BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 名古屋で平成中村座&バレエガラ | トップページ | アンヘル・コレーラの新カンパニー/ヴェロニカ・パルトABTを退団 »

2008/03/07

セルゲイ・フィーリンがモスクワ音楽劇場バレエの芸術監督に

残業でぼろぼろになっていたときに、mixiのコミュから飛び込んできたショッキングなニュース。そして、けいちかさんのサイトで、それが本当にあることを確認して大ショックです。信憑性のある噂は今までも耳にしていたんですが・・・。

ロシア国立スタニスラフスキー・ネミロヴィッチ=ダンチェンコ記念モスクワ音楽劇場(モスクワ音楽劇場)は3月6日、ロシア人民芸術家、セルゲイ・フィーリン氏の新芸術監督就任を発表しました。
http://www.stanislavskymusic.ru/news.html?NewsId=65

どうやら、フィーリンは、ボリショイでのダンサーとしての活動は今シーズン限りとのことです。ダンチェンコで引き続きダンサーとして活動するのか、それとも芸術監督業に専念するのかはまだわからないようです。

それにしても、12月のボリショイ・バレエの来日公演で彼が踊ることは、このような状況では望み薄ですね。「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」そして何より「明るい小川」でのポアントを穿いて踊るフィーリンを楽しみにして、がんばって張り込んで良い席を取ったのに・・・。まだ正式発表がジャパンアーツから出ていないから、様子は見たいですが。

これからの彼のダンチェンコでの芸術監督としての成功をお祈りします。ダンチェンコは、去年の来日公演でも、素晴らしいカンパニーだと思いました。そして、できることなら、ダンサーをまだまだ続けて欲しいです。まだ30代でまだまだ踊れるし、王子としてのエレガンスも、バジルでのはじけたひょうきんさも、「ファラオの娘」での素晴らしいアントルシャ・シスのつま先や肉体美も、まだまだたくさん観たいのに。「マラーホフの贈り物」での「シンデレラ」の王子がダンサーとしての彼を観る最後だったとしたら、それはあまりにも悲しすぎます。

ジャパンアーツでこんなにも早い時期にチケットを売り出したとばっちりがここにも来ましたね。万が一フィーリンが出ない場合の「明るい小川」の代役は、ニコライ・ツィスカリーゼでお願いします。

« 名古屋で平成中村座&バレエガラ | トップページ | アンヘル・コレーラの新カンパニー/ヴェロニカ・パルトABTを退団 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

うわー、びっくりしました。フィーリン、あんなにカワイイのに...。「マラーホフ」でアレクサンドロワが盛んにキスを送っていたのは、「これでお別れね」みたいな意味があったのでしょうか。

いつの間にか模様替えされたのですね(いつもRSSで拝見してるので)。桜吹雪が素敵です。

あ〜。素敵なフィーリンが見れないなんて。私も「小川」と「ドンキ」を頑張って取りましたよ。
フィーリンのかわいい女装も見たかったし。優美な王子様も、決めてるバジルも彼方に消える…。
昨年のルジマトフの時もでしたが、多分来日は無いでしょうね。この前の「マラーホフ」風邪で行かれなかったのが悔やまれます。ダンチェンコは私も好きなバレエ団です。大変な重責と思いますが、頑張って欲しいな。
ああ、でも、みんな辞めていってしまって悲しい。

ogawamaさん、こんばんは。
「カルメン」のフィーリン、とっても可愛かったですよね。あのマラーホフ公演が最後だったら本当に悲しいです。そうか~マーシャのキスってそういう意味があったのかもですね。
私も基本的にブログはRSSで読んでいます。模様替えは今日やりました。気持ちだけでも春にしておきたいなって思ったんです。

まりあさん、こんばんは。
そうそう、女装も王子様もバジルも観たかった(涙)。
今度のボリショイの来日をせめて引退公演にして欲しいです、ホントに。しかもまりあさん、風邪で行かれなかったんですか!泣いちゃいますね。
ルジマトフもあのソロルが古典最後だったんですよね。(でも、古典じゃなくてもまだ踊ってくれているだけましだけど)
ホント、みんな芸術監督になっちゃったりしているのが悲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋で平成中村座&バレエガラ | トップページ | アンヘル・コレーラの新カンパニー/ヴェロニカ・パルトABTを退団 »