BlogPeople


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« イワン・コズロフのインタビュー | トップページ | セルゲイ・フィーリンの引退 »

2008/04/08

ニューヨークから帰ってきました

朝6時半のワシントン行きの便に乗り、そこからANA直行便で帰国の予定でした。本当はもっと遅い便だったのですが、ワシントン行きの予定の便がキャンセルされたので、そんな早朝になったのです。一睡もしないで朝5時にラガーディア空港に着いてチェックインしようとしたところ衝撃の事実が。。

朝6時半発のワシントン行きユナイテッドがキャンセルになり、次の便ではANA便に間に合わないので、朝8時発のシカゴ行きに振り替え、シカゴからユナイテッドで帰国しろというのだ。これで二度目のキャンセルの上、何のために徹夜して四時半に出発したのかしかもシカゴだと当然遠回りだし、アメリカ系航空会社には乗りたくないんですが。。これだから、マイレージの無料航空券は不便ですよね。

とりあえずチェックインしてゲートまで行きふて寝。まだ乗客は誰もいなくて怖かったけど眠気に勝てず手荷物の上に丸まって一時間半くらい寝ました。 シカゴのオヘア空港はユナイテッドのハブのくせに免税店に口紅の一本も売っていないひどいところでした。

という感じの帰国は結構大変だったのですが、やっとゆっくりお風呂に入れて一息ついたところです。

P1000831small

わずか2日半の滞在でしたが、素晴らしい舞台を堪能できて大満足でした。毎回アメリカに行くときには時差ぼけに苦しむのですが、今回いいタイミングでメラトニンを飲んだのと、舞台の内容があまりにも良かったので眠くなる暇なんてありませんでした。バレエを見ていないときには、現地在住のお友達とご飯を食べたり、メトロポリタン美術館やノイエ・ギャラリーやミーシャの写真展に行ったりして、楽しむこともできたし。(お金がなくて、せっかくの円高メリットを生かしたお買い物はできなかったけど) お世話になった皆さん、ありがとうございました!

カメラマンのGene Schiavoneさんが、今回のマリインスキーNY公演の写真を撮影していますので、いずれ彼のサイトにアップされると思います。現在もアップされているんですが、パスワードがかかっているんですよね。
http://www.geneschiavone.com/gallery/main.php

客席には、その日出演していないダンサーもいれば、他のバレエ団のダンサー、そして元ダンサーもたくさん見かけました。この間サイン会で日本にいたジリアン・マーフィも見かけましたよ。あと、イリーナ・コルパコワとヴェロニカ・パルト(元マリインスキー)、それからヴィクトリア・テリョーシキナ、エカテリーナ・コンダウローワ、ほか何人か非番のダンサーが。一般のお客さんも、ロシア人率が非常に高く、カーテンコールの熱狂振りはABTのNYでの公演でも見られないほどのもの。それから携帯電話がしょっちゅう鳴っていたのには困りました。鳴っていても止めないんですよね。

Ballet Talkを読んだら、私が観なかったフォーキンプロの最終日、シェヘラザードはゲルギエフが振ったそうです。カーテンコールにも登場したとのこと。そして、ゼレンスキー、素晴らしかったようです。残念だけど仕方ないです。もう観る機会もないのかなあ。

NewYorkTimesにアレイスター・マコーリー氏によるフォーキン・プロの批評が載っていますが、ショピニアーナ以外はものすごく辛口です。
http://www.nytimes.com/2008/04/07/arts/dance/07kiro.html?_r=2&scp=2&sq=ballet&st=nyt&oref=slogin&oref=slogin
シェヘラザードはキーロフではなくトロックスが踊るべき演目、とかよく言うわ。この人は古典が嫌いでバランシン好き、かなり偏っているんですよね。

さて、明日からまたお仕事がんばります。4月はバレエ公演が全然ないので、落ち着いて仕事に専念できます。

« イワン・コズロフのインタビュー | トップページ | セルゲイ・フィーリンの引退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした!今回もまたハードな日程でしたね!

ユナイテッドの場合、客は皆平等…ではないのですよね。なので、無料航空券で飛んでいるかどうかというより、ステータスによって待遇の差が出るのだと思います。預け入れ荷物の数もプレミアム会員でなければ1個まで、Premierは2個まで、Executive Premierは3個まで、とやはりステータス別に細かく分かれています。

尤も、2日半の日程では荷物を預ける必要もないかもしれませんね。(笑)

いちぞーさん、こんばんは。
私は今回ANAのマイレージを使ったのですが、帰りの便が取れなかったので、スターアライアンス特典ってやつで取ったんですよね。いずれにしても、会員ステータスは低いと思います。カードはゴールドなんですが。
荷物は、預けるほどはありました(笑)。Whole Foodsでオーガニックコスメなどを買い込んできたせいかな?後、液体物があるので、必然的に預ける必要があるんですよね。
いちぞーさんは、今年はスペインとの往復でマイレージがたまりそうですね♪

おかえりなさい!お疲れ様でした。
NYはマリインスキーを観に行かれたんですね。naomiさんのレポを拝見して、この年始から治まっていないコルプ観たい病が再燃しました。ルジガラへの参加の一報にも密かにショックを受けていた私です。(…)
それにしても素敵なレポをありがとうございました。&コメント投稿の件も、お手数おかけしました。

marikoさん、こんにちは。

マリインスキーはイギリスツアーはありますがパリに行く予定はないんですよね?
コールプは期待を裏切らない人だなって思いました。調子が悪いってことはこの人にはありえないだろうと。あんなやばい、極悪なのに純情な奴隷は他にいないでしょうね。そう、コールプ目当てです、今回は。
フォーキン作品はかつてディアギレフの時代にパリで大評判となったはずですから、パリでもやるといいですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イワン・コズロフのインタビュー | トップページ | セルゲイ・フィーリンの引退 »