2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« キーロフ・バレエ「ラ・バヤデール」DVD | トップページ | エトワール・ガラの演目決定 »

2008/04/14

ABTのシティセンターシーズンはチューダー生誕100周年/バレエ・リュス100年

少し前になりますが、ABTの秋のシティセンターシーズンが発表されています。

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=221

2008年は振付家の故アンソニー・チューダー生誕100年ということで、METシーズンのオープニング・ガラにも「Judgment of Paris」という作品が上演されるのですが、October 21-November 2の秋のシティセンターシーズンで本格的なトリビュートが行われます。

オープニング・ガラで「ロミオとジュリエット」全編(チューダー振付は1幕もの)、10月31日のチューダー・トリビュート・ガラでは「Continuo」 、「リラの園Jardin aux Lilas」、「Romeo and Juliet」のパ・ド・ドゥ、「葉は色あせて」、「Judgment of Paris」そして「火の柱Pillar of Fire」が上演されるとのこと。

また、シーズンの中でも「リラの園」「葉は色あせて」「火の柱」が上演されます。

チューダーは特にABTと縁が深い振付家でしたが、なかなか地味な存在で、生誕100周年の今年もあまり目立った上演はありません。が、「リラの園」は深みのある素晴らしい作品です。ABTでは、「アメリカン・バレエ・シアター「スターの饗宴」」というガラを収録したDVDで、「葉は色あせて」の映像があります。とても美しい作品で、この映像で主演しているアマンダ・マッケローとジョン・ガードナーが今回、再振付を担当します。また、2004年のシティセンターシーズンでは、「火の柱」を観ました。シェーンベルクの「浄夜」に乗せた心理ドラマで、売れ残りになることを恐れ、衝動的に向かいの家の男に身を任せてしまうヒロインの役を、ジリアン・マーフィが熱演していたのが鮮烈でした。

ワシントン・ポストにて特集記事があります。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/04/03/AR2008040304206.html

このほかバランシンの「Ballo della Regina」「テーマとヴァリエーション」、トワイラ・サープの「Baker's Dozen」、「Brief Fling」、新作としてイリ・キリアンの「Overgrown Path」などが上演されます。

*******

ハンブルク・バレエの2008/9シーズンのところでも書きましたが、2009年はバレエ・リュス100周年なので、様々なイベントが予定されています。

ハンブルク・バレエのバレエ・リュス100周年記念公演「ニジンスキー」(5月19日)ほか、ニジンスキー版「春の祭典」の上演などバレエ・リュス関連作品上演。
http://www.hamburgballett.de/e/spielplan_08_09.htm

ボストンで2009年3月16日より23日まで、バレエ・リュスを記念したフェスティバルが開催されます。
http://www.ballets-russes.com/
ボストン・バレエのバレエ・リュスミックス・ビルは「牧神の午後」「薔薇の精」「春の祭典」を予定。2009年3月16日に開催されます。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館では、特別展が開催されます。(2010年予定)
http://www.vam.ac.uk/exhibitions/future_exhibs/diaghilev/index.html

ストックホルムのDansmuseetには、バレエ・リュスの膨大な衣装のコレクションがあり、2009年5月18日から11月 1日まで展覧会が開かれます。
http://www.dansmuseet.nu/english/dansmuseet/index.html?information=b-dansmuseet-eng.html

ニジンスキー版の「春の祭典」の復刻上演を最初に行ったジョフリー・バレエも、2009年2月19日から3月1日の予定で、「春の祭典」「結婚」を上演する予定です。.


他に米国のカンパニーでバレエ・リュス作品を予定しているところが多数あります。おそらく、ヨーロッパでも沢山上演されるのではないでしょうか。

« キーロフ・バレエ「ラ・バヤデール」DVD | トップページ | エトワール・ガラの演目決定 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キーロフ・バレエ「ラ・バヤデール」DVD | トップページ | エトワール・ガラの演目決定 »