独自の世界を創りあげ、年々日本でのお株を上げるコルプですが、あの世界は一見の価値ありですよね。半分笑っちゃいますけど。(いい意味で)
噂の「パクリタルの『白鳥』」、私はまだ未見なのでこの機会にぜひ観たいです。

素晴らしい!!
まさかこんなに早くコルプガラが行われるなんて~
光藍社さんに感謝だわ♪
両日ともチェックですね!

わぁ~、きゃ~!!暑さを吹き飛ばしてくれる素敵なニュース、ありがとうございます。1人で舞い上がっています。絶対に見逃せませんね。来年1月はコルプ祭り、2月はハンブルク祭り。懐がかなり寒くなること確実ですが、心はホットだわ~♪
すっかり来年に気持ちは飛んでいってしまってます~。

く~てんさん、こんばんは。

いい意味で笑っちゃうコールプの世界って言えていますよね。彼のようなダンサーって希少価値があるから、やっぱり惹かれますよね。

パクリタルの「白鳥」は、あまりのことであっけに取られてしまったので、改めてちゃんと観たいです!

jadeさん、こんばんは。

光藍社さんは、コールプを第二のルジマトフとして売り込もうとしているようですね。個性は全然違いますけど。
しかし、こんなにも早くコールプガラが実現しちゃうのは本当に嬉しいです♪
ミハイロフスキー・ガラの方も、スパルタクスのアダージオをやるので楽しみ♪

maddieさん、こんばんは。

私も情報を見たときにはきゃ~と舞い上がってしまいました!
そうそう、ミハイロフスキーでのコルプ客演のチケットはもう押さえてあるんです。それに続いて2月はもちろんハンブルク祭り!椿姫はきっと福岡まで見に行くでしょうし、お財布の方はとっても寒いですが、寒い季節に心はホットになりそうですよね。

こんにちは 「日々」のebijiです
ご紹介いただきましてありがとうございます。 お気遣いいただいて恐縮です!
(なんとなく目立たないように今頃書いてみたりして~・・・遅くなってスイマセン)
コールプと合うかどうかはさて置いて、シュシュプックの「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」はコンダウーロワが似合うんじゃないかと思っているんですがね~。どんな演目やダンサーが揃うか楽しみですね。

ebijiさん、こんにちは。
いつも本当に貴重な情報をありがとうございます!ドイツバレエも好きなので、ホントに助かっています。

コンダウーロワの黒ぶちメガネって絶対に似合いそうですよね。クールビューティ系は絶対いいと思います。以前、イリーナ・ドヴォロヴェンコとマキシム・ベロツェルコフスキー夫妻がこれを踊ったのを観たんですが、イリーナに大爆笑でした。あの二人は絶対に面白い夫婦だと思いますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「American Ballet Theatre 2009 Calendar」Fabrizio Ferri | トップページ | 7/26 ABTオールスターガラ »