2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 新潟県中越沖地震チャリティーバレエガラ、演目一部決定 | トップページ | 新国立劇場「ラ・バヤデール」これから放映/ロベルト・ボッレ@フェラガモ »

2008/07/31

ABT韓国公演その2/スージン・カンのフレンズ公演

といっても、残念ながら私は観に行っていませんが!

韓国のKorea Timesで、ABTの韓国での記者会見の模様が掲載されています。日本では会見をやっていませんよね?

http://www.koreatimes.co.kr/www/news/art/2008/07/145_28386.html

会見に出席したのはケヴィン・マッケンジーはじめ、「ドン・キホーテ」に主演するシオマラ・レイエス、エルマン・コルネホ、ホセ・カレーニョ、パロマ・ヘレーラ、ミシェル・ワイルズ、そして韓国人コール・ドのヒー・セオです。ヒー・セオはとても美しく有望なダンサーなのですが、日本公演では背中を痛めてしまったようですね。マッケンジーは、我々はダンサーとして来ただけでなく、文化大使としても来ているということを強調していました。この機会に、韓国からもいろいろ学びたいとのこと。

ダンサーの皆さんはちょっと疲れて見えていたとのこと。ソウルは日本よりも暑いのでしょうか?

もうひとつ、Korea Timesで紹介記事がありました。アンヘル・コレーラの「エチュード」の写真がとてもカッコいいので、彼の降板が残念ですね。

http://www.koreatimes.co.kr/www/news/art/2008/07/145_28048.html

******

韓国といえばスージン・カンのフレンズ公演のツアーも行われます。同じKorea Timesの記事から
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/art/2008/07/145_27487.html

注目は、シュツットガルト・バレエの同僚であるマリイン・ラドメーカーと踊る「椿姫」のパ・ド・ドゥ、そしてジェイソン・レイリーと踊る「オネーギン」です。ラドメイカーとレイリーは、男性二人のパ・ド・ドゥ"My way'も踊るようです。

youtubeにマリイン・ラドメーカーと踊る「椿姫」の映像がありますが、本当に表現力が凄くて、素晴らしいです。

また、マリインスキー・バレエで活躍するユ・ジヨンら海外で活躍中のダンサーがたくさん出演します。

2007年の朝鮮日報のスージン・カンのインタビューでは、彼女が演じたジュリエットの美しい写真があります。限定部数の写真集が出版されたそうです。彼女の入団20周年を記念し、シュツットガルト・バレエでは彼女へのオマージュを捧げた「ロミオとジュリエット」の公演が7月7日に行われました。もちろん、スージンがジュリエットを踊りました。彼女はもう41歳で、カンパニーのダンサーでは最高齢なのだそうです。しかし今も、朝6時半からの一日6時間のリハーサルを行い、身体はますます調子が良くなっているとのこと。

http://english.chosun.com/w21data/html/news/200706/200706280009.html

11月のシュツットガルト・バレエの来日公演では、主役にはキャストされていないものの、チラシに写真は載っているので、何かは踊ってくれるものと期待します。

« 新潟県中越沖地震チャリティーバレエガラ、演目一部決定 | トップページ | 新国立劇場「ラ・バヤデール」これから放映/ロベルト・ボッレ@フェラガモ »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟県中越沖地震チャリティーバレエガラ、演目一部決定 | トップページ | 新国立劇場「ラ・バヤデール」これから放映/ロベルト・ボッレ@フェラガモ »