2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 7/20ソワレ ABT「海賊」 | トップページ | パリ旅行記2008夏その1 »

2008/07/22

7/21 ABT「海賊」

楽しかったABTの「海賊」シリーズも、ついに今日が最終回ということで、ちょっと寂しい。その上、さすがに5日連続観劇、しかも終わったあともいろいろな友達とご飯を食べたりして、楽しかったけどすっかり体力を消耗。

微妙にアンハッピーエンドの作品なのに、楽しいとはこれいかに?って感じだけどやっぱり楽しかった!

昨日に続いて3回連続でエルマン・コルネホが登場。今日はアンヘルの代役としてのアリ。昨日のマチネのアリ役は急遽出演で準備不足だったかな、というところも見られたけど、今日については昨日マチネよりずっと出来が良かったと思う!登場シーンでの空へ跳んでいってしまうんじゃないかという高い跳躍。ピルエットはものすごい回数回っており(最低10回)、前日と比較すると軸もしっかりしていた。見得の切り方も実に見事に決まっているし、マネージュでのアティチュードにしたままのターンも浮かび上がるかのよう。しかし小柄なこともあって、忠犬ハチ公のような、とてもかわいくて従順なアリだった。イーサンのご主人様のような尊大なアリとは大違い。

実はこの日のキャスト、前日ソワレよりも豪華なんじゃないかと思うような充実振りだった。コンラッドには、ゲンナディ・サヴェリエフ。初日のランケデムの540ジャンプで会場を沸かせた彼である。ゲンナディが主役を踊るのを見るのは実は初めてだったのだけど、どうして、堂々として立派な、男らしいコンラッドで良かった。加えて、あの華麗なテクニックである。2幕のパ・ド・トロワでアリのエルマンが凄いヴァリエーションを見せたと思ったら、今度はゲンナディが、540の3連発を入れた超絶技巧で対抗。さらに、両脚をそろえての空中回転ジャンプなど、他にもすごい技術を持っている。サポートも万全だったし、コンラッドという頼りがいがなくてはならない役に彼のキャラクターは向いている。これだけ上手いのにプリンシパルではないのが不思議なくらい。彼はダンサーとしてより、YAGPの主催者として有名だからかなのかな。

そしてテクニックといえば、忘れてはいけないジリアン・マーフィ。得意のフェッテでは、トリプルを連発。両腕アンオーでトリプルを入れてしまうのだから、本当に凄い。回転女王としては、タマラ・ロホかジリアン・マーフィか、なのではないだろか。テクニック先行と思われがちなのだけど、最近はすっかり表現の方も成熟していて、お人形のように可愛らしくも色っぽく、そして女王様的な風格もある。ヴェールを外された時にパシャが失神するのも納得の美しさ。とにかく、2幕のパ・ド・トロワは3者が対抗するかのような火花散る超絶技巧合戦で盛り上がること、盛り上がること!

主役だけでなく、脇キャストも充実していた。ギュリナーラには、マリア・リチェット。彼女は背が高い方ではないけど、手脚が長くて細く、加えて上半身の表現が非常に繊細で丁寧で美しい。回転でちょっと不安定になったほかは、ゆったりとリリカル、時にはダイナミックに、素敵な踊りを見せてくれた。3幕でパシャとふざけあう様子が楽しげだったりとお茶目な面も覗かせていたし。そのパシャ役は、若いロマン・ズービンくん。ギュリナーラのヴェールで戯れていたり、両手を招き猫のように挙げていたり、キュートなパシャだった。バービーさんの年季の入った演技には及ばないにしても、思わず主役そっちのけで見たくなる楽しさがある。

ビルバントは、今年移籍してきたばかりのミハイル・イリイン。彼はワガノワ・バレエ学校出身でジャクソンコンクールの銅賞受賞、マイアミ・シティ・バレエではプリンシパルだったとのこと。コール・ドでのABT入団だけど、すでに
「エチュード」の主役や、「白鳥の湖」のナポリなどを踊っており、有力なソリスト候補だろう。小柄だけど切れ味鋭い踊り、安定したテクニックで非常に存在感があった。ランケデムは、初日のビルバントで好演したサシャ・ラデツキー。彼も高いマネージュを見せてくれたり、テクニックのレベルが高かったのだけど、ランケデムは、エルマンやゲンナディのランケデムがあまりにも凄かったので、それと比較すると少し地味だったかもしれない。が、いずれにしても、この日の男性ダンサーのレベルは、群舞に至るまでノリノリで高かった。海賊たちの群舞には、昨日のマチネでコンラッド役のコリー・スターンズもおり、背の高さと端正な踊りでやはり目立っていた。

それと、オダリスクのキャストもなかなか豪華。「眠れる森の美女」でオーロラを踊っている小柄なサラ・レーン、さらに加治屋百合子さんとクリスティ・ブーン。サラが一番綺麗だったと思うけど、加治屋さんのプロポーションのよさと繊細さも素敵だった。よく「揃っていない」といわれる女性コール・ドだけど、花園のシーンを見ても、ABTでこれだけ揃うのはたいしたものと思ってしまった。(ロイヤル・バレエの群舞よりは揃っていたと思う)

ホント、こんなにも楽しくて盛り上がった「海賊」がこの日で終わりなんて、切ない…。キャスト全員が一丸となって、観客を楽しませようという気概が感じられた、素晴らしい公演。「白鳥の湖」はまだこれからだというのに、早くも「海賊」ロスになりそう。大阪での「海賊」のチケットを入手しておいて良かった!

指揮 : デイヴィッド・ラマーシュ
管弦楽 : 東京ニューシティ管弦楽団

コンラッド (海賊の首領) : ゲンナジー・サヴェリエフ
ビルバント (コンラッドの友人) : ミハイル・イリイン
アリ (コンラッドの奴隷) : エルマン・コルネホ
ランケデム (市場の元締め) : サッシャ・ラデツキー
メドーラ (ギリシャの娘) : ジリアン・マーフィー
ギュリナーラ (パシャの奴隷) : マリア・リチェット
セイード・パシャ (コス島の総督) : ロマン・ズービン
海賊の女 : マリアン・バトラー
オダリスク : サラ・レイン,クリスティ・ブーン,加治屋百合子

« 7/20ソワレ ABT「海賊」 | トップページ | パリ旅行記2008夏その1 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

naomiさんの「海賊」の感想は本当にためになって面白い!!!これを読むと5公演全部見なかったことを激しく後悔しますわ。っていうか、この解説読んでから公演見られると一番いいんだけど(笑)。

やっぱりABTの魅力はスターが技で競う「海賊」にあり、ですね~。DVDのマラーホフや今回のイーサンのアリみたいに、「ええ?」というキャストで見るのも本当に面白い。540見たかったぁ~~~。

amicaさん、こんばんは。
今年は年始に始まり、POB「椿姫」、ロイヤルの「眠り」そしてABT「海賊」とご一緒させていただいて本当に楽しかったです!またABTの「海賊」見る機会があればいいのだけど…。
男性スターが大活躍の「海賊」はやっぱり楽しいですよね。コール・ドが揃わなくてもそんなの関係ねえ!という感じで。
また来年、ロビーがMETに出演することを祈りましょう!そしてABTをNYに観に行きましょう。それにバレエフェスもありますしね!

>忠犬ハチ公のような、とてもかわいくて従順なアリだった。<

この一文、笑いました。なんだか想像付くだけに、可笑しいです。(笑)

それにしても、毎晩、毎晩、感想をアップしていただいて、ありがとうございます。毎日楽しく読ませていただいています。

きっとnaomiさんの事だから、毎日寝不足が続いているのでしょうね。

どうぞ、お体ご自愛下さい。

(私が行くまで、元気なnaomiさんでいて下さい!)

ほんと、5公演全部見たくなります。(もう終わったって、、、)
とくにこの回は楽しそうでしたねー
ジリアンの超テクすかっとしますね!

amicaさん、ニアミスでお目にかかれませんでした。。。
こんどいらしたときにはぜひぜひ♪

いちぞーさん、アンヘル降板は寂しいですけれどイーサンの王子さまも楽しみです。
もうこれ以上怪我などないように。。。。
ロビー探します☆

いちぞーさん、こんばんは。

さすがに今日は疲れて白鳥の感想は無理かな???好みの男性ダンサーがいっぱい舞台に上がっていて目がハート状態でした。

そうそう、エルマンくんのアリは、気品があって控えめな中に可愛さがあって良かったです。

寝不足なはずなのに、妙に興奮しちゃって練られなくて困っていますが、後4日間となりました。それまでは気力を持続したいと思います。いちぞーさんに会えるのが楽しみです♪

ずずさん、こんにちは。
「海賊」は本当に男性ダンサーが充実しているABTならではの楽しい演目でしたね。その上ジリアンの回転が凄いし!

ホント、アンヘルくんがいないのは寂しいですが、その穴を埋めようとみんながんばったって感じです。特にエルマンくん!

こんばんは sakuraです。

気品があって、可愛らしい・・・
忠犬ハチ公のような、とてもかわいくて従順なアリだっただった・・・

21日(水)はとても素晴らしかった様ですね。エルマンのアリ・・・ますます見たかったです・・・><
事情(仕事)が許せば毎日でも・・・涙涙。(びわ湖まで行って、<ドン・キ>観たいです。)

エルマンの踊りと笑顔を生で見られたなんて今でも、信じられないです。初日のガラで<エルマンだあ~~~♪>と震えがくるくらい感動しましたもの。
(膝の不調を抱えて入らしたにも関わらず、終演後一緒にお写真とサインを戴きました。宝物です><。優しいお言葉も掛けて下さいました。知らなかったとはいえ、今では申し訳ないような気がします。)

明日は楽日ですね。今日は、明日に備え<白鳥>(DVD)を見て気分を盛り上げました。

けが人無く無事に終了、成功を祈って・・・(^人^)
長々失礼致しました。

sakura

ずずさん
短い帰国でしたが大好きなABT見られて満足でした。ずずさん、このつぎはぜひお会いしたいです。

naomiさん、バレエは本当に体力勝負ですね~。体に気をつけて大阪行ってきてください!!

sakuraさん、こんばんは。
今回、エルマンは変則的な出演になってしまったので、ファンでもなかなか全部は観られなかったようですね。ガラでの彼が一番絶好調な感じではありましたが、アリもランケデムも素敵でした。
エルマンは、心も優しくて本当に素敵なダンサーさんですよね。「白鳥」で出番がなかったのが残念です。
無事、けが人が出ることなく日本公演が(そしてその後の韓国とオレンジカウンティ公演が)終了しますように!

amicaさん、こんばんは。
無事ミラノに帰られたのですね!白鳥の初日では妹さんにお会いしましたよん。

バレエは本当に体力勝負ですね~見る側がこんなに大変なんだから、踊るほうはどんだけ大変なことか!本当にダンサーは尊敬してしまいます。

また近いうちにお会いできますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/20ソワレ ABT「海賊」 | トップページ | パリ旅行記2008夏その1 »